*All archives* |  *Admin*

<<03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
他家面前不動時リーチの放銃先、ロン和了の相手の状態
他家3人面前不動での両面リーチでロン和了率とか放銃率が微妙にずれてるので、もう少し詳しく分析してみます。
150918-01.png
↑は放銃時に放銃した相手がリーチであるか、0副露~4副露であるかのそれぞれの確率。
上が実測、下がシミュレーション。

全体の放銃率はシミュレーションの方が低め。
個別のところを見ると、
・対リーチ放銃は似たようなもの
・対0副露放銃はシミュレーションの方がやや高めか。
・対1副露以上放銃はシミュレーションの方がけっこう低め。

以上のことから、
副露聴牌を過小に見積もってる可能性が高い、と思われます。

ポンチー発生率が違う可能性は捨てきれないけど、すでに先制リーチからの経過巡目を考慮するようにしてるので、これ以上の改善案はないです。
思いついてる中でありそうなのが、リーチ後に鳴きが入った場合の聴牌率について。
ポンチーが発生した時の聴牌率については現状「初期聴牌率」のパラメータを使っているけれど、
このパラメータだとポンチーがいつ起こったかは勘案されてなくて、リーチ前に鳴きが入ってその後降りたケースも入ってるので、
ポンテンチーテンを別のパラメータを立てた方がいいんじゃないかという考え。
とりあえずこれは見ておいた方がいいです。

150918-02.png
次にロン和了の細かい分析。
放銃した人の状態(リーチ、0~4副露聴牌、0~4副露不聴)を調べます。
さっきと同じで上が実測、下がシミュレーションです。

全体のロン和了率はシミュレーションの方が高い。
シミュレーションの0副露は聴牌と不聴の判定を噛ましてないので、全部不聴の方に行っちゃうのでそこは合算するものとして、
・リーチ者からのロンは若干シミュレーションの方が低いが、似たようなもの
・非リーチ0副露者からのロンはかなりシミュレーションの方が高い。
・1副露以上からのロンはシミュレーションの方が低い。
・1副露以上からのロンのうち、放銃者がテンパイしてる割合はシミュレーションの方が低い。

これらから言えそうなのは放銃先の分析での2つの論点に加え、
・同じ「不聴」でも0副露者が振る確率より3副露者が振る確率の方が高い、というのがシミュレーションでは入っていない。
ということか。

これからやることリスト
・枚数補正のところをとりあえず筋と片無筋と両無筋に分ける。
・ツモ率の枚数補正を同じ巡目に合わせておく。
・チーテンポンテン聴牌率のパラメータの取得およびシミュレーションへの反映
・不聴者からのロン率について、副露数に応じた補正をかける。

こんなところか。
これだけやって実測とシミュレーションが合ってくれればいいなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
疑問なんですが、1巡目リーチの9巡目放銃率と、8巡目リーチの9巡目放銃率の違いは考慮されてますか?
そもそもこの2つに違いがあるのでしょうか?
Re: No title
> 疑問なんですが、1巡目リーチの9巡目放銃率と、8巡目リーチの9巡目放銃率の違いは考慮されてますか?

今のところリーチをかけた巡目が違うときに放銃率が変わる影響は考慮されてないです。

「先制リーチからの経過巡目」という変数は置いてますが、今のところ「先制リーチからの経過巡目」が影響してるのは、
他家リーチ発生率・他家ダマ和了発生率・他家チーポン発生率
だけです。

経過巡目が大きければ(リーチからそれなりに巡目が経過してれば)、不聴者はベタ降りに回ってることが多く、リーチロン率も下がるということはありえそうです。

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード