*All archives* |  *Admin*

<<09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
先制リーチからの経過巡目とチーポン発生率
チーポン発生率について、先制リーチからの経過巡目が違う(リーチ直後かリーチからかなり時間がたっているか)とどの程度違うかを見てみます。
150830-01.png
まずはチー発生率です。対象は非リーチの非聴牌者です。(聴牌者は集計から除く)

左から「リーチ者なし」「リーチ経過0順」「リーチ経過1順」「リーチ経過2順」「リーチ経過3順」「リーチ経過4順」「リーチ経過5順以上」です。

リーチの直後はリーチ者なしの状況よりチー発生率が高いです。
リーチ直後で手が崩れてない状態だと、チーテンになるケースが結構多く、スルーして面前キープが間に合わないケースがそれなりにあるためだと思われます。

リーチから巡目が経過するとノーテン者は手を崩してる可能性が高く、チーできる状況は少なくなってチー発生率は小さくなります。
150830-02.png
次にポン発生率。

チーの時と違って、リーチ直後でもそこまでポン発生率は高くないです。
チーとは違ってポンは安牌を2枚なくす行為になるので、ポンの行動を控えるケースが多いためでしょうか。

チーの時と同様、リーチから巡目が経過するとポン発生率は下がっていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード