*All archives* |  *Admin*

<<03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
対2軒リーチに対する追っかけ・東風荘実測
今日のテーマはすでに2軒リーチが来ている場合に追っかけた場合(3人目のリーチ)の和了率等の各種数値を見てみます。
東風荘132003局の実測値です。

150714-01.png
全部で1589件ヒットしました。3人目のリーチが発生するのは80局に1回くらいですね。

良形(三面張・両面)の割合は60%くらい。数牌愚形(シャボ・カンチャン・ペンチャン・単騎)の割合が30%くらい。
これ自体はあまり不自然には感じないのですが、先にみーにんさんが出している鳳凰卓の実測だと数牌愚形の出現率が著しく低いらしいのですね。
ちょっとこの部分が整合性が取れてない感じです。自分のプログラムのコードをじっくり見つめてもミスは発見できなかった。

リーチ平均巡目が12巡目くらいなのはいい。
和了率が2~30%くらいなのも大体いい。(三面張が微妙に悪いけど。)
和了時ツモ割合は字牌を除いては25%前後で大体問題ない。字牌待ちの上がり回数が21回しかないのでこのイレギュレラーな数値もたまたまでしょう。
和了素点も赤ナシなのでちょっと低いのは問題ない。
一発複合割合はばらつきが激しいが、大体50%くらい。

放銃率は25%くらい。三面張の放銃率が高めだが、それ以外は問題ない。
放銃のうち宣言牌が直接当たる割合は5割くらい。これもそんなものでしょう。
被ツモ・横移動・流局も常識的範囲内。
局収支は三面張がヘンテコな値を取っていますが、両面と数牌愚形についてはこんなものでしょう。
局収支の1局当たり標準偏差が6000点とすれば101回の平方根を取って600点くらいなので、‐600というのもたまたまそうなったという範囲内でしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

これは興味深い
 調べてくださりありがとうございます。
 多分、以前にも同様の質問をしていると思いますが、メタ情報を浮かび上がらせるために、もう一度質問することをお許し下さい。

 この牌譜はいつ(時期)の牌譜ですか?

 一般に、東風荘超ランと天鳳・鳳凰卓(または、天鳳特上卓)の違いが出た場合、その原因は一般に次のいずれか、あるいは、その競合と考えられます。

ルール(クイタン・赤の有無)が違う。
成績評価方法(ウマオカか順位か段位戦か)が違う。
メンツが違う。

ひょっとしたら、今回はこれに「時期が違う」みたいなこともありうるのかな(時期が違うはメンツが違うに吸収できるかもしれませんが)と。
Re: これは興味深い
>  この牌譜はいつ(時期)の牌譜ですか?

テキストファイルをバラバラっと眺めた感じでは2000年~2009年あたりの牌譜のようです。

大分古いので、2軒リーチに数牌愚形で押すのが損なケースが多いというのが十分に知れ渡る前のもので、
リーチに踏み切る打ち手がけっこういるというのもありそうですね。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード