*All archives* |  *Admin*

<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
半荘収支の押し引き表
かなり時間かかったけれど、半荘収支ベースの押し引き表ができました。

・条件
25000点持ち30000点持ちウマ10-30の収支戦。
チップ(一発・裏ドラ・赤ドラ・役満につく)1枚あたり半荘収支5pt(5000点)の価値。
対面がリーチ(一発順ではない)
(愚形聴牌でも)聴牌即リーチ
初手に切る牌、無筋2378
一向聴の時、聴牌時切る牌無筋2378。
一向聴の時、全押しと13%以下押し(無筋456をつかんだら降り)の2パターン。
ベタ降り時and降り移行時、初期現物数2個。

・表の説明
○各マス目
…すべての巡目で押しの半荘収支が降りの半荘収支を5pt以上上回っている。
オレンジ…すべての巡目で押しの半荘収支が降りの半荘収支を2pt以上上回っている。(5pt未満)
…押しの半荘収支と降りの半荘収支の差が2pt未満な巡目がある。
黄緑…すべての巡目で押しの半荘収支が降りの半荘収支を2pt以上下回っている。(5pt未満)
…すべての巡目で押しの半荘収支が降りの半荘収支を5pt以上下回っている。

○1行目
点棒状況
・「トンパツ」…東1局全員25000点持ち
・「南1・10000」…南1局自分10000点・下家20000点・対面30000点・上家40000点
・「南1・20000」…南1局自分20000点・下家30000点・対面27000点・上家23000点
・「南1・30000」…南1局自分30000点・下家27000点・対面23000点・上家20000点
・「南1・40000」…南1局自分40000点・下家30000点・対面20000点・上家10000点
○2行目
巡目。
・「序」…4~6巡目
・「中」…7~12巡目
・「終」…13~15巡目

○2列目
自手の形
・「完全」…20枚受けの完全一向聴
・「良良」…16枚受けの両面×2一向聴
・「良悪」…16枚受けで良形悪形半々の一向聴(両面+リャンカンや両面+カンチャン対子)
・「悪悪」…12枚受けの悪形確定一向聴(カンチャン+リャンカンやカンチャン+カンチャン対子)
・「七対子」…9枚受けの七対子一向聴(初期状態生牌19牌と生牌28牌と生牌37牌一つずつ)

○3列目
自手にある赤ドラの枚数

○4列目
自手の高さ。リーチも込みです。(「平和+1ハン」はリーチ平和ドラ1やリーチタンヤオ平和など。)
のみ手以外は基本的に平和が付き得るケースを見ます。

ボーダーラインが違うので、局収支・段位ptの押し引き表と直接比較はできないことには注意しておきます。
(例えば、以前の局収支ベースの押し引き表では青色になってるところが、今回黄緑色になってるからといって、「点棒状況も加味すればやや押し気味になる」といった判断はできません。)

また、けっこう誤差の影響が多く出ているので、場所によっては判断が逆転している現象も起きています。
あまり個別のところは見ないで、全体的な傾向としてつかんでいただけたら幸いです。

150625-01.png
自分子(南家)VS子リーチ(北家)の場合。

自手が聴牌のケースでは、素点では大体押しの方がよく(愚形のみ手以外)、チップの点でも押しの方が勝っていて、トップの価値が高いルールなのでトップ率が高くなりやすい押しの方がよくなる、
という3重の理由で、かなり押し気味でもよさそうな結果が出ました。

これは点棒を持ってる場合でもほぼ同様です。(若干ボーダーラインが上がる程度)

次に自分一向聴のケースでは、ほとんどのところが黄色で、微妙という結果です。
黄色とオレンジの境界は、すべての巡目で2pt以上の差、2000点相当(チップなら0.4枚相当)なので、よほど条件がそろわないとこの境界は崩せないような印象です。(特に降りが有利なところでは危険牌を1牌押して次に無筋456を引いたら降りるという選択もあるので、なおさら両者の差がつきづらくなる。)
この基準では有用な結果は導き出せませんが、シミュレーションでは2ptくらいは普通に前後するので、これはしょうがないです。
逆に言えば、この黄色の部分は打ち手の腕の見せ所と言えそうです。

なお、チップ数に関してのみいえば多くのケースで(赤0枚であっても)押しの方がやや有利になります。
これは素点と違って、降りて被ツモでも、攻めて放銃でも、失うチップ数が同じくらいであることによるものです。
(素点では大体損な場合が多いですが。)
150625-02.png
自分親VS子リーチ(西家)の場合。

これも自手が聴牌ならのみ手愚形で勝ってる、みたいな事情がなければ、ほぼ追っかけの方がよいです。

一向聴ならわりと押せる範囲は広いです。特に点棒がない場合や序盤の場合。
黄色のところでも和了率とかの確率面ではかなり厳しくても、収支全体では押してもそこまでひどいことにならないようです。
150625-03.png
自分子(西家)VS親リーチの場合。

聴牌なら対親リーでも結構押し気味です。やはりチップがあるのと、トップの価値が大きいのがでかい。
もちろん負けたら大ダメージですが、ラスを引いても段位戦ほどは痛くないから。

一向聴は…微妙です。
やる前に持っていた印象よりは押せそうな感じですが、どうなんでしょう。

赤ドラに関しては、ほぼ2ハン相当かそれ以上とみなしてよいです。点数的にかなり競ってるとかいう状況でなければ、大体のケースで赤ドラがあるケースは+2ハンよりも大きくなります。(ただし、自手に赤があれば、失う素点とチップが少ない分、降りの期待半荘収支も上がるので、そこも考慮すれば若干微妙。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
半荘収支の押し引き表アップして頂きありがとうございます。
参考にさせていただきます。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード