*All archives* |  *Admin*

<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
シミュレーションの適合性についていろいろと苦悩その2
愚形ダマのツモ和了率とロン和了率が違うということの糸口を探るために、みーにんさんからいただいたデータと同種になるようなデータを東風荘の牌譜から取ってみます。

つまり、ある巡目を迎えた時、先制(リーチ者がいないという意味。仕掛け者・ダマテンは考慮してない。)副露愚形聴牌している者が最終的にツモ和了・ロン和了した確率を取ります。(副露数別)
150614-01.png
すると、みーにんさんのデータより低い数値で、私のシミュレーション結果に近い結果が出ました。
1順当たりツモ和了率・ロン和了率は東風荘データから取ってるので、ある意味喜ばしい結果。懸念していた重篤なバグがあるわけではなさそう。

ということは、ツモ和了率・ロン和了率の違いは天鳳鳳凰卓と東風荘超ランの違いということで納得できそうです。
なぜそうなるかの説明はできないですけれど。

次に、愚形リーチ・良形ダマ・良形リーチの和了率等のシミュレーション結果を取ってみて、みーにんさんのデータと突き合わせしてみます。
150614-02.png
愚形リーチ・良形リーチの場合は和了時ツモ割合が低めに出ています。その影響で和了率も上がっています。
これは、東風荘超ランの方が打ち手のレベルが低い(もしくは攻撃的)なので、1順当たりロン和了率が高く出る影響と思われます。これは問題なし。

良形ダマも和了率・和了時ツモ割合ともに大きな問題はなさそう。


被和了のときの喪失チップについては
放銃時被ツモ時一発複合率・裏ドラ数についてはいただいたデータを見ると私の出したものより低めに出ていますが、これは初期状態で仕掛け者がいるかいないかの違いでしょう。仕掛け者は当然リーチできないので、一発裏ドラがなく数値が下がる、という構図でしょう。これは問題なし。

赤ドラ数についてはデータ不足で微妙なところではありますが、私の置いた仮定(見えてない不確定赤ドラは0.25の確率で被和了者に含まれる。)はそこまで大問題になることはない模様。


以上、まとめると、
愚形ダマのチップ数が異なるのは和了率の数値が違うためと思われる。
この違いは天鳳鳳凰卓と東風荘超ランの違いと思われる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード