FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<05  2020/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
超愚形待ち(副露)の押し引き表
今回は残り2枚の超愚形副露聴牌の押し引き表です。

この場合は、途中まで押して超危険牌引いたら降りるという選択もできるのでちょっと難しくなります。

・条件
自分は残り2枚の両無筋カン46待ち。
対面がリーチ(一発順ではない)
降り時・降り移行時、現物数2個1副露

・表の説明
○1行目
初手に押す牌。
○2行目
巡目。
・「序」…4~6巡目
・「中」…7~12巡目
・「終」…13~15巡目
○3列目
自手の高さ。リーチも込みです。
○各マス目
高確率で押すべき。押しの期待値が降りの期待値をおおむね500点以上上回っている。簡単には逆転しない差がついている。
オレンジどっちでもいい。押しの期待値が降りの期待値をおおむね上回っている。状況次第で逆転しうる。微差であるので成績への影響度は低い。
どっちでもいい。押しの期待値と降りの期待値が同程度。状況次第で逆転しうる。微差であるので成績への影響度は低い。
黄緑どっちでもいい。押しの期待値が降りの期待値をおおむね下回っている。状況次第で逆転しうる。微差であるので成績への影響度は低い。
高確率で降りるべき。押しの期待値が降りの期待値をおおむね500点以上下回っている。簡単には逆転しない差がついている。

150510-01.png
自分もリーチ者も子の場合。

面前時と大体似たような感じですが、途中まで押す戦略が入る分、安手・初手筋くらいのケースではちょっと押せる範囲が広がります。
150510-02.png
自分が親の場合。

ほとんどの場合が全押しになるので、面前時と大差ないです。(面前だと一発裏ドラで打点が高くなる半面、2手目以降の牌で放銃になった時リーチ棒を余計に取られる影響もあって両者が打ち消しあうような感じ。)
150510-03.png
リーチ者が親の場合。

無筋をつかんだら無理せず降りられるケースが多いので、面前時よりは押せる範囲が広いです。
それでも初手無筋の安手~中堅手では若干きついですが。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

半荘期待値
いつも興味深い研究有難うございます。
局収支期待値での押し引き判断と半荘期待値判断は概ね一致するとのことですが、押し引き表では同じオレンジ色の部分でも、立直のみ手でのオレンジと3ハン以上の手でのオレンジには半荘期待値を考慮すると結果が違ってくるといったことは考えられないでしょうか?

千点和了できても平均順位や半荘収支に大きな影響は与えませんが、8000点の振込や和了なら状況は大きく動きます。
なので、局期待値として平均すると同じでも、半荘では違いが出るのではないか?といったことを考えてしまいます。

「安てのオレンジは降りるが、高い手のオレンジは押す」といった運用は意味が有りそうでしょうか?
それとも厳密に押し引き表の色分けで判断すべきでしょうか?
ご教授頂ければ幸いです。
Re: 半荘期待値
「安てのオレンジは降りるが、高い手のオレンジは押す」などの運用もありだとは思います。

局収支にしても、誤差の関係や条件の違い(他家の仕掛けがあるとか、他家が明らかに先行リーチに降りていそうとか)があるので、色分けはそこまで厳密なものではないです。

比較基準を半荘収支や平均順位におくなら、なおさら点棒状況や他の状況次第で押し引き判断のバランスを変えるのはあってしかるべきでしょう。

今回の調べに即した一つのモデルケースとして、面前で愚形のみ手現物切りor超愚形3ハン無筋2378切りで追っかけをかけられる場合。
点棒状況は南1局で自分30000・27000・23000・20000

順目 ツモ和了 ロン和了 放銃 被ツモ 横移動 聴牌流局 不聴流局 期待値 半荘収支 平均順位 段位pt トップ率 2位率 3位率 ラス率
愚形のみ手初手現物 0.1076 0.2006 0.2068 0.2447 0.205 0.0353 0 -1159.74 11.65183 2.1273 18.891 0.3468 0.3179 0.1965 0.1388
3ハン超愚形初手無筋 0.0686 0.151 0.2995 0.2331 0.2055 0.0423 0 -1024.38 11.29012 2.149 17.952 0.351 0.2917 0.2146 0.1427
降り 0 0 0.0553 0.3851 0.3963 0 0.1633 -1347.62 10.19696 2.1457 19.599 0.3108 0.3515 0.2189 0.1188

押し引き表では同じオレンジ色(押しやや有利)ですが、順位率に対する影響は結構違います。
超愚形3ハン>愚形のみ手>降り、の順にハイリスク(トップ率・ラス率が上がり、2位率・3位率が下がる)です。(この辺は直観通り。)

特に超愚形3ハンと降りを比べると降りの方が局収支ではやや劣る(300点差)が、平均順位では逆転している(とはいえ、微差であり、あってないような差)現象も見受けられます。

この例のようなこともあるので、オレンジ色程度(局収支差が500点未満)なら状況次第で降りを選択することもありえるかと思います。
(とはいえ、今回のケースでは「安てのオレンジは降りるが、高い手のオレンジは押す」はむしろ逆になってますが。)

ただ、さすがに赤や青(局収支差が500点以上)になってくると南2局以前のいわゆる平場では、
半荘収支や平均順位ベースでも逆転するケースは相当レアケースになってくるような印象を持ってます。(南3局以降とかは除く。)
有難うございます
丁寧な回答有難うございます。
今回も勉強になりました。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード