*All archives* |  *Admin*

<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
裏ドラ効率と和了率補正
昨日、河の強さと和了率の関係をやってみて、派手に失敗したところですが、
かまわず、裏ドラ効率との兼ね合いを見ていきます。

想定する手牌は平和手で、まったく重なりがない手牌。
150426-01.png
見えてないのは136枚-14枚の122枚で、
河の強さ重視で打1mとすると、裏1になる裏ドラ表示牌は39枚、裏2になる裏ドラ表示牌は4枚。
裏ドラ効率重視で打4mとすると、裏1になる裏ドラ表示牌は40枚、裏2になる裏ドラ表示牌は4枚。

3mを1枚使ってるのと、9mを1枚も使ってないことの1枚の違いのみです。
その1枚差で、裏1率は0.8%くらい変わります。

この裏ドラ率の差で和了時の打点がどのように変わるか。
メンピンで、一発率20%、ツモ率50%として計算すると…
150426-02.png
打1mの和了時打点3718点に対し、打4mの和了時打点3738点で、20点差があります。
見えてないの1枚につき20点と覚えておきましょう。

7巡目両面先制リーチの和了率65%をかけると13点差。これは局期待値ベースでの差となります。

7巡目先制平和リーチをかけた時点での局期待値は1700点なので、リーチが実際に上がれた時の利益は3700点-1700点
で2000点。13点/2000点で0.66%。

つまり、山に裏1になる牌が1枚多い≒裏1率0.8%上昇≒和了時打点20点上昇と、
和了率の上昇が釣り合いが取れるところが0.66%。

もし、打1mとすることで打4mより0.66%以上(河の強さにより)和了率が向上すると読めるなら河の強さで打1mが優位、
(河の強さによる)和了率向上が0.66%未満ならば裏ドラ効率で打4mが優位ということになります。

さて、どちらでしょうね。
河の強さで和了率がどの程度向上するかは昨日失敗したので、わからないですが。
どちらを取ってもかなりの微差なので、他の色々な状況でどうにも変わってきそうな気もします。

実際は9mと3mの場況(切れてる枚数)もあるので、より複雑でしょうが、目安にはなりそうです。
150426-03.png
ドラが1枚ある場合。
9mが山に1枚多いことにより、和了時打点は25点増えて、和了率向上に換算すると0.55%相当。
ドラ0の時に比べて、和了そのものの価値が高いので、裏ドラ効率の打4mより若干河の強さの打1m寄り。

ドラ2の時。
満貫の天井効果が強く出て和了時打点は15点しか増えない。その一方、和了そのものの価値は上がってるので、
打点上昇15点分は和了率向上に換算すると、0.30%にしかならない。
より打1m寄りになるといえるでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード