*All archives* |  *Admin*

<<05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
字牌待ちと持たれ枚数と和了率の関係
字牌待ちの時、他家が当たり牌を持ってるかどうかって結構重要な気がします。
早い巡目なら現物が少なくリーチに抵抗しづらいので、山に当たり牌の字牌があるより他家が1枚くらい持っててくれた方がぽろっと出が期待できそうな気がする(山が深くて他家の追っかけが怖い気がする)一方、
遅い巡目なら現物が多く、字牌の出があまり期待できない気がするので、山に当たり牌の字牌があってくれた方が都合がよさそうな気がします。

今日はそこらへんの他家に持たれてる枚数と和了率の関係を見てみます。

まずはシャボ待ちの場合。
リーチ時点で字牌が切れてる枚数別と他家に持たれてる枚数別で和了率を見てみます。
先制か追っかけかはみないものとします。
シャボの片割れの片一方が字牌のケースは問題ありませんが、両方とも字牌の場合は、1種類目の字牌のみを対象にします。
150401-01.png
序順の生牌字牌シャボ待ちリーチだと1枚くらい他家に持たれてるのが1番和了率が高くなります。
中盤だと0枚持たれと1枚持たれが同じくらい、終盤だと他家に持たれてない方が和了率が高い。
2枚持たれだとけっこう和了率が下がる感じです。特に終盤リーチの場合。

一方、1枚切れ字牌シャボリーチ(字牌はあと1枚)では逆にあと1枚が山にあるより他家に持っててもらった方が都合がよいみたいです。(中盤終盤。序盤は観測回数が少なすぎて信頼できない。)

次に字牌単騎を見てみます。
150401-02.png
生牌だと、残り3枚と当たり牌が比較的多いので、山に当たり牌があった方が都合がよい。
特に中終盤で他家に2枚以上持たれているとかなり厳しい。

1枚切れだと、1枚持たれくらいが一番都合がよく、2枚持たれ(山になし)はちょっと厳しい。

2枚切れ(地獄待ち)だと、残り1枚が他家にあった方が和了率が高い。特に終盤。(観測回数が少ないので微妙ではあるが。)


ざっとこんなところでしょうか。
総じて、切れてる枚数が少ないと山にあった方が有利、多いと他家にあった方が有利といった感じです。

他家が字牌を持ってるかどうかを読むのはまた別問題ですが、
ホンイツの仕掛けとか、端牌含みの仕掛け(役牌暗刻・バックが疑われる)とかが入ってる場合だと、字牌を他家が持ってる確率は高まるでしょう。
そこあたりを読みつつ、上記のような和了率の増減も加味してリーチするかどうかの判断ができればなおいいでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード