*All archives* |  *Admin*

<<09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
より広いケースの押し引き表(副露)
今回は自分が副露手の場合の押し引き表です。

一般一向聴は前回からの使い回しで、今回新たにやったのはヘッドレス形とくっつき形です。

・条件
下家がリーチ(ヘッドレス・くっつきは対面リーチ)(他二人は動きなし)
愚形聴牌でも聴牌に取る。
先行リーチの現物でも筋待ちでもない。
一向聴の時、聴牌時切る牌無筋2378。
ベタ降り時1副露現物数2個。

・表の説明
○1行目
初手に押す牌。
○2行目
巡目。
・「序」…4~6巡目
・「中」…7~12巡目
・「終」…13~15巡目

○2列目
ハン数と自手の形
・「完全」…20枚受けの完全一向聴
・「良良」…16枚受けの両面×2一向聴
・「良悪」…16枚受けで良形悪形半々の一向聴(両面+リャンカンや両面+カンチャン対子)
・「悪悪」…12枚受けの悪形確定一向聴(カンチャン+リャンカンやカンチャン+カンチャン対子)
・「刻子1ヘッドレス」…28枚受けの両面両面ヘッドレス一向聴(刻子1個)。両面2種チーして両面待ち。
・「普通くっつき」…40枚受けの3~7牌の浮き牌×2のくっつき一向聴。16枚受けで両面、16枚受けでカンチャン、6枚受けでシャボ、2枚受けで単騎。鳴き聴牌は取れない。
・「4連形1つくっつき」…49枚受けの3~7牌の浮き牌+3456の4連形のくっつき一向聴。8枚受けで三面張、14枚受けで両面、16枚受けでカンチャン、9枚受けでシャボ、2枚受けでノベタン。両面2種チーして両面待ち。
・「4連形2つくっつき」…58枚受けの3456の4連形×2のくっつき一向聴。16枚受けで三面張、12枚受けで両面、16枚受けでカンチャン、12枚受けでシャボ、2枚受けでノベタン。両面4種チーして両面待ち。

○3列目
自手の高さ。
いずれの場合も30符とします。

○各マス目
高確率で押すべき。押しの期待値が降りの期待値をおおむね500点以上上回っている。簡単には逆転しない差がついている。
オレンジどっちでもいい。押しの期待値が降りの期待値をおおむね上回っている。状況次第で逆転しうる。微差であるので成績への影響度は低い。
どっちでもいい。押しの期待値と降りの期待値が同程度。状況次第で逆転しうる。微差であるので成績への影響度は低い。
黄緑どっちでもいい。押しの期待値が降りの期待値をおおむね下回っている。状況次第で逆転しうる。微差であるので成績への影響度は低い。
高確率で降りるべき。押しの期待値が降りの期待値をおおむね500点以上下回っている。簡単には逆転しない差がついている。

150213-01.png
150213-02.png
150213-03.png

面前時と比べて、ヘッドレス形や4連形1つくっつきは両面チーしかできないのに対し、完全一向聴はポンテンが効く(特にツモ切りのリーチ者からのポンは狙い目)ので、
面前時では完全一向聴よりヘッドレス形や4連形1つくっつきがやや有利だったのが、副露時はその有利度がほぼ消えてます。ほぼ両者は同等であると。
ヘッドレスと4連形1つくっつきでは若干4連形1つくっつきの方がいいところが多いが、まぁ似たようなものですね。

普通くっつきは鳴きが効かない分、不利なように感じますが、もともと面前での聴牌枚数が多いので、そこまで不利な度合が目立っているわけではないか。
完全一向聴・ヘッドレス・4連形1つくっつきよりちょっと不利そうなのは確かですが。

4連形2つくっつきも、面前でもかなり広いうえに、両面4種チーできるのでかなり有利そうに感じますが、
他よりちょっと有利、程度で、そこまで影響度合いが大きいわけではなさそう。
面前時とさほど変わらないか。

やはり押す目安としては3ハンくらいあるのがボーダーラインになりそう。親なら大体押しで問題なさそうですが。


自手の形、高さ、初手に切る牌以外に期待値に影響を与える項目としては以下のようなものがあります。
(副露手3ハン完全一向聴9巡目、初手聴牌時無筋2378全押しの場合)

・一発順…押しにマイナス200点
・現物数…(表では現物数2枚から)1枚増減するにつき、降りにプラスマイナス100点。
・副露数…(表では副露数1回から)1回増えるにつき、降りにマイナス100点。
・初手に切る牌がドラ…無筋2378のドラは無筋456と同程度、筋のドラは無筋2378以上無筋456未満。
・聴牌時切る牌…(表では無筋2378)無筋456になると押しにマイナス250点、筋2378になると押しにプラス250点、現物になると押しにプラス400点。(実際は入り目によって切る牌が変わってくるだろうが、聴牌時に切る牌の危険度の平均値で考えればたぶんいける。)
・現物待ち…両面の片方が現物待ちなら押しにプラス250点、両方が現物待ちなら押しにプラス500点。
・リーチ者が上家…押しにプラス250点
・待ちに三面張を含む…押しにプラス400点
・先行リーチ者以外の供託リーチ棒…1本につき押しにプラス200点


赤色は期待値500点以上差で押し有利、青色は期待値500点以上差で降り有利というのも踏まえて、
これらの要素をてきとうに加減して実際に押し引きを決めることになりそうです。
(ただし、副露手3ハン完全一向聴9巡目、初手聴牌時無筋2378全押しという特定のケースを想定してるので、状況が違えばこれらの要素のプラスマイナス具合はまた変わってくるでしょう。)
毎回毎回その場で計算して決めるのは難しいでしょうけど。


…さて、シミュレータを走らせて、コピー&ペーストして、グラフを眺めて、色塗り、という単調な作業終了!
前々回の面前限定の押し引き表、前回の面前鳴き有の押し引き表、今回の副露の押し引き表とそこそこ重要度合いは高そうですが。
また明日からは今までにため込んだ単発ネタ(重要度合いでは劣る)を放出しますか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード