*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
レポート2「ベタ降りの挙動」その3
コンピューターくんにがんばってもらった結果全順目でのデータが得られました。早速グラフを書いてみましょう。
rep02-09.png
rep02-10.png

前回と重複しないようなことを書くと・・・

・悪形(数数シャボ)の早順だと、和了率が(「科学する麻雀」による)一人攻めの和了率とほぼ同等なので放銃しない分むしろ他家には降りてもらったほうがうれしい。
・字牌待ちのあまりにも早い順目(1,2順目)だと他家は降りてるのに和了時ツモ率が25%を割る=単純なランダム打牌よりあがりやすいという結果に。いくらなんでもあんまりだ。
・待ち無条件の平均的な先制リーチ順目(8順目らへん)では和了時ツモ率が80%前後。思ったより低く感じる。

各要素ごとに待ち別のグラフを書いたのが↓
rep02-11.png
rep02-12.png
字牌待ちの別格ぶりがよく分かるグラフだ。1人当たり振込み率を見ると、全体として字牌待ちの高さと両面待ちの低さが相殺してだいたい数数シャボ程度のところに落ち着いているのが分かる。


さて、現時点で残ってる課題は・・・(その1からの貼り付け+α)
・両面以外は生起確率が低いので、十分な数のシミュレーションがとれていない。待ちごとに別々に10000回シミュをして後からくっつけるほうが得策か。(済)
・10順目西家リーチに限定せず他の順目とかでも同様にやる。これは簡単だが、計算時間がいっぱいかかるんだろうなぁ。西家から動かしてないけどまあ(済)でいいや
・悪形待ちのとき、リーチ時にスジ引っ掛けになってるときとそうでない場合に分けて集計してみる。これも簡単でしかも計算時間はそんなに増えそうにない。次回は確実にやる。あ、忘れてた。↓をやる上で不都合がなければ一緒にやる。
(最重要検討課題)
・リーチ時の他家の現物枚数別に集計してみる。今回はそのことは無条件なので、現物0枚から無理やり降りてるかわいそうな状況もあった。一般に降りる人は最低1枚、普通は2枚くらい現物がないとベタ降りにはいけないだろうから今回の上がり時ツモ率73%という低い結果にはならないであろう。これも多分そんなに難しくない。最重要。次回のメインはこれ。
・レポ1でやった机上計算との比較。まだあんまし考えてない。構想をぜんぜん練ってない。また今度。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード