*All archives* |  *Admin*

<<06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
くっつきと手替わり待ちその2
前回の記事↓
くっつきと手替わり待ち

検討課題としていたテーマ。
前回はのみ手の場合に愚形聴牌を取るか、聴牌外してくっつき一向聴にとるかを見てみたが、
今回は高打点の場合、もっと具体的にはドラドラのときに判断が変わるかどうか見てみます。
141103-01.png
普通のくっつき一向聴の場合。
のみ手のばあいとほぼ同じで、最序盤で平和があって愚形聴牌が真ん中寄りのとき初めて、聴牌外しを検討してもいいかな、というレベル。
141103-02.png
4連形が1つあるくっつきの場合。
これものみ手の場合とほぼ同じ。
平和なしなら最序盤、平和ありなら序盤まで手替わりを待てる。
141103-03.png
4連形が2つのくっつきの場合。
これものみ手の場合とほぼ同じ。
平和なしなら序盤、平和ありなら中盤まで手替わりを待てる。
141103-04.png
赤を含むくっつきの場合。
この場合はのみ手とちょっと違う。
4連形1つと2つの中間あたりか。

すでにドラドラあって打点十分なので、さらに赤にくっつけて高打点にするメリットが小さいためでしょう、たぶん。
(赤を切って鳴かれる・ロンされる場合の失点的なデメリットまでは考慮してませんが。)

これで、くっつき形の手替わり待ちもすっきりした感じです。
さて、本格的にネタがなくなってきた。一仕事終えたんで休んでもいいけど。しばらくは牌譜で遊ぶかな…
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
先制リーチが入っている状況だと、打牌選択が変わったりしますか?
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード