FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<04  2020/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
聴牌一向聴比較と点棒状況
面前完全一向聴と鳴き聴牌の比較その1
↑の記事で喰いタン聴牌とスルー面前完全一向聴の分岐点は子で8巡目、親で11巡目というのを書きました。

親の方が巡目遅いというのがいまだに信じられないので、今回は点棒状況も加えて調べてみます。

条件はスルー・チーテンともに先制・全ツ。
スルー側は鳴きを考慮しないものとします。

まずは勝ってる時。
点棒の並びは前回までと同じく、32000点・27000点・23000点・18000点とします。
141029-01.png
自分子(南家)の場合。

東1局ではほぼ平場時と同じ判断でいい感じです。安手ということもあり、チーテンとるか、スルーするかの差異はそこまで大きくないみたいです。(ほとんどの部分で平均順位の差が0.05を下回る)

南1局になってくると、チーテンとスルーの分岐点が3巡くらい早くなる。勝っているという点棒状況を考慮しなさい、っていうことですね。高い和了率で他家の親番1回つぶすのが効果が高いと。

南3局だともっと影響が顕著で、すべての巡目でチーテン有利。(しかも、かなりでかい差。)
さらに差をつけるより、トップでオーラスを迎えることの重要性が大きいと。
141029-02.png
親の場合。

東1局なら子の場合とさほど大差なしです。(やはり親番だとチーテン巡目遅くなるのは幻想だったか。)

南1局とか南3局の場合、東1局よりやや巡目が早まってるとはいえ、子のときより早まり方は緩やかです。(南3局でも5巡目くらいまではスルーした方がよさそう。)
上がっても局が消化されずもう1局、というのが原因でしょうね。安手連荘より高くして1局で差をつけたいと。それでも平場よりは早い判断になりそうですが。

次に負けてる時。
点棒の並びは18000点・32000点・27000点・23000点です。
141029-03.png
子(南家)の場合。

東1局では、勝ってる時より若干分岐点が遅め。とはいえ、分岐点付近(7巡目~14巡目くらい)では、チーテンorスルーの判断が大きな影響を与えることはなさそう。

南1局では、勝ってる時とは対照的に、判断巡目が遅くなる。(10~14巡目)
逆転しやすい面前キープが有利になりやすいと。安手で流すと局が1個つぶれて、ラス率が大きくなって自分の首を絞めかねないと。

南3局ではその影響がもっと出る。最終盤までスルーが有利。
141029-04.png
自分が親の場合。

この場合も、勝ってる時よりはチーテン巡目は遅くなるが、その遅くなり方はマイルド。
安手でも連荘してもう1局できるのが大きそう。また、終盤では聴牌を取っておかないとノーテン親流れというケースも多々ある。
とはいえ、逆転のチャンスがそう多いわけではないので、やはりやや面前よりで一発で逆転を狙う方がよいと。


以上、妥当といえば妥当で、当たり前のところに落ち着いた印象です。

オーラスが近いほどスルー・チーテン判断の差がつきやすく、重要になってくると。
今回調べたのがある程度点差が近い状況なので、序盤の1000点より終盤の1000点の方が重いということですかね。


いろいろ点棒状況について調べてみたけど、ネタが尽きてきた。
大きな問題もなさそうだし、そろそろシミュレータの公開の準備でもしようかな…
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード