*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
点棒状況加味のシミュレータづくりその4
そこそこ苦労して次局以降の点棒の動きもできるようになった。
見た目は右上に「残り局数」を追加しただけだが、追加した中身はものすごいことになってる。

一日(2時間ほど)かけて追加した部分をテストしたからおそらく大丈夫なはず。
見た目変な挙動はしていない。
もし、間違いがあったらごめんなさい、ということで。
動きのもっさり感はあまり変わらず。(できるだけいらんところを省略して繰り返し回数が少なくなるようにコードを変えてみたりもしたけど。いかんせん素人だからどうやれば省エネできるかよくわからない。そして、テスト方法もイマイチよくわかっていない。)

141023-01.png

○考慮していること
・親和了時、聴牌流局時の連荘とそうでない時の親流れ(親が下家に変わる。残り局数1減。)
・供託リーチ棒(和了時0にリセット、流局時次局に持越し)や本場(親連荘時にプラス1、親流れ時に0)はすべて考慮している。
・トビ終了(誰かがマイナス点のとき即終了)、サドンデスルールあり(全員30000点未満の西1局~4局。北入はせずに終了)
・同点の場合の順位は、席順が起家に近い順。(天鳳ルールと同じ)
・次局以降リーチ棒の動き(被和了者から和了者にわたるリーチ棒)
・流局時のリーチ・非リーチ聴牌・ノーテン時の点棒の動き

大体のことは考慮できてるかな…と思います。

○考慮してないこと
・流局時のリーチ・非リーチ聴牌・ノーテンの相関関係(すべて独立と仮定して各状態の設定をしている。)
・和了率やハン数符数分布の変化(場況に関係なく一定の数値・分布を使っている(親子とツモロンは別)。オーラストップ目が和了率の高い安手を上がりにいくとか、ラス目がラス確の和了をすることは通常ない、などの影響は考慮してない。)

この辺は難しすぎて無理です。

とりあえず問題が出ないかどうかしばらく使ってみて、大丈夫そうなら後は操作方法を改訂(まぁ、見た目の変更が多くないので、ほとんど変わらないでしょうけど。)して前公開したシミュレータの改訂版(というか進化形)ということで公開する方向で持っていきたいと思います。

せっかく点棒状況を考慮できるようになったので、これを使って次回からいろいろと遊んでみます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
遅い質問ですいません
副露手での
2456m 2345s 北北 (中中中) ツモ3p
での2m残しか3p残しかの優越を見たいのですが、
2456mはどのようなターツとして処理すればいいのでしょうか
Re: No title
3pと2345sのくっつきなら、既存のもので「副露」「一向聴」「4連形1つくっつき」で見ることができますが、
2456mと2345sの形だと一般性がないので、個別にコードを組みなおして調べる必要があります。

今後の検討課題とさせてください。
No title
ありがとうございます。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード