*All archives* |  *Admin*

<<08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
点棒状況加味のシミュレータづくりその1
今、麻雀研究界では局収支期待値を考えるより、半荘収支期待値(もしくは平均順位や天鳳の段位ポイント)を考えるのが主流なようだ。

今私ができる範囲なのは局収支の和了率等をシミュレータにより求めてそれを凸さんのMJSIM0にぶち込むという程度の手法だが、毎回それをやるのは面倒。

というわけで点棒状況を加味した半荘収支期待値を求めるシミュレータを作りたいと思っている。
(今の局収支シミュレータにMJSIM0の機能を付けて接続したようなものを想定)

…と、一言で言ったが、
・MJSIM0機能の部分は新規作成
・従来の局収支部分もそれに合わせて修正
と、かなり大規模事業になる予定。

で、今いろいろと作ってるところ。
今んところできているのは、
・現局の自分の和了したときの点棒の動き
・現局のリーチ宣言とそれが成立した時の点棒の動き(リーチ棒の影響)
・現局の流局時の点棒の動き
・全員の持ち点から順位を算出

これから作るのは
・現局の他家和了時の点棒の動き
・現局から次局以降へのつなぎ
・次局以降の点棒の動き
・最終持ち点を半荘収支・平均順位・段位ポイントに変換

そして、・現局の他家和了時の点棒の動き、の部分で今詰まっている。
今の他家和了時の自分の点棒の動きは固定の数値を使ってるので、それをそのまま適用するのはまずい。
適切なハン数・符数分布の下での変動の数値を使う必要がある。

そして、今手持ちなのは赤なしのデータのみなので、赤あり用に推定する必要がある。
手元のデータをさらってみたところ、リーチ(非一発と一発)と副露とダマの放銃・被ツモ時のハン数・符数分布が見つかったものの出自が不明ときている。(そこには赤ありと書いてあったが、どこから来たデータなのか不明。そこから導かれる平均打点も今のシミュレータで使ってるパラメータと微妙に異なっている。)
そして、染め副露のハン数・符数分布が見つからなかったので、どちらにしてもデータの取り直しが必要。
それで実測分布を出した後、今出てる赤あり平均打点に合うように分布を修正するという流れか。

・次局以降の点棒の動き、の部分も課題。誰が誰から上がるかの確率は新たに取る必要があるし、上がった時の打点も
新たにハン数・符数分布を取らないといけない。
後、リーチが発生するかどうか(≒リーチ棒が場に出る影響)まで考え出すとかなり難しいからとりあえずそこの部分は保留の方針。余裕ができてからやる。


とにかくやるべきことが多い。本当に可能なのか?
分からないけれど、見切り発車で始めてしまったのでもう止められない。(まぁ、バックアップは取ってるので、戻ろうと思えば戻れるけれど。)

文章に起こして多少は整理できた気がする。
とりあえずシミュレータの修正は置いておいて、まずはハン数・符数分布の取り直しからだな。
追記
データをもう一回洗いなおしたところ、今のパラメータ表に適合するハン数・符数分布を発見。(赤ドラ補正1枚あたり20%としていた。)
とりあえずこれを使えばいけるか。
ただ、量が半端なく多い…。(親ツモ・親ロン・子ツモ・子ロンの4通り×リーチ非一発・リーチ一発・染め副露・副露・ダマの5通りで20通りのハン数・符数分布がある。後は次局以降用に全体の分布も必要なので、しめて計24通りナリ。)


後は、次局以降の上がり者と放銃者の確率を出すだけで、コードの修正作業に戻れそう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
 私も、同じような局収支シミュレータを作ろうとしているところです。^^;
 なお、点棒(点数)と順位(順位指標)の関係式は、牌譜解析結果から1家毎の点数差とトップ率・ラス率・平均順位を求めることができ、それを公式化することに成功しているので、それを使う予定でいます。
 局収支シミュレータの中に疑似麻雀シミュレータを入れこむのも大変なので。^^;
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード