*All archives* |  *Admin*

<<05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
聴牌時待ち取り・23赤5の選択その4
枚数考慮の一例として23赤5からの待ち取り
140908-01.png
下の例のように一盃口がらみの時は枚数が減ってるので、たぶん枚数考慮が重要になってくると思われます。

↓の過去記事も参照。

聴牌時待ち取り・23赤5の選択その1
聴牌時待ち取り・23赤5の選択その2
聴牌時待ち取り・23赤5の選択その3

前回までで準備は全部完了してるので、すぐにできる。
140908-02.png
残り5枚両面と残り4枚赤入りカン4がほぼ同格。
残り4枚両面と残り3枚赤入りカン4がほぼ同格。
一般的に両面の方が強そう、というのが分かります。
(ただし、赤5を切ってロンや鳴かれた時の失点上昇分は加味していない。
また、枚数の少ない両面で1が多く切れてるか4が多く切れてるかは考えていない。)

4が場に1枚切れてる一盃口(残り2枚)はかなり切ない。俗にいう「超愚形」ってやつですね。
1が多めに切れてても両面に受けたいところ。

ただ、両面のシミュレーションとカンチャンのシミュレーションがちゃんと公平になってるかはけっこう怪しい。
パラメータをやや恣意的に操った面もあるので。
もっといろんな例で遊ぶことも考えられますが、これ以上深入りはしないことにします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード