*All archives* |  *Admin*

<<05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
副露聴牌の待ち取り・リャンカン
今日はリャンカンの待ち取りについて。
リーチの時は筋ひっかけ待ちに取るので問題ないでしょうが、副露の時は多少問題。
直接の受けが上がりやすい端よりの待ちにするか、両面変化がある内よりの待ちにするか。

まずはリャンカン135の場合。カン2にとるか、6引きからの両面変化期待のカン4にとるか。
この場合は打点差がないので、純粋に和了率のみの勝負になる。
140630-01.png
一番変化が見込める1巡目ですら互角。
もっと巡目が深くなると変化を見込んでもカン2の方が優勢。
2の待ちが十分端よりで、そのままでも出が期待できるということですね。
とはいえ、5%も差がないので、実際には2や4や6の切れ具合によって変わってくるでしょうけれど。

次にリャンカン246の場合。この場合は赤引きで打点が上がる受けがあるので、やや難しい。
手元のパラメータ表ではカン5の副露出上がり時赤ドラ率をおよそ18%としている。(この数値自体過去データなので、やや怪しい。確かドラの5の出にくさから、なんやかんやして出した数値だとは思うが…)
ここから計算して赤受けカン5待ちの出上がりしにくさは通常時の93%と見積もることができる。(3/4+1/4×18%/25%)
ここから両面58待ちの赤受け出上がりしにくさを96.5%とした。
これらの数値を新たに追加してシミュレーション。(かなり粗っぽい見積もりではあるが、数値はいつでも変更できるので、ひとまずそんなところで。)

140630-02.png
3の待ちがあまり端よりでないので、赤を考慮したうえでも、差が詰まってる。
これぐらいなら赤期待の5待ちもありかな…
140630-03.png
のみ手の期待値。
ほとんど並び。
若干5の方がいいかな…
140630-04.png
ドラ2の場合。
これだと5の方がよさげに見える。
万一赤をツモっちゃったらということを考えれば5待ちに取りたい。
実際、ツモ和了時25%、ロン和了時18%は赤ドラなのだから。

いずれにしても微差なので、場況次第で変わってくるんでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード