*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
一向聴の受け入れ・233赤5
さらに続き。
233赤5から完全一向聴に取るか、赤5を残して両面両面に取るか。
233pの部分は223pでも667sでも677sでもいいので、(シャボ受けが埋まった時の最終待ちが14pか58sかで変わるけど大差はない。)
前回の23赤57よりも出現頻度は高いであろう。
140629-01.png
「勝つための現代麻雀技術論」にもほぼ同じ牌姿があります。(講座7牌6、赤5残しを優位としている。)

条件は
・赤5p切り
ふつうの完全一向聴。変化はなし。

・3p切り
両面両面一向聴。
4p引いたときに1ハンUPして両面聴牌58s待ち。
5p引いたときに2sと振り替えで1ハンUPして両面両面の一向聴キープ
6p引いたときに23p落としで14p受け→47p受けに変化して1ハンUP

5p6p引きいずれの場合も変化後にさらに両面塔子部分を引いて完全一向聴に復帰する変化までは見ないこととします。
(2手先の変化でさほど重要性は高くないと思われ、シミュレーションの難易度がかなり上がる。勘弁してください。)
前回と同じく聴牌即リーチ・他家動きなし・他家の攻撃入った時全押しとします。
140629-02.png
和了率。
大体5%くらいの差。
大雑把に両面両面一向聴と完全一向聴の4枚受けの差で和了率に5%の差がつくということですね。
両面リャンカンの時よりは差が小さいです。直接の受けが少ないとはいえ最終受けが両面に確定してますからね。
140629-03.png
ドラなしの時の期待値。
序盤~中盤は微妙。
中盤すぎ~終盤はスピード優先の赤5p切り優位。(微差ではあるが。)
特に最終盤は形テン取るためにポン材を残しておきたいところ。
(15巡目聴牌流局率40%と32%。この8%を取れるのは大きい。)
140629-04.png
ドラ1の場合。
少し赤5p切り優位になる巡目が早まる。
140629-05.png
ドラ2の場合。
まだ差は大きくはないが、おおむね赤5p切りの方がよさげに見える。

タンヤオや平和が付くときにしてもさほど両者の条件は変わってないから、そんなに変わらないだろうなぁ。


ところで、赤5pを切る前提の話をしてますが、鳴かれる危険性を考えればどうなの、ってところ。
140629-06.png
赤のデータはないので、ドラの5を切った時に鳴かれる確率を出してみた。(喰いタンはあり。)
条件なしなので多少粗っぽいが(条件を付けるにしてもデータが不足気味だし)、鳴かれる確率は高く見積もって10%ほど。
鳴かれたときの損失をのみ手完全一向聴で他家動きなし→一人1副露(中打点と高打点の中間)と変えてシミュレーションしてみると期待値でおよそ5~600点ほどの損失になる。
よって総合的な損失は-60点ほど、ということになります。

思ったよりは少ないですね…
ということは上のグラフで赤5p側の期待値を60点ほど下方修正すると、
序盤だと微差で3p切りの方がいいってことになるのかな?
差が小さすぎてなんとも言い難いところではありますが。
一方、終盤だと60点マイナスしてもまだ赤5p切りの優位さが残る格好。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード