*All archives* |  *Admin*

<<09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
一向聴の受け入れ・両面or役牌
前回と同じような選択(両面orシャボ)で今度は一向聴での受け入れを両面に取るかシャボに取るか。
牌姿の出典は「勝つための現代麻雀技術論」講座26牌3
140623-01.png
本の中では「収支は中切りが両面落としに勝る。上がり率重視なら打2sも有力」と書いてました。
打2sからの完全一向聴変化まで追うのは難しいので、ここでは単純な中切りか両面落としかの選択で見ていきます。

中切りなら両面平和確定です。両面落としなら面前限定の受け入れは4枚落ちるものの中ポンがあります。
また両面チーして中の片上がりという選択もあります。
なお、前回同様、他家は動きなしとします。(つまり先制)
140623-02.png
和了率を見てみるとやはりポンが見込める分、両面落としの方が高い。
和了率の差は序盤で10%、中盤で5%。
両面チーの片上がりを取るかどうかはほとんど変わらずどちらでもいいようです。
140623-03.png
期待値。
若干中切りが高いが、微差。

ドラ1あるなら和了の価値が高いから両面落としの優位さが増すんじゃね?と思ったが、
140623-04.png
むしろ差が広がった?
リーチ平和ドラ1の点数上昇効率が中ドラ1よりも勝るからか。
140623-05.png
ドラ2だともっと広がる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード