*All archives* |  *Admin*

<<09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
手牌進行読み・ドラ切りの副露聴牌率
副露聴牌を見るとき、ドラ切った人は手牌進行が速くて聴牌率が高くなるんじゃない?と思って調べてみる。
(副露した瞬間の聴牌率)
140405-01.png
いまいちパッとしない結果。
聴牌率の差は10%もない。

ノーテン者が新たに手出しした時の聴牌する率が1副露で10~20%、2副露で20~30%だから、
ドラ切ったかどうかは手出し1個分の差で簡単に埋まってしまう。

分かりやすいドラ切りでさえこんな有様なんで、下手に手牌進行度を読むより、副露数・手出し数から聴牌確率を見る方がよっぽど効果があるということですね。
(実際にそれをどう生かすか?と問われると難しいが、個別の場面で押し引きを判断するツールは持ってるわけなので、後から牌譜を見て検証するのはカンタンなことです。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
個別の場合で押し引きを判断するツールってなんですか?
Re: No title
> 個別の場合で押し引きを判断するツールってなんですか?

私が作った疑似麻雀プログラムです。
詳しくは過去記事(↓のページ)をご参照ください。
http://epsilon69399.blog20.fc2.com/blog-entry-96.html
No title
うーん。

科学する麻雀と比較してもそうですが、こうして見ると副露した瞬間の聴牌率は鳳凰卓と比べるとやはり結構な差がありますなぁ。

HAZさんの牌譜解析によると、
http://doraaka.exblog.jp/16090196/
鳳凰卓では、例えば8巡目の2副露で60%近く、11巡目で約70%、1副露の11巡目で約45%聴牌しているようなので、ちょっとばかり無視できない違いがありますねぇ。

これは多分、鳳凰卓の打ち手は東風荘の超ランの打ち手よりも守備重視で、遠いところからの仕掛けをあまりしない打ち手も多い、という影響も多少あると思いますがそれだけにしては差がちょっと大きいので、やはりクイタン有りか無しかの差でしょうなぁ。

クイアリの場合、愚形ターツが多く手役も無くメンゼン和了が難しい手牌でもとりあえず手なりで進めて中張牌を抱えていると、そのうち変化してタンヤオが見えてくるといことも多々ありますが、クイナシの場合は遠いところからちょっと強引に染め手やトイトイ、役牌後々付けに向かう必要があったりするということでしょうなぁ。

だからといってこの違いをどうにかできるわけではありませんが・・。

ところで、この表のドラ切りや非ドラ切りは、ドラ等を切った後に副露した場合の聴牌率と考えていいんですか?
すでに鳴いている打ち手がドラを切った場合とでは多少聴牌率が異なるのではないかな、と思ったもので。
Re: No title
> ところで、この表のドラ切りや非ドラ切りは、ドラ等を切った後に副露した場合の聴牌率と考えていいんですか?
> すでに鳴いている打ち手がドラを切った場合とでは多少聴牌率が異なるのではないかな、と思ったもので。

副露してドラ切りはドラ切りに入れてません。
該当する副露の直前までの捨て牌で判断してます。

鳳凰卓との違いは今のところは難しいですね。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード