FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<06  2020/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
ベタ降りを再考するその3・現物がないとき+対ダマ
現物の個数について前回やりましたが、今回は現物がないときの対応。

現物がないときにベタ降りをするのなら危険度が低いものから切っていくことになります。
現物がない条件下で最も安全な牌の分布を実測からとったものが下グラフになります。
140221-01.png
早い巡目だと字牌が最も安全になるケースが多く、遅い巡目になってくると数牌の割合が大きくなっていきます。
最も安全な牌でも無筋(筋も字牌もない)という悲運なケースも15~20%程度あります。

非現物切りで最も安全な牌を切る場合の平均放銃率は
5巡目 2.7%
10巡目 3.7%
15巡目 5.2%
となります。

次にダマへの対応。
現物切ってる方がダマにも当たりにくいんじゃないかな…
と思って、パラメータ表から過去データを引っ張り出してみると…
140221-02.png
なんと、リーチ者がいるかどうかの別でも取ってなかった。ここもベタ降り時放銃率にある程度の影響力を持つから修正が必要だ。(数値自体は小さいものの、ダマのロン判定の回数自体が多い)

140221-03.png
で、改めてデータを取り直してみると。
非リーチ面前者にツモ和了される確率は巡目が深くなるほど、どんどん大きくなっていき、リーチ者がいると低下する。
(特に深い巡目でリーチ者がいるかどうかの影響が大きい。深い巡目のリーチ者ありの非リーチ面前者はベタ降りしてる人が多いためと思われる。)
ロン和了率についても同じような傾向。リーチ者なしの状況よりリーチ者ありで現物を打つ状況のほうが特に深い巡目で放銃率が低下してくれます。

とりあえず今回ベタ降りシミュレーションのために新たに取るつもりだったデータはこんなところです。
これらをシミュレーションに乗っける作業のスタート。
ここからがまた難しいががんばろう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード