FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<11  2018/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
リーチ宣言牌のソバテンと巡目の関係
今日もリハビリ感覚で単発牌譜解析。

昨日のツイッターでのお題の局面について。


実戦では4s宣言牌で、ソバテンの2sがちょっと嫌に感じたので、2s打てなかったのですが、
後で見返してみると、序盤リーチの4s切りリーチなら344sとかのまとまってる形が少なそうなので、意外と2s押せたんじゃないかと思ったりしました。

まぁ個別局面の是非は置いておいて、今日は「巡目によってリーチ宣言牌のソバテン確率がどの程度変わるか?」ということを牌譜解析で調べてみようと思います。

条件は、
・すべての数牌切りリーチがかかった瞬間を観測対象とする。
・リーチ巡目と宣言牌の種類で分類する。
・「宣言牌と±2以内の距離の牌のどれかがアガリ牌」であった場合に、「ソバテン」であるとカウントする。
・「ソバテン」であるリーチの回数をすべてのリーチの回数で割った値を調べる。
です。

牌譜解析結果はこちら↓。
181130-01.png

注目点は巡目によるソバテン確率の変動です。
序盤(6巡目あたりまで)だと、中盤以降よりもソバテン確率は小さくなってるように見えます。

個別の牌の危険度はまだ出してないですが、最初に挙げた仮説「序盤リーチの4s切りリーチなら344sとかのまとまってる形が少なそう」はある程度は当てはまってるかもしれませんね。


単発研究ならわりかし気分も乗るのですが、ゴール(目標)が遠い長期のAI研究だとモチベーションの維持が難しいのが目下の悩みです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード