*All archives* |  *Admin*

<<06  2018/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
鳳凰民は役なしドラなし聴牌でリーチをかけるか、その4、段位別編
前回(鳳凰民は役なしドラなし聴牌でリーチをかけるか、その3)の続き。

今回は役なしドラなし聴牌の即リーチ率について、聴牌者の段位別に分けて実測値を取ってみます。
仮定は、その2のときの仮定と同じ(他家はリーチも副露もしてない条件は入れる、残り局数40000トップ目条件は外す)とします。
子の場合のみを載せました。

結果はこちら↓。
180710-01.png

段位別で即リーチ率の結果が違うように見える部分は、

・中盤の筋待ち
九段以上の人は筋待ちで即リーチする率が少なくなってます。
強者はリーチのみ筋ひっかけをあまりいいようにとらえてない人が多いとか?

・中盤までの数牌シャボ待ち
こちらも九段以上の人の即リーチ率が低めです。
八段以下の人は数牌シャボの即リーチ率>片無筋カンチャンペンチャンの即リーチ率となってるので、
「カンチャンペンチャンよりはましな数牌シャボ待ちだからリーチしちゃうかー」みたいなのが一定数いるのに対し、
九段以上では、数牌シャボの即リーチ率≒片無筋カンチャンペンチャンの即リーチ率なので、
カンチャンペンチャンでは即リーチしないけど、数牌シャボでは即リーチする人がほとんどいないのかもしれません。
高段位ほどラスのペナルティが重い、というのも影響してるのかもしれませんが、強者はむやみやたらに1300リーのみシャボをやらないと。

・片無筋28待ち
九段以上の即リーチ率が低めです。
たぶん数牌シャボ待ちと同じような理由かと思います。


逆にそれ以外は即リーチ率に大きな変動はないようです。
単騎とか両無筋カンチャンみたいなかなり悪い待ちと、字牌・両面・三面張みたいなかなりいい待ちは、段位(打ち手のレベル)には影響されず、筋待ち・数牌シャボ・片無筋カン28みたいな中間くらいにあたる待ちで、段位や打ち手のレベルで差が生じてるのがやや面白いように思います。

自分自身は筋待ち以上ならわりと1300リーチのみを打つ方なので、そのへんの即リーチするハードルをもうちょっと高く上げてみれば強者にちょっと近づくことができるのではないかと思ったりしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード