FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<10  2018/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
チートイリーチの危険度
前回のチートイ読みについて、
リーチ者が切ってる3~7牌の枚数である程度チートイかどうかを読める、という話でしたが、
そもそもチートイリーチに対する放銃率が分からないのでは危険度比較がどうこうという話もできないので、
今日は放銃率(危険度)のデータを取ってみます。

集計時点はリーチされた瞬間に、リーチの当たり牌かどうかを調べます。(よって、後筋ひっかけとかは考えない。)
チートイのリーチ(チートイのシャンテン数が0。二盃口両面待ちとかも含まれる)については牌の種類と被リーチ者から見た当該牌の見えてる枚数別と筋か無筋か別。
非チートイのリーチ(国士以外は面子手)についてはいつもと大体同じ分類。
180324-01.png
180324-02.png
まぁ、面子手についてはそんなにいつもと変わりはないので、特にいうことはないです。

100%チートイを聴牌しているという条件付きでの危険度は面子手とは大きく違うのが分かります。
筋牌や字牌の危険度が高いです。1枚見え筋19で10%くらい、1枚見え字牌で10%~15%。
高いには高いですけど、図抜けて高いとかはないですね。チートイの待ち候補になるような筋牌とか字牌は通常複数あるから1牌当たりの危険度はまぁ常識的な範囲に収まると。

無筋の危険度もまったくゼロというほどではないなー、とこの文章を書きながら気づいたのですが、ドラは分類した方がよかったなーと思いました。ドラ単騎は無筋だろうと待ちとして選好されるので。(まぁ、それは明日やることにしよう。)

具体的な、牌の危険度比較についてのケーススタディは今日は時間がないので、また明日にしましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード