FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<12  2018/01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
麻雀AI開発その81・染め手パラメータその1
ここ何日かは染め手関連のパラメータを取るためにせこせこ牌譜解析しています。
その中で面白そうなデータがあったので1個紹介しておきます。

染め手聴牌に対してある牌が当たりになってる確率です。(一部抜粋)

180112-01.png

生牌(1枚持ち1枚見え)役牌の当たり率について。
場風や三元牌より(染め手者にとっての)自風の当たり率が2~3%くらい高くなっています。

おそらく場風や三元牌は染め者以外にとってもやや使いやすいので、絞られているケースが多くあって染め者以外が手牌に持ってる確率が上がって染め者が持ってる率が下がる、
一方、自風(染め者以外にとってはオタ風)は染め者以外にとっては使いづらい牌なので、先に切られることが多いが、
それがまだ場に出てないということは染め者が持ってる確率が上がる、
ということかなーと推測されます。

なお、この傾向は通常副露のケースにも当てはまるようです。(特に19オタ風仕掛けについては役牌の当たり率の絶対値がでかいので、影響も大きい。)
スポンサーサイト



新年のあいさつとメモ
ちょっと遅いですが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ここのところやる気とその他の都合で研究がご無沙汰だったのですが、
まぁ年も明けたし、重い腰を上げてAI作りを再開するかーと思っています。

やる気を出すために科学的に言われてることを実践してみようかと。
・とりあえずなんでもいいから始めてみる。
・目標を小分けにする。

次のでかい目標は染め手をAIで考慮できるようにすることです。
これができれば、いつもの何切る問題でわざわざ染め手関連を避けなくてもすむので、かなり作問の幅が広がってよりよくなるでしょう。
染め手のうち自手染め手狙いはいったん置いておいて他家染め手のケースを考えます。
踏むべきステップのうち、
①染め模様者が実際に染めに向かっている確率と聴牌率予測
についてはすでにできています。
一方、
②染め者の挙動を牌譜解析でパラメータとして取る
③パラメータをシミュレーションに織り込む
がまだできてないところです。

「とりあえずなんでもいいから始めてみる」、ということでまずは必要になりそうなパラメータの種類の書き出しからやってみます。
全体像の把握からしないとどうにもならないので。

・染め者聴牌時ある牌が当たり牌である確率
・染め者からある牌が切られる確率(リーチ者有無別・聴牌不聴別)
・染め者がいるときに別の他家からある牌が切られる確率
・染め者が牌を切った時に聴牌化する確率、聴牌を崩す確率(リーチ者有無別)
・染め者がある牌に対して鳴きを入れる確率
・染め者が鳴きを入れた後、ある牌が切られる確率
・染め者が鳴きを入れたときに聴牌化する確率
・染め者が和了した時の打点分布
 基本打点分布(役牌・ドラ・赤・清一色を除いたハン数符数)
 役牌暗刻数(副露数別、それぞれの役牌の場に見え方別)
 ドラ含有枚数(ドラ種類別)
 赤含み率
 清一色率(副露数別)

思わず、うへぇとため息が漏れますが、嘆いてばかりいても仕方ないので1個ずつ牌譜解析をこつこつやってくしかないですね。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード