*All archives* |  *Admin*

<<03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
残りスジ本数と安全無筋・危険無筋の放銃率
前回(巡目と残りスジ本数の対比)の改良版です。

前回は通ってないスジが何本あるかをカウントしていましたが、同じ「通ってないスジ」の中でも危険度の濃淡はあります。
そこで今回は「通ってないスジ」について、安全そうに見える無筋(以下、「安全無筋」)と危険そうに見える無筋(以下、「危険無筋」)の2つに分けて、残りスジ本数とか放銃率を見ていくことにします。

具体的な定義はこんな感じです。
・ノーチャンス→両筋扱い(通ってないスジにカウントしない)とする。
・リーチ宣言より前に切られた牌のまたぎ筋(リーチ宣言牌は対象から除く)→「安全無筋」
・ワンチャンス(牌を切った人から見て)→「安全無筋」

逆にこれらに当てはまらない通ってないスジはすべて「危険無筋」に分類します。

この仮定のもとで、前回と同じく通ってない筋の本数と「危険無筋」の本数をカウントします。
170411-03.png
前回からノーチャンスを除いた影響で通ってないスジ本数は少し減っています。

「危険無筋」の本数は9巡目で8本(逆に「安全無筋」が2.5本。)
14巡目だと4.2本まで減るので、平均的なケースでもかなり待ちが絞れてくる印象です。

次にリーチ者に対して牌を切った時の放銃率について、「安全無筋」と「危険無筋」に分けてチェックします。

まずは「通ってないスジ本数」を縦軸にした場合。
片無筋についてから見てみます。(分量が多いのでサムネイル表示に。)
170411-04.png
「安全無筋」28牌だと9巡目4.0%、14巡目7.0%、18巡目11.1%。終盤だとワンチャンスが信用できないとかの兼ね合いで、わりと危険度は順調に上がっていきます。
「危険無筋」28牌だと9巡目9.9%、14巡目15.2%、18巡目20.6%。だいたい安全無筋の2倍くらいです。特に終盤以降の危険無筋は15%を超えてくるので、両無筋と同レベルとして扱った方がいいのかもしれません。

続いて、両無筋について。両側について判定するので、両側ともに「安全無筋」の場合(以下、「安+安」)、片側は「安全無筋」だがもう片方が「危険無筋」の場合(以下、「安+危」)、両側ともに「危険無筋」の場合(以下、「危+危」)の3パターンに分けて調べます。
170411-05.png
「安+安」46牌の9巡目6.7%、14巡目12.7%、18巡目18%。危険片無筋よりは数値は低めになっています。安牌がなく、字牌・筋もない場合は同条件なら危険片無筋より、「安+安」を先に切る、というセオリーができるかもしれません。
「安+危」46牌の9巡目12.1%、14巡目19.4%、18巡目27.4%。特に流局間際だと4回に1回当たるので、かなり重たいです。
「危+危」46牌の9巡目15.7%、14巡目23.8%、18巡目31.8%。9巡目の時点で相当重く、流局間際はもはや両無筋456とひとくくりにはできないレベルにまでなっています。超危険牌とでも形容しておこうか。


ここまでは縦軸を通ってないスジ本数としていましたが、次は「危険無筋」の本数(「安全無筋」の本数を除く)を縦軸にして同様に調べてみます。
170411-06.png
「危険無筋」28牌の14巡目で危険無筋残り2本で20.0%、残り4本で16.4%、残り6本で13.8%。
「危+危」46牌の14巡目で危険無筋残り2本で39.9%、残り4本で28.7%、残り6本で23.3%。ほぼ1点読みできるとき(残り「危険無筋」2本)のど本命が当たるのは5回に2回。このレベルの牌を切れる状況は相当限定されそうです。
スポンサーサイト
開局付近の点棒状況と各種数値の実測シミュレーション比較その7・流局
前回の続き。
今回は流局だったときの試合結果を見ていきます。

例のごとく全パターン(4人それぞれがリーチ聴牌・非リーチ聴牌・ノーテンで3の4乗で81パターン)やるのは大変なので、8パターン(四人ノーテン1種、一人聴牌3種、二人聴牌3種、三人聴牌1種)に絞って調べます。

東南戦の場合。
170411-01.png
・四人ノーテンは親が落ちた東家の数値が悪くなり、他3人の数値がちょっとよくなる。ただ、放銃や被ツモでの親落ちよりは数値悪化はそこまで大きくない。

・一人聴牌(非リーチ)はおおむね親の1000オールと似たようなもの。

・聴牌者がリーチだったときは非リーチ時に比べて半荘収支2pt、段位pt4pt悪化し、差分のポイントが他3人に流れる。
1000点和了・放銃した場合の価値が3pt・6pt程度なので、それよりは数値悪化は小さい。(次局に自分が上がれば失った1000点を回収できるためか。)

・二人聴牌(非リーチ)は聴牌者側が4pt・8ptの利益で、ノーテン者側はその逆。

・三人聴牌(一人リーチ)はリーチ聴牌者が1pt・2ptの利益、非リーチ聴牌者が3pt・6ptの利益、ノーテン者は7pt・15ptの損失。
(おおむね子→子の2600放銃に近い程度の損失。)

東風戦の場合。
170411-02.png
たぶんそんなに違いはなさそう。


以上、開局の結果を受けての試合結果を見てきました。
これらの数値を使えば例えば、
(東南戦段位戦)自分子で、子リーチに5200放銃だと-30pt、2000・4000被ツモで-8pt、不聴流局(二人聴牌)で-6pt、
逆に自分が1000点リーチ者から直撃(リーチ棒含め2000点)で、+12pt、300・500ツモ(リーチ棒含めだいたい500・1000とみなせば)+12pt、聴牌流局(三人聴牌)+6pt、
後は各結果が起こる確率が分かればシミュレータなしでも、簡易的に計算ができそうです。

押した時の和了率40%、放銃率25%、被ツモ率25%、流局率10%とするとだいたい-2pt、
降りた時の放銃率5%、被ツモ率40%、流局率30%とするとだいたい-7pt、
だからのみ手でも若干押した方がいいか…、みたいな判断ができるというわけです。(今回計算に使った確率はかなりてきとうに置いたので、実際はもっと精密にやった方がいいですが。)

という具合に今回のデータをお役立ていただけたら幸いです。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード