*All archives* |  *Admin*

<<03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
オーラス微差トップ目の先制リーチ・リメイク
今回はしばらく前の記事(オーラス微差トップ目の先制リーチ)のリメイク版です。

リーチ棒を出すと着順ダウンになるケースで雀荘戦の場合を見てみます。

○仮定
・自分南家無筋ペン37面前リーチのみ聴牌、他3人非リーチ面前(東家のみ「絶対攻めてくる」仮定)
・オーラス、26900・26000・26000・21100
・ダマの場合、変化考慮せず、放銃率5%以上の牌を引いたら降り移行、降り移行なら確実に降りられる(現物9個)
・順位点はウマ10-20のケースとウマ10-30の2パターン
・祝儀ナシと祝儀5000点相当の2パターン

雀荘戦で、30000点ないときのサドンデスを考えないので、より点差を接近させて振ったらラスまで見える点棒状況にします。
一方、雀荘戦でトップがえらいルールなので、ラスが見えるとはいえ、より押しやすくなってるようにも見えます。

また、前よりシミュレータも進化してるので、ラスの東家が「絶対攻めてくる」という仮定(東家のリーチ発生率大の一方、東家からのロン率も大)を入れることにします。
170430-05.png
最終盤以外は愚形のみ手でもリーチでいいというとてもわかりやすい結果です。
連対率とかラス率ではダマの方がいいですが、トップ率が段違いです。

リー棒出すことにより不利益を被るのは被ツモ・横移動・流局ですが、
被ツモならダマでも大概トップにはなれない、
横移動なら順位はダマより悪化するが、リーチなら確率自体低い(リーチ9%ダマ25%)、
流局なら西家北家が聴牌なら順位は落ちるが、リーチしておけば聴牌確率が下がる(ただオーラスなので通常通りの挙動をするかはあやしいですが)、
なので、そこまで瞬間の着順落ちは気にしなくていいかなーと。(どこかから聴牌気配が出てるとかなら別でしょうけど。)

あ、今気づいたけど、オーラスで非リーチ面前者がダマ聴牌にしているケースが増えているのを想定してなかったなぁ。
それを考えるにはパラメータの取得(おそらく複数種類)とシミュレータの改造がいるのでちょっとすぐやるのは難しそうですが。
リーチをかけたらダマ聴牌者がどのくらい降りてくれるかもわからないしなぁ。
このへんは今後の課題ですかね。

祝儀の有無はないよりはある方がリーチ有利だが、今回なら順位の影響の方がよっぽど大きいのでまぁ判断に大差はないですね。
今回はのみ手ですが、赤があるとかならよりリーチがよくなるでしょう。
スポンサーサイト
残り枚数とチーテン入れる巡目の関係その10・完全一向聴
前回(残り枚数とチーテン入れる巡目の関係その9・供託2本)の続き。
今回は両面両面一向聴を完全一向聴に変えます。(供託は0本に戻す。)

変更点は
・スルー時の一向聴の受け入れにシャボ(タンヤオ牌)(枚数3枚)を追加。シャボ受けが埋まるorポンしたときの待ちは1個目の両面(5枚+8枚なら5枚の方の両面)。
・聴牌時に切る牌は両無筋456とする。(ツモってきた牌と聴牌時に切る牌の入れ替えはなしにする。)

↓タンピンの場合。
170430-02.png
↓タンヤオのみの場合。
170430-03.png
↓境界巡目のまとめ表
170430-04.png
最初の両面両面一向聴の表と比較して、ほとんど変わらないように見えます。
聴牌チャンスは広がっていますが、聴牌時に切る牌が危険牌でかつ、ツモってきた牌との取り換えも効かないので、先にリーチを打たれた場合は弱いです。
聴牌チャンスの広さ(スルー有利の要因)とリーチ耐性のなさ(チーテン有利の要因)が打ち消しあって結局同程度になると。
完全安牌持ち両面両面一向聴と完全一向聴の手牌の価値が中盤でほぼ同程度なので、境界巡目も似たようなものになると覚えてもいいかもしれません。
愚形リーのみを牌譜解析その7・ダマ編3
前回(愚形リーのみを牌譜解析その6・ダマ編2)の続き。

カン28だと変化でタンヤオとかが多くて、サンプルとしては微妙だったので、
今回は両無筋カン46にして同様の数値を取りました。

↓全体の実測値とシミュレーションの比較
170429-04.png
カン28とあんまり変わらない気がします。局収支は実測値でややマイナスが大きくなってるか。

↓次の変化で場合分け
170429-05.png
カン28と比べて「不変リーチ」が減って、「待ち変えリーチ」が増えた。
両無筋なので、筋ひっかけになったからツモ切りリーチ、というのが減るのと、
両面変化が2種なので振り替わってリーチが増えるためかと。

↓各分類の詳細
170429-06.png
タンヤオがないので、「待ち変え」(ダマ)の和了時ツモ割合が高くなってる、つまり待ちが変わっても役が無くてロンができないケースがけっこうある、ということだと思います。とはいえ、まだツモ割合5割なので、両面で平和が付いてダマ続行のケースがあると推測されます。

両無筋カン46でもなかなかうまいこと合ってはくれませんね。(攻めの聴牌外しや待ち変えダマなどシミュレーションでとらえられていない現象が多い。)
やっぱりダマ聴牌は難しい。
残り枚数とチーテン入れる巡目の関係その9・供託2本
前回(残り枚数とチーテン入れる巡目の関係その8・対1軒副露)の続き。

今回は先制の状態で供託リーチ棒が2本あるケースをやってみます。(取り上げた理由は今日たまたま四人リーチで流局になったからです。)

↓タンピンの場合。
170428-06.png
↓タンヤオのみの場合。
170428-07.png
↓境界巡目のまとめ表
170428-08.png

今回はかなりチーテン寄りになりました。
1段目でタンピンで、まだ枚数が多く残ってる場合を除いてほぼ全鳴きでいいみたいです。

特に程よく切れてる場合(5枚+6枚とか)の境界巡目の早まり方が激しいです。(タンピンで12巡目→4巡目)
供託0本と2本はまったく別世界と考えた方がよさそうです。

供託1本とかなら0本と2本の中間としてがんばって補正してみてください。
(供託1本でもそこそこ影響大きそうだからやった方がよかろうか?)

昨日の1軒副露の表ですが、「鳴きあり」ボタンを押し忘れてたっぽくて、鳴きを考慮してなかったみたいです。
また明日やり直してグラフ貼りなおしておきます。
愚形リーのみを牌譜解析その6・ダマ編2
前回(愚形リーのみを牌譜解析その5・ダマ編)の続き。

実測とシミュレーションがぜんぜん合わなかったので、両者をもう一度詳しくチェックしてみます。

まず、シミュレーションの方ですが、バグが1個見つかったので、そこを修正してやり直しました。
2017/04/28 ver1.23
バグ修正
 役なしダマのときの1順当たりツモ率についてフリテンの実測値を参照していたバグを修正

170428-01.png
従前のシミュレーション結果と比較すればほぼ同じ値になってくれたので、とりあえず一安心。
それでも、実測値とはまだかなりかけ離れていますが。

次は実測値の方を見てみます。
ダマ聴牌した後の、次の挙動の違いによって分類してみます。

・「そのまま」…以下のいずれの変化をしないまま局が終了する。(面子のスライド等で役やドラがついたが待ちは変化せずダマ続行のケースは「そのまま」になる。)
・「聴牌崩し」…聴牌を外した場合。その後に聴牌に復帰するかどうかは問わない。
・「不変リーチ」…ダマ聴牌時と同じ待ちで、リーチをかけた場合。メンツのスライド等で役やドラがついてリーチした場合や、5を引いて筋ひっかけでリーチした場合、もしくは状況に変化がないままツモ切りリーチした場合が含まれる。
・「待ち変え」…カン28から別の待ちに変化して(手変わり時点で)リーチしなかった場合。
・「待ち変えリーチ」…カン28から別の待ちに変化して(手変わり時点で)リーチした場合。
・「鳴き」…カン28聴牌から鳴きを入れた場合。

どの変化の場合も最初の変化のみを対象にしているので、その後の挙動は見ていません。

↓は各ダマ聴牌がどこの分類に入っているかの割合です。
170428-02.png
数値的には「そのまま」「聴牌崩し」「待ち変え」が多いです。
また、そこまで多くはないですが、「不変リーチ」も無視はできないレベルで存在します。シミュレーションでは待ちが変わらない限りはダマ続行なので、この部分はとらえられていないと考えられます。

↓はそれぞれの分類ごとの局結果(和了率や局収支等)です。
170428-03.png
「そのまま」は(メンツスライドで役が付かない限りは)ロンできない割には和了率が高いですが、
これはダマ聴牌は少し巡目がたてば手変わりとか降り移行とかになる可能性が高いので、実際に即上がりに結びついたケースが「そのまま」の分類に集中しているためかと思われます。

「聴牌崩し」は多くの場合が他家攻撃が入って降り移行の場合だと思われますが、
和了率も5%~10%あるので、ある程度の割合で、攻めのための聴牌外しが含まれると思われます。(もしくは回し打ちみたいに攻めと守りの両方の性格がある聴牌外しの場合。)
シミュレーションでは聴牌を外したら聴牌復帰と上がりはないものとしているので、この部分は全くとらえられていないです。なので、シミュレーションの方が過小評価になる事情になります。

「不変リーチ」はこの項目そのものがシミュレーションから漏れています。
和了時打点も4000点くらいあるので、ただのリーのみよりは高いので、「ドラを引いたからリーチ」みたいなケースもそれなりにあるのかもしれません。

「待ち変え」はシミュレーション側では両面以上の手替わりでなければ、フリテン扱い(ロンできない)のままとしているのですが、
実測を見てみると和了時ツモ割合が30%くらいなので、かなりの割合でロンできています。
この中には両面変化したがダマのままも含まれていますし、カン28なので37や5を引いてのタンヤオの役が付いた愚形も含まれていると思われます。タンヤオがついたが、まだリーチタンヤオの2ハンしかないので、ダマ続行とかはよくありえそうなシチュエーションです。この部分も実測とシミュレーションの差異になってきますね。

「待ち変えリーチ」はまぁそのままですね。(投げやり)
和了時打点は5000点くらいなので、メンタンとメンタンピンの中間くらいですかね。

「鳴き」は数が少ないので無視していいでしょう。


というわけで、シミュレーションで考慮するにはダマ聴牌は難しすぎて、うまいこと実測と合わせられないという悲観的な結論です。
実測とシミュレーションのどちらを信じればいいかは実測を信じるのが無難かと思われます。
実測でもまだ局収支マイナスのところが多いので、一般的にはまだ愚形リーのみは即リーチがやや有利か、というくらいですかね。

しかし、カン28だと変化でタンヤオがつくケースがけっこうありそうなので、例としてあまり良くなかったかもしれません。
今度はカン46でやってみようか。
残り枚数とチーテン入れる巡目の関係その8・対1軒副露
前回(残り枚数とチーテン入れる巡目の関係その7・両面両面一向聴(ドラ1))の続き。

前回まではすべて他3人非リーチ面前(純先制)を前提にしていました。
実戦では副露者がいることも多いので、そういう場合に基準がどう動くかを見てみます。
自手はドラなしとします。

条件は
・自分南家
・北家が2副露(打点は「平均」)、他二人は非リーチ面前。
・自分タンピン両面両面一向聴
・チーテン時初手完全安牌
・スルー時聴牌時完全安牌
・一向聴から放銃率10%以上の牌を切るときベタ降り(現物2個)する。

↓タンピンの場合。
170429-01.png

↓タンヤオのみの場合。
170429-02.png

↓境界巡目まとめ表。
170429-03.png

副露者がいるので、速度を間に合わすためにややチーテン寄りに境界巡目が動いています。
ただし、枚数が多く残ってるタンピンの場合はほとんど境界巡目は変わりません。(12巡目とか。)
タンヤオのみだと枚数が残っていても3巡くらい早くなるので、割と大きい差だと思います。(10巡目→6巡目とか。)

今回のシリーズの表は前にやった時(面前一向聴VS鳴き聴牌最終回・まとめ)、よりスルー寄りのところが多いですが、おそらくは、
○一向聴からどの程度の牌を押すかの違い
当時の記事にはどこまで押すかは何も書いてなかったので、おそらく一向聴でも全ツッパしていたのに対し、
今回のは一向聴から放銃率10%以上の牌は押さない(聴牌からは全ツ)、という違いが出ているのかもしれません。
スルーした場合に、無謀ではない、多少まともそうな戦略(最善かどうかは不明)を取っているためかと。

○使用パラメータの違い
当時は東風荘パラメータだったので、今の鳳凰卓パラメータよりリーチに対して押してくる傾向が強いことが影響しているかもしれません。
今のパラメータの方が面前リーチの価値が高いのかもしれません。
この点は面子のレベル次第かもしれませんが。

このあたりの影響だと思われます。

4月29日
スルー時鳴きなしで数値を出していたのを鳴きありにしてシミュレーションやり直してグラフ・表を差し替え。
そんなに大きくは変わってないです。
愚形リーのみを牌譜解析その5・ダマ編
今回は愚形立直のみ(役なしドラなし)の牌譜解析でダマ側の実測値を取ってみます。

ダマの方は手変わりとか途中で降りるとかの挙動があってけっこうややこしいですが、
今回は初回ということで、単純な条件で集計します。
・純先制の状態(全員非リーチ0副露)である巡目(ここでは対象者の牌を切った回数を巡目とする)を迎えた時に愚形役なしドラなしを聴牌した、かつリーチをしなかった場合に「ダマ先制フラグ」を立てる。
・局終了時に「ダマ先制フラグ」が立っている人について局結果と得失点をカウントする。

愚形のみ手を聴牌した巡目の時点と局結果のみを見るので、途中の経過(手変わりとか降り移行とかリーチとか鳴きとか)は全く見ていません。

「愚形のみ手」の定義はリーチの時と同じとします。つまり、
・子である
・仮にリーチしてツモった場合2ハン30符となる手牌

ただ、待ちについてはリーチの時は無筋37待ちにしていましたが、それだとカン37とペン37が混じって手替わりの質が変わってしまって都合が悪いので、無筋カン28にしました。無筋待ちなので、5は切れてないので(単独カンチャンであれば)、両面手替わりは4(6)引きの1種類の場合が大半になると思います。

無筋カン28の純先制のみ手リーチの実測値がこちら↓
170427-01.png

この条件でダマの実測値を調べたのがこちら↓
170427-02.png

シミュレーションの同程度の条件(南家役なし無筋カン28ダマ。他3人非リーチ面前。通常手替わり(両面化で平和がついてリーチに切り替え)と7%以下押し条件)で調べたのがこちら↓
170427-03.png

な ん か ぜ ん ぜ ん ち ゃ う ね ん け ど 
ど な い な っ て ん ね ~ ん

と思わず叫びたくなりましたね。

実測値の方は役なしダマ(ロンできない)からスタートしてるはずなのに和了時ツモ割合が6割くらいとえらく低くなってる。
シミュレーションの方も局収支がえらく低くでていますねー。(前やった時は-500点くらいだったはずなんだけど。)

合わなさが半端なさ過ぎてどこから手を付けていいのやら。

とりあえず実測の方をがんばってデバッグしてみようか。もしかしたら何かの間違いで役ありが混入してるのかもしれないし。
愚形リーのみを牌譜解析その4
しばらく前の愚形リーのみを牌譜解析シリーズの続き。(愚形リーのみを牌譜解析その3
前回に調べた時は純先制無筋カンペン37待ち立直のみの条件を課したのみで、分類分けをしていませんでした。
今回、リーチをかけた時点での山に残ってる当たり牌の枚数で分類してみます。

何をしたいかというと、場況のいい愚形立直のみと場況の悪い愚形立直のみを分けて、場況の良し悪しが先制立直判断にどの程度の影響が出るかをみたいということです。
それで、場況の良し悪しと相関関係にありそうな山に残ってる当たり牌の枚数で分類してみるわけです。
リーチをかける側からすればもちろん山に残ってる当たり牌の枚数を正確に把握するのは不可能ですが、場況のいい待ちなら山に残ってそうなのでリーチ、みたいな読みをされることが多いと思うので、まぁ参考程度にはなろうかと。

それで、集計をするのはいいですが、問題なのは分類をしない時点でも中巡純先制愚形立直のみのヒット件数が1000件くらいしかなく、その少ない件数からさらに区分分けしてしまうと果たして統計的に意味がある数値が出るのか、ということがあります。
とりあえず、数値を見てから考えることにします。
170425-01.png
山4の愚形リーのみ。
局収支が1000点くらいはありそうなので、ダマよりははっきりよさそう。
ただし、山4でリーチをかけられるのはほぼ序盤だけなので、そうそううまい状況に出くわすわけではないみたい。

山3の愚形リーのみ。
中盤までは局収支500点くらいありそう。
平均よりは枚数が残ってるいわゆる「いい待ち」。
これもわりと積極的にリーチできそう。

山2の愚形リーのみ。
まだ局収支プラス域が多い。
愚形リーのみ全体から見れば、標準的な山残り枚数。
ダマのシミュレーション結果(だいたい局収支-500点くらい)を信じるなら、これもリーチできそう。

山1の愚形リーのみ。
やや局収支マイナスが多い。
終盤に差し掛かったあたりでリーチするのはやや危険かもしれない。

山0の愚形リーのみ。
局収支はマイナス1000点くらいか。
これだけなら立直はしたくないように思えるけど、山0ということはダマにしても変化しない限りは上がりはなく、たいていの場合はベタ降りになりそうなので、ダマの数値も平均的な挙動よりは悪化しそう。
トータルでの判断はよくわかんない。


ということで山に残ってる枚数が多いほどリーチしやすいというごく当たり前の結果になりました。
(どの程度場況が良ければ山に何枚残ってるかはまた別問題ですが。)

最近、私はあまり愚形リーのみをやってないのですが、よさそうな待ちならリーチ打った方がいいのかなぁ。
「麻雀 鉄押しの条件」を読んだ感想
平澤元気プロの3作目、「麻雀 鉄押しの条件」が届いたのでさっそく読ませていただきました。

私のシミュレーション結果や押し引き表に関する話が随所に出てきます。
私自身はあまり意見表明をする機会が少ないので、
「シミュレーションではこういう結果が出ている」「このような状況ではシミュレーション結果はそのまま使えない」という議論が活発にされることにより、シミュレーションに対する理解が一般に広がるかもしれないと思うとうれしい限りです。

牌の細かい危険度とか場況とか回し打ちの可能性などについては今後(具体的にはAI製作)の課題ですね。
本音を言えば、頭を使う作業(プログラミング)よりも単純労働(シミュレータとか計算機とかをひたすら動かす)の方が好きなので、しばらくは過去の遺産(完成版局収支シミュレータ)を使って楽をしたいなーとか思ったりとか。(実際、最近の記事の傾向はそんな感じ。)
研究者としてその発言はどうか、と言われたら、あ、はい、すみません、とただただへりくだる一方ですが。

シミュレータを作ろうと思ったのも、1回ソフトを作り上げることができれば、初心者でも簡単におおまかな数値を知ることができるだろう、と思ったのがきっかけですね。
「簡単に」というのが一番のポイントですね。
入力値をこまごまと入れて集計ボタンをポチっと押すと後は勝手にコンピュータが計算してくれるので、テーマさえ決まればとても低コスト(時間・労力)で研究ができます。
ネタになるものに困らなければ無限に記事が書ける感じです。
将来、楽をするための投資みたいなもので、実際その投資は現在それなりの果実になった(押し引き表やその他の記事など)とは言えます。

ただ、現状のシミュレータだとこまごまとした状況判断はできていないので、そのへんは頑張ってAIとか四麻計算機を作っていって、それが完成すれば、本の中に出てるような個々の牌姿(何切る問題)について、より精度の高いものができるだろうと思っています。そして今よりもっと楽ができると。これも将来に向けての投資です。
今回(AI製作)の場合は投資にかかるコストがこれまで以上に高くなりそうで、完成するまでは成果にはならないので、コストとリターンのバランス的に、ちょっと今はしばらくコストを払わず楽をしたいなぁ(従前のシミュレータに投資した分を刈り取るフェイズ)という気持ちであります。
もちろんAIができた時のリターンは今以上なので、完成を夢みたいですが、がんばって頭使わないといけないからなぁ。


本の話に戻ると、シミュレータを作った動機の中で「初心者でも」というのがあるのですが、
そのあたりの観点では私と平澤プロ・3人の天鳳位の方とは少し立ち位置が違うのかなーとも感じました。
私はプレイヤーとしては鳳凰タッチレベルで特上の常連さんなので、
もちろんプレイヤーとして強くなりたいので答えを知りたくてシミュレータを作ったという動機もありますが、現状のシミュレータだけだとまだまだ中級者までが限界だろうなぁ、という気がしています。
私のレベルではそれでもまぁある程度満足しているのですが、平澤プロ・3人の天鳳位は私やシミュレータのレベルよりもはるかに上級者なので、いかに例外局面を正答するかという点に力点を置いていらっしゃるなぁという印象を受けました。
なので、天鳳位の方をはじめとした上級者の方に対して、お気に召すものは私の実力不足で作れませんでした、すみません、というところです。
次に作る(作れたらいいなぁ的願望を込めて)AIもしくは四麻計算機はもうちょっとレベルが上がって上級者にもお気に召すものができたら、とは思ってはいるのですが、果たしてできるのかどうか。まだまだ道のりは長いです。感覚的には現状10%~30%くらいの進捗ですかね。

現状は、シミュレーションの分野で競合する人がそんなにいないので、このレベルでもある程度の成果として認められていると思いますが、
正直、私より有能な人はいっぱいいると思うので、そういう人が麻雀研究とかシミュレータ作りに参入してくれば、あっという間に抜かされちゃって私の方は見向きもされなくなるだろうなぁと戦々恐々としています。まぁその方が麻雀界全体にとってはいいのでしょうけども。

最後に一読者としての感想を。
とにかく情報の密度がすごく高いと思いました。情報量が多いのは素晴らしいのですが、全部いっぺんに読もうとすると頭がパンクしそうで大変です。2週目はもうちょっとゆっくり読もうかと思います。
残り枚数とチーテン入れる巡目の関係その7・両面両面一向聴(ドラ1)
前回と同じように(残り枚数とチーテン入れる巡目の関係その6・両面両面一向聴(ドラ2))、チーテンと残り枚数の関係を見てみます。

前まではドラ0とドラ2をやったので、ついでにドラ1もやっておきます。

平和ありの場合。
170423-01.png
平和なしの場合。
170423-02.png
境界巡目。
170423-03.png
今までのイメージだとドラ0とドラ1では境界巡目があまり変わらないように思ってたけど、
今回のだとドラ1の方がちょっとチーテン巡目が早くなってますね。
どこか入力を間違えたかな…

でも、どちらかというと今回のドラ1の方が感覚的に近いからドラ0の方を見直してみようか。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード