*All archives* |  *Admin*

<<02  2017/03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
黒5切りリーチの各種危険度
今日もリクエストがあったネタを。

黒5が宣言牌のリーチについて周りの牌の切り順(例えば1を切ってる場合とか、3を切ってる場合)によって、牌の危険度がどう変わるか、というテーマです。

まずは基礎的な部分として、単純に「宣言牌が黒5」の条件のみでやってみます。

集計対象は昨日と同じで、全リーチを対象に、黒5が宣言牌という条件付きで、ある牌が待ちである回数をカウントして、割り算して確率をもとめます。

数牌27種それぞれについて、
・宣言牌の黒5と同色か他色か
・牌の種類(1~9牌)
・筋区分
で分類してカウントしていきます。

↓結果がこちら。
170322-01.png
・他色両筋28の危険度が低い
打5mの後に5p切りリーチに対する2m8mです。
わざわざ愚形の135mから一向聴でカン2m決め打ちされるのは少なかろうと。

・同色両筋28牌の危険度がかなり高い。
牌譜解析の仕様で、リーチ宣言前に既に両筋になっているケースがここに入ります。
つまりリーチ以前に5を切っていて、さらにリーチ宣言牌が5のケースです。(対子落とし)
危険度が上がる理由は今のところ推測だけですが、
使いやすい上に赤受けもある5の牌がわざわざ対子落としされるというレアケースにおいては実際に28があたりになってる形(1355)になってることが多いとかそんなところでしょうか。

・裏筋の19は他色19と危険度に差はない。
5が宣言牌まで引っ張られるのはそんなにレアケースではないので、いろんな形が考えられるとかそんなところでしょうか。

・またぎの片無筋37は序盤リーチなら危険度微減、終盤リーチなら危険度微増。
早いリーチなら455とかになってるケースがそんなに多くなく、終盤は逆にそうなってるケースが増えるということかな。
戦術に大きな影響を与えるかと言えばたぶんそんなでもないとは思いますが。

・またぎの両無筋46も同様に序盤リーチなら危険度微減、終盤リーチなら危険度微増。
理由は多分片無筋37と似たようなものでしょう。

ついでに宣言牌赤5についても同様に調べました。
170322-02.png
・裏筋19の危険度がやや上がる
23赤5のケースが多かろうと。

・片無筋37の危険度がかなり下がる。
これは今となってはかなり有名な話ですね。

・46牌(片無筋、両無筋両方)の危険度もかなり下がる。
これも5のまわりの待ちになりにくいと。
両無筋については問題ないですが、
片無筋の方は現物になってるのが1なのか7なのかでだいぶ話は変わってくる気はしますが、それは今後の課題(近いうちにすると思う)ということで。

・他色の危険度が全体的に上がる。
同色3467の危険度が下がるので、相対的に他色の方が待ちになりやすいということでしょう。


今日はこんなところで。
スポンサーサイト
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード