*All archives* |  *Admin*

<<01  2017/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>
麻雀ゲーム・麻雀AI製作その7・自分鳴き処理2
自分鳴き処理について、できてないところを追加しました。

まずは加カン処理について。
170202-01.png
自分の切り順で加カンできる牌があるときに、「切る」ボタンの左のコンボボックスで加カン(「KK」)が選択できるようにしました。

170202-02.png
加カンしたら嶺上牌をツモって、1枚捨てる。切ったと同時にカンドラがめくれる。

暗槓処理について。
170202-03.png
加カンと同様、自分の切り順で暗槓できる牌があるときに「AK」を選択可能。

リーチ状態のときは、待ちが変わらないときに暗槓可能ということにしました。送り槓は禁止。(ツモってきた牌で暗槓できるときのみ。)
実際のルールはメンツ構成が変わるときとか九連がらみの牌姿でも暗槓できないとかもあった気がするけど、今のところは難しいので入れてないです。
170202-04.png
暗槓はカンドラ即乗り。
170202-05.png
裏ドラがちゃんと2種牌載っていることも確認。

なお、暗槓と加カンのテストをするにあたっては、いちいち槓子ができるまで繰り返すとかは大変すぎるので、配牌に中暗刻がくるように山牌を細工しています。なんだかいかさま師のような気分である。
170202-06.png
嶺上開花を確認。
170202-07.png
槍槓を確認。

嶺上開花の方は自手の都合だけだから山牌の細工は簡単だったが、
槍槓は他家の挙動がからむので、配牌で3m1p2sの暗刻だけを送っておいて、後は3種のいずれかが他家から出てかつポンした後にポンした牌が他家リーチの待ちになるまでひたすら繰り返しました。
ここまで山を細工しておいてもなかなか槍槓になってくれずに大変な思いをしました。


それにしてもカンのルールは実装するのがすごく大変ですねー。
嶺上だの槍槓だのカンドラだのと。
カンのルールを呪いたくなる気持ちがちょっとわかる気がします。

ルール面で細かく目につくところはあるけれども、一応これでだいたいのルールは完備できたので、
後はマニュアル作りとかもろもろの作業をやって、ゲーム部分を公開する手はずにしよう。
スポンサーサイト
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード