*All archives* |  *Admin*

<<03  2016/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
16年4月の成績
54戦やって、17-16-10-11
それなりのプラス。

今月前半にボコボコにされて六段から降段間際まで追い込まれたが、そこから後半にかけて調子を上げて原点まで戻した。
まだ本当の地獄モードらしいところは体験していないので、麻雀プレイヤーとしてはまだまだ経験量が足らないと思われる。数をそんなに打ってないしなー。
研究が空いてるときに適度に打ってるので、そんなものですが。
スポンサーサイト
副露人数と局収支
今やってるシミュレーションは自分聴牌VS相手一人副露(他二人動きなし)だけど、
他にも副露者がいるというのは実戦でよくある状況。

副露者が増えた時に局収支がどのくらい動くのか見てみます。
自手は副露2ハン無筋カン37、初手は無筋2378(全員に通ってない)とします。


一人副露が自分南家、北家が2副露
二人副露が自分南家、西家北家が2副露
三人副露が自分南家、西家北家東家が2副露

160428-04.png

中盤で一人副露を基準とすると、二人副露だと局収支200点減、三人副露だと500点減。
三人副露がより局収支が減ってるのは親も仕掛けてる影響でしょう。
そこそこの影響度合いではあるかなー。

9巡目で、
一人副露和了率39%放銃率18%
二人副露和了率32%放銃率22%
三人副露和了率25%放銃率25%

押しの方の数値だけを見ていますが、実際は降りの局収支にも影響する(攻める人数が増えて横移動率が増えるので、副露者が増えるとベタ降り時局収支は改善すると思われる。)ので、もっと差は開くでしょうね。
つまり、降りに転じる「特段の事情」に当たると思われます。
とはいえ、2ハンで両面みたいなすでに大差で押し有利ならそうそう覆らないとは思いますが。
副露聴牌VS通常副露の押し引き(子VS親)
今日は自分が副露聴牌に対し、通常副露者が一人いるときの押し引きを見ていきます。(副露者が親)

表の見方や仮定は前回(副露聴牌VS通常副露の押し引き(子VS子))と同じです。

↓局収支
160428-01.png

↓半荘収支
160428-02.png

↓段位pt
160428-03.png

まぁいつも通り子VS子をちょっと気持ち降り気味にしたくらいですね。
相手が親副露でも特段の事情がなければ聴牌からは押しで問題ないと。
副露聴牌VS通常副露の押し引き(親VS子)
今日は自分が副露聴牌に対し、通常副露者が一人いるときの押し引きを見ていきます。(自分が親)

表の見方や仮定は前回(副露聴牌VS通常副露の押し引き(子VS子))と同じです。

↓局収支
160426-01.png

↓半荘収支
160426-02.png

↓段位pt
160426-03.png

だいたい、副露聴牌VS通常副露の押し引き(子VS子)面前聴牌VS通常副露の押し引き(親VS子)と似たような傾向です。
特別コメントすることはないですかね。
副露聴牌VS通常副露の押し引き(子VS子)
今日は自分が副露聴牌に対し、通常副露者が一人いるときの押し引きを見ていきます。(自分も相手も子)

○表の見方
・1行目(局収支)…通常副露者の副露数

・1行目(半荘収支・段位pt)…点棒状況。
「トンパツ」は残り局数8で全員原点
「南1・4万・トップ」は40000・30000・20000・10000の並び
「南1・平ら」は残り局数4で全員原点
「南1・1万・ラス目」は10000・40000・30000・20000の並び

・2行目…巡目
「序」は5巡目
「中」は9巡目
「終」は14巡目

・1列目…待ちの強さ
両面25,58は赤受けを考慮する。それ以外は赤受けもドラ受けもないものとする。

待ちの種類は5種類で、副露聴牌VS1軒リーチの時とだいたい同様の分類にしてます。ただし、現物待ちは関係ないのでカット。

・2列目…打点

・3列目…初手に切る牌
筋19~両無筋456までは前回までと同様。

「途中押し%」の行は中途半端押し戦略で採用したどこまで押すかのパーセント。(100%、15%、10%、5%、0%以下押しから一番平均順位のいい戦略を選ぶ。)

・マス目の中の数字…「押し時収支」-「降り時収支」の値
単位は半荘収支・段位ptとも1pt
局収支は1点。

・マス目の色分け…「押し時収支」-「降り時収支」の値の評価
色が濃い赤に近いほど数値のプラスが大きく押し寄り、濃い青に近いほどマイナスが大きく降り寄りの判断。

○ほかのシミュレーションの仮定
・自分南家、副露者対面(北家)
・上家、下家は非リーチ面前
・降り時現物数2個
・自分副露数1
・自手赤ドラ数0
・自分の降り時聴牌復帰・上がりの可能性は0とする
・副露者は赤入りの仕掛けではない。(確定赤ドラ数0)
・中途半端押し戦略を採用する。
・変化は考慮しない。
・降りに回った時は聴牌復帰の可能性はないものとする。

中途半端押し戦略の%を別表にしてたのを、局収支等の表と同じ場所に回したので、その分、表の見た目が変わってます。
シミュレーションの仮定は大体前までと一緒です。

↓局収支
160424-01.png

↓半荘収支
160424-02.png

↓段位pt
160424-03.png

まぁ大体のところが赤色なので、特段の事情がなければ対通常副露でこちらが聴牌なら押しでよさそうに見えます。

ただ、相手が副露で、打点や聴牌の確率や押す牌の危険度が読めることもあると思うので、
もともとの押しの有利度が1000点未満(カンチャンのみ手対3副露とか役牌片上がりのみ手対2~3副露とか)で、
かつ降りに有利になるような「特段の事情」がある(打点が高い可能性が高いとか聴牌率が特に高いとか危険度が特に高いと読めるとか)なら降りもあり得るというところでしょうか。
このうち、特に重要そうなのは打点と危険度だと思います。逆に聴牌率については10%くらいとか多少前後したところで大して影響は大きくないと思います。対リーチ(聴牌率100%かつ打点も高い)で愚形のみ手だったとしても大損ではなかったので。

後は仕掛け者が1人しかいないという仮定もそれなりに影響してるかなーと思います。仕掛け者が二人や三人ならどうなるかはまぁ今後の検討課題ということで。

半荘収支や段位ptでも全部のところが押しの方が有利になってます。(微差のところもけっこうありますが。)
特に勝ってる時でもかなり押し気味なのは特筆ものです。
親リーチが来る前にさっさと流した方がいいということなんでしょう。たぶん。
リーチをかけられたらその時点で進退をまた決めればいいだけですし。(10%以下押しとかなので、終盤無筋や両無筋456を引いたら降りになる。)

中途半端押し戦略を採用していますが、
大半のところは「100%以下押し」か「15%以下押し」です。
しかし、副露者に対して危険度が15%以上になることはシミュレーション上、かなり稀です。(読みによって危険度が上がることはあるとは思いますが、そこまで難しいことはできていません。)
というのは、危険度は「聴牌率」×「聴牌してる条件下での放銃率」で定めていますが、
この数値が15%を超えることはそんなに多くないからです。

聴牌率については面前聴牌VS通常副露の押し引き(子VS子)で載せていますが、
3副露の時でようやく85%~90%。2副露では70%がやっとです。

聴牌してる条件下での放銃率の方は↓のパラメータを使ってます。
160424-04.png
特に放銃率が高いのは生牌役牌くらいで、両無筋456ですら、10%くらいです。(副露手は愚形の確率が上がってるため?)

なので、危険度が15%を超えてくるのは対3副露の最終盤生牌役牌くらいです。
よって、対副露者に対しては、「15%以下押し」は全ツとほとんど大差ないです。
変わってくるのは残り二人の非リーチ面前者からリーチがかかった時くらいです。
リーチがかかった時は終盤の両無筋456を引いたら降ります。
実際の出力値で「15%以下押し」の降り移行率を確かめると中盤で2%くらいしかないので、影響を与えるのはかなり限られてる状況だということが分かります。
面前聴牌VS通常副露の押し引き(子VS親)
今日は自分が面前聴牌で相手一人が通常副露の場合を見ていきます。(相手親)

表の見方や仮定は前回(面前聴牌VS通常副露の押し引き(子VS子))と同様とします。

↓局収支
160422-01.png

↓半荘収支
160422-02.png

↓段位pt
160422-03.png

子VS子の時と比較して、今まで以上に相手が親である影響は少なめになってるような気がします。
局収支では(子VS子との比較で)100~200点程度差で、もともとが大分押し有利だったので、ほとんど影響はなさそうです。

ただ、さすがに対親なので、ダブ東ポンでドラが使いやすそうとか、タンヤオのドラ+赤の仕掛けみたいな平均打点より高くなる要素がある場合(ドラポンについては後で別途議論するものとする)、かつ自手が愚形のみ手&相手3副露とかだと、
もともとの有利度が400点程度で、打点が平均から3000点くらいUP(これはてきとう。子で平均打点3000点強で3~5割の確率で満貫とかだと2000点UPぐらいだろうという目算。)、放銃率が20%前後なので、3000点×20%で局収支600点減。
とするなら、降りに転じる場合もありえそうです。
まぁ、相当条件が整ったとき限定の話ですが。

半荘収支・段位ptに至ってはほとんど差が出てない有様です。
理由を挙げるとするなら、降りてて連荘されるのを待つのみとするよりも、攻めて連荘阻止するのにそれなりの価値があるというところでしょうか。
上がることができればリードをつけた状態で局が1局消化できる一方、安手~中堅手の被ツモや放銃ならビハインドを背負った状態とはいえ、局が進まない→逆転のチャンスがそこそこあるという理論。
この辺は親連荘利益のあたりの話とも絡んでくるので複雑ですが、
それっぽい兆候があるデータもないわけではないです。(攻め時の局収支0点近辺だと自分親だったら半荘収支等はややマイナス、相手親だとややプラスみたいな。)
面前聴牌VS通常副露の押し引き(親VS子)
今日は自分が面前聴牌で相手一人が通常副露の場合を見ていきます。(自分親)

表の見方や仮定は前回(面前聴牌VS通常副露の押し引き(子VS子))と同様とします。

↓局収支
160420-01.png

↓半荘収支
160420-02.png

↓段位pt
160420-03.png

今回は自分親なので、ほぼ全押し、と言いたいところですが、
段位戦で点棒に余裕があるときはむしろ子の時よりも引き気味になっています。(とはいえ、まだ微差のレベルなので、どちらでもよさそうですが。)

おそらく降りていれば安手の横移動or被ツモor流局で局が確実に1局進むということが大きいんだと思います。
局が進めばラスの危険性はかなり薄くなるので。
一方、自分子の時は降りて局面を長期化させると親の上がりが発生しかねないので、ある程度押す必要があると。
雀荘ルールでは2着目と1万点とあまり差がないのでこの限りではありません。(いつも通り親の方が押し有利。)
面前聴牌VS通常副露の押し引き(子VS子)
今日は自分が面前聴牌に対し、通常副露者が一人いるときの押し引きを見ていきます。(自分も相手も子)

通常副露とは染め副露ではない仕掛けのもの全般を指すものとします。
パラメータとしては特に打点関連については染め副露のみを除いて、それ以外は条件なしで取っています。したがってドラポンも含めた平均の打点になっています。
放銃時失点は-4400点前後を見込んでいます。(リーチ棒支出含む。また、放銃先の区分は分けてないので、後から追っかけリーチが発生してそちらに振り込んだケースも含まれている。)

表の構成は対染め副露の時と同じような感じにしました。
・局収支については1副露・2副露・3副露の3パターンに分けて別表を作る。
・半荘収支と段位ptについては2副露の1パターンだけの表を作る。

○表の見方
・1行目(局収支)…通常副露者の副露数

・1行目(半荘収支・段位pt)…点棒状況。
「トンパツ」は残り局数8で全員原点
「南1・4万・トップ」は40000・30000・20000・10000の並び
「南1・平ら」は残り局数4で全員原点
「南1・1万・ラス目」は10000・40000・30000・20000の並び

・2行目…巡目
「序」は5巡目
「中」は9巡目
「終」は14巡目
巡目は対1軒リーチと同様に戻した。

・1列目…待ちの強さ
両面25,58は赤受けを考慮する。それ以外は赤受けもドラ受けもないものとする。

待ちの種類は7種類で、面前聴牌VS1軒リーチの時と同様の分類にしてます。

・2列目…打点
リーチロン時(一発裏ドラの影響の前)の打点

・3列目…初手に切る牌

・マス目の中の数字…「押し時収支」-「降り時収支」の値
単位は半荘収支・段位ptとも1pt
局収支は1点。

・マス目の色分け…「押し時収支」-「降り時収支」の値の評価
色が濃い赤に近いほど数値のプラスが大きく押し寄り、濃い青に近いほどマイナスが大きく降り寄りの判断。

○ほかのシミュレーションの仮定
・自分南家、副露者対面(北家)
・上家、下家は非リーチ面前
・降り時現物数2個
・自手赤ドラ数0
・自分の降り時聴牌復帰・上がりの可能性は0とする
・副露者は赤入りの仕掛けではない。(確定赤ドラ数0)

↓局収支
160418-01.png

↓半荘収支
160418-02.png

↓段位pt
160418-03.png

さすがにこっちが聴牌(しかも面前リーチ)で、相手は聴牌かどうか不確定なので、かなりの大差で押し有利のところがほとんどです。
染め副露の時との比較は余りなしの時が割と近い数値になってます。
染め副露(余りなし)は通常副露より打点が高いことが多いけれど、聴牌率は低いというのを考えれば妥当なところかと思います。

聴牌率について使用したパラメータはこちらです。
160418-04.png
これは初期状態でテンパイしている確率です。一番右の「リーチ直後」の数値です。
不聴者については鳴き発生率とかチーテンポンテン率とか1順当たり聴牌化確率とかに従って聴牌状態に変化するわけですが、そのパラメータは省略します。

9巡目の1副露が聴牌率25%、2副露が聴牌率49%、3副露が聴牌率84%。

後は、特に早い巡目だとベタ降り時放銃率が結構高い(6%程度)のは特徴的です。
対リーチとは違って、現段階でテンパイでない確率が相当数あり、長期戦になることが往々にして起こり得るので、早々に降りを決め込んでしまうと、現物の枚数が足りなくなって実際に危険度の高くなる終盤で危険牌を切る羽目になるということを反映してるんだろうなぁと思います。


結構シミュレーションに時間かかって手間取ってる。次は対通常副露の自分親のケースです。
副露一向聴VS染め副露の押し引き(子VS親)
今日は自分が副露一向聴に対し、染め副露者が一人いるときの押し引きを見ていきます。(相手が親)

表の見方や仮定は前回(副露一向聴VS染め副露の押し引き(子VS子))とほぼ同じです。

↓局収支
160413-01.png

↓半荘収支
160413-02.png

↓段位pt
160413-03.png

↓中途半端押し戦略でどこまで押すか%
160413-04.png

特段、今日の表で言うことはないですかねー。
いつも通り子VS子よりちょっと引き気味で、
面前一向聴との比較だと高打点がより押せて、低打点は似たり寄ったり。
段位戦で負けていて低打点(1000点や2000点)だと面前時以上に安くて上がっても順位に響かないのでかなり降り寄りになるっぽい、というくらい。

後は受け入れが染め色と同色か他色かで和了率がどの程度違うか見てみると、
両面両面一向聴・初手ランダム・10%以下押し・10巡目・のみ手で、
受け入れが全部他色 24%
受け入れが全部同色 17%

うーん、やっぱりけっこう違いますねぇ。局収支でも150点違うのでそこそこの影響にはなりそう。(もちろんより高打点では影響はさらに大きくなる。)
この要素を完全無視したのは失策だったかしら。

ひとまずこれで対染め副露が終わり。
次はドラポンかな。
副露一向聴VS染め副露の押し引き(親VS子)
今日は自分が副露一向聴に対し、染め副露者が一人いるときの押し引きを見ていきます。(自分が親)

表の見方や仮定は前回(副露一向聴VS染め副露の押し引き(子VS子))とほぼ同じです。

↓局収支
160412-01.png

↓半荘収支
160412-02.png

↓段位pt
160412-03.png

↓中途半端押し戦略でどこまで押すか%
160412-04.png

局収支で前回の子VS子と比べると、今までほど親だから超押せるとかではなさそうです。そこそこ押せる程度のように見えます。のみ手で+200点、3ハンで+800点とか。(子VS子の時との比較で。)

面前一向聴との比較だとあまり大差なさそう。鳴けるメリットより、純粋に打点の大きさが違ってて、面前時から安くなるのが数値に出てきやすいとかそういうことだろうか。

半荘収支・段位ptだと、まず負けてる時はほぼ全押しになってます。一向聴からの攻めでけっこう分が悪いとはいえ、親番を落としたら順位の向上が見込みにくくなるということなんでしょう。
逆に勝ってる時は子VS子と比べてやや押せる範囲が広くなったくらいで、大きく変わってるということはなさそうです。

今日はこんなところで。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード