*All archives* |  *Admin*

<<02  2016/03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
16年3月成績
四麻に戻ってきてから1か月。
57戦で、12-14-17-14。
ちょっと負け。六段配分でこの成績はつらい。
特に直近の6試合が3位3回ラス3回でちょっと泣きそう。
良形でリーチかけてもツモれませんっ。
スポンサーサイト
染め手まわりの雑多なこと
今やってるのは対染め手の押し引きですが、いろいろと雑多なことがでてきたのでそれを消化しておきます。

その1・副露聴牌VS染め手の同色待ち他色待ちの実測値チェック

シミュレーションでは染め色と同色待ちor他色待ちで和了率で10%差がでてくる、といったことを前のどこかで話をしました。
それが正しいのか、実測値の方も取ってチェックしておきます。

実測値の取り方は
・自分が副露聴牌している。
・相手一人が染め副露している(聴牌かどうかは不明。副露数余りあるなしについても不問。)
・他二人は非リーチ面前
・自分の初手がロンされなかった条件下

この条件で実測の和了率を取ったものが↓
160330-05.png
他色待ちと同色待ちの間でほぼ10%の差。よしよし。問題なさそう。


その2・染め副露者の聴牌率
前回の四麻押し引き本出版会議の時に染め副露者の聴牌率(副露数別・余りあるなし別)のデータを出したのですが、
その聴牌率が他のリーチ者については不問としていたデータだった。(たぶん、ブログに載せたのは昨年10~12月あたりで結構前。ちょっと忘れた。)
あわててパラメータ表を確認したところ、ちゃんとリーチ者の有無で分けてるのを使ってた。あぁ、よかった。
パラメータ表からの抜粋が↓(リーチ者の有無と染め副露者が切ってる無筋と現物の枚数別の聴牌率)
160330-06.png
リーチ者不問と比べてリーチ者なしの聴牌率は
3副露余りなし・8%UP
1副露余りあり・4%UP
2副露余りあり・2%UP
他は同じくらい。

この表を見ての他の感想はリーチ者に対して無筋を2枚以上切ってる染め副露者はやばい(聴牌率高い)、無筋0枚現物2枚以上の染め副露者はそれほどでもない、というところか。
2副露余りあり10巡目で聴牌率82%と14%だから天地の差がある。


その3・親の連荘時利益について

これは意外と深刻かもしれない。
今までシミュレーションで局収支を計算するときに、自分が親番で連荘した場合に、連荘時利益として「科学する麻雀」の記述を信じて+650点を加えていたのですが、これがそうでもないんじゃないかという疑惑が浮上しました。

今日の押し引き表を作ってる時に出てきたデータの一つがこちら(自分親・初手染め色非晒456・のみ手・三面張(同色待ち)・VS2副露余りあり・トンパツ・100%以下押し)
160330-07.png
10列目の局期待値(連荘時利益+650点あり)だと、ほぼ0付近になってるのですが、半荘収支・平均順位・段位pt・順位分布のどれもが初期値(0ptとか平均順位2.50とか各順位率25%とか)よりも悪くなってます。これを見てなんでやねーん、と声が出そうになりました。
試しに連荘時利益がない局収支(最後の列)と比較してみるとこっちの方が平均順位とかとの整合性的に合ってそうです。(16巡目以前だと局収支マイナス、平均順位も初期値より悪い、17,18巡目が局収支プラス、平均順位も初期値よりいい。)
まだこれ1個しか見てないので、即断はできませんが、連荘時利益のところを外した方がいいんじゃないかと思い始めました。
少なくとも選択制にするとか。
すると、今までの押し引き表がなんだったんだーということになってきちゃいます。連荘率5割なら局収支に300点くらいの影響がありますし。
まぁ、半荘収支や段位ptでの結論は変わらないですし、局収支のところも自分親ならかなりのところが300点以上差になってるので、思ったほどの影響は出なさそうですが、ちょっとへこむ…。
もうちょっと要検証です。
副露聴牌VS染め副露の押し引き(親VS子)
今日は自分が副露聴牌に対し、染め副露者が一人いるときの押し引きを見ていきます。(自分が親)

表の見方や仮定等は前回(副露聴牌VS染め副露の押し引き(子VS子))と同じです。

↓局収支
160330-01.png

↓半荘収支
160330-02.png

↓段位pt
160330-03.png

↓中途半端押し戦略でどこまで押すか%
160330-04.png

子VS子のケースをだいぶ押し寄りにした感じで、今までの傾向と似たようなものです。

・愚形のみ手で勝ってる時は子のときとほぼ同等か、むしろちょっと数値が悪いまである。
降りれば確実に1局消化できるからということでしょうか。

・愚形のみ手で負けてる時は子のときよりかなり押し寄り。
連荘のために、安手の上がりの価値がそこまで下がらないということだと思います。(局が消化しない上にもう一回高得点のチャンスがある親番ができる。)

・点棒状況判断による結果への影響は副露聴牌VS1軒リーチと同程度。
むしろ、子VS子でほとんど点棒状況判断が意味なかった方が異常だったのだと思います。
…と思って今副露聴牌VS1軒リーチの子VS子の表を見たら、こっちもあまり点棒状況判断の影響がなさそうだった。
ということは子VS子も親VS子もVS1軒リーチの時と傾向は似たようなもの、ということで片付きそう。(特段、VS染め手による特殊事情があるということではなさそう。)

傾向が違うのはこのくらいでしょうか

後は残ってる子VS親ですね。
副露聴牌VS染め副露の押し引き(子VS子)
今日は自分が副露聴牌に対し、染め副露者が一人いるときの押し引きを見ていきます。(自分も相手も子)

○表の見方
・1行目(局収支)…染め副露者の副露数と染め色余ってるか

・1行目(半荘収支・段位pt)…点棒状況。
「トンパツ」は残り局数8で全員原点
「南1・4万・トップ」は40000・30000・20000・10000の並び
「南1・平ら」は残り局数4で全員原点
「南1・1万・ラス目」は10000・40000・30000・20000の並び

・2行目…巡目
「序」は6巡目
「中」は10巡目
「終」は14巡目

・1列目…待ちの強さ
「三面張」「両面25,58」「無筋カン37」については染め色と同色or他色の2パターンのシミュレーションを行った。
「字牌シャボ」については染め色と同色の1パターンのみをやった。(上がるときは字牌の方が多いので、シャボの片割れが同色か他色かはそこまで影響大きくないと考えられるため。)

両面25,58は赤受けを考慮する。それ以外は赤受けもドラ受けもないものとする。

・2列目…打点
リーチロン時(一発裏ドラの影響の前)の打点

・3列目…初手に切る牌
「染め色・非晒」とは、染め色の数牌で、鳴きで晒されてる部分以外の牌を表すこととする。(1mの場合、123mチーや1mポンは入っていない。)
目安として「2枚見え字牌」の危険度は5%、「染め色・非晒19」の危険度は10%、「染め色・非晒456」の危険度は17%。

・マス目の中の数字…「押し時収支」-「降り時収支」の値
単位は半荘収支・段位ptとも1pt
局収支は1点。

・マス目の色分け…「押し時収支」-「降り時収支」の値の評価
色が濃い赤に近いほど数値のプラスが大きく押し寄り、濃い青に近いほどマイナスが大きく降り寄りの判断。

○ほかのシミュレーションの仮定
・自分南家、染め副露者対面(北家)
・上家、下家は非リーチ面前
・降り時現物数4個(対染め手なので、安牌は十分あり、降り切れるものとする。ただし、ダマへの放銃や、他家リーチが途中で入って安牌が減る、といった影響は考慮する。)
・自分副露数1
・自手赤ドラ数0
・自分の降り時聴牌復帰・上がりの可能性は0とする
・染め副露者は染め色の赤確定の仕掛けではないが、染め色の赤は使える可能性があるものとする。
・中途半端押し戦略を採用する。
・変化や聴牌復帰等は考慮しない。(入れるの忘れてた。まぁそんなに影響は大きくないだろう。)

表の見方とかはだいたい前の面前聴牌VS染め副露と一緒です。

↓局収支
160328-01.png

↓半荘収支
160328-02.png

↓段位pt
160328-03.png

↓中途半端押し戦略でどこまで押すか%
160328-04.png

自分は聴牌で、相手がリーチより圧の弱い染め副露なので、だいたいのところが100%以下押しないしは15%以下押しになってます。
また、今回は100%以下押しも15%以下押しも大差がありません。(聴牌不確定の分、危険度15%以上にあたる牌が少ないため。3副露余りありの終盤生牌字牌とか追いかけリーチ発生時の終盤両無筋456くらい。)
なので中途半端押し戦略の影響はさほどなさそうです。

・安手は面前時より若干降り寄り
おそらく相手が副露者で、リーチ棒収入が得られないためと思われます。(1000点が2000点になるのは大きい。)
とはいえ、微差なのでおおむね面前時と同等の判断でいいと思われます。愚形のみ手(同色待ち)の初手危険牌で微妙、他は大体押し有利で。

・ラス目時ののみ手は押しにくい。
今まではラス目なら局収支の結果よりも押し有利になることが多かったですが、今回は逆にのみ手だと微妙の範囲が広くなってます。おそらく供託棒なしの1000点を上がったところで、あまり順位向上の影響が大きくないためと思われます。(後は3着目が親番の仮定なので、被ツモで親かぶりとか、万が一の親から染め副露者への横移動とかのほうが1000点上がりよりも逆転確率が上がるとか。)
なので、点差の離れたラス目で安手の仕掛けをすること自体があまり有効でないということでしょうか。
自分の点数が高いほど劇的に押しやすくなるのは今までと同じ傾向なので、多少遅くても面前で高い手を作りに行くのが有効なんだろうなぁと推測されます。

・点棒に余裕があってもそこまで局収支ベースと判断は変わらない。
これは面前時とだいたい一緒です。


後は同色待ち他色待ちの関係についてもチェックしておきます。
160328-05.png
このグラフは待ち別の上がり率(シミュレーションによる。初手は他色無筋)です。
面前時は5%差だったのが、副露時は10%差に開いています。
これはけっこう大きい差です。
おそらく他色待ちでリーチなら染め副露者・非リーチ面前者とも止まる牌でも、副露なら両者から相当こぼれやすいということなんだと思います。(同色待ちならリーチだろうが、副露聴牌だろうが、染め色は警戒される反面)
実測は取るのは忘れたけど、てきとうに暇を見つけてチェックしておこうか。


次は自分親のケースですね。
16/03/27の実戦譜の期待段位ptのグラフ化
ののみやさんからおもしろい問題提起があったので、便乗してみました。

それは将棋ソフトの評価値グラフみたいに、麻雀においても点棒状況から順位期待値の推移グラフが作れないかというもの。

1個1個の局面ごとに平均順位等の数値はシミュレーションできますが、グラフを自動で描画するところまでは行ってません。
とはいえ、そういうグラフが作れたら楽しそうなので、1個牌譜を持ってきて、その途中でどういう段位ptの変動してるかを調べてみます。(手作業で。)

今回調べた、直近の試合はこちら
http://tenhou.net/0/?log=2016032713gm-0029-0000-9dd52c08&tw=1

打ち筋がど下手なのはご容赦ください。

それでこの試合の点棒の推移と期待段位ptの数値がこちら。
(なお、シミュレーションでは現局部分を全員聴牌or全員不聴で流局扱いにしてから、次局以降部分を回しているので、積み棒の計算が合ってない部分がある。たぶんそんなに影響は大きくないと思う。)
160327-01.png
南1まではラス回避は固いと思ったけど、猛追を食らって結局ラス。
結果的には5800放銃と3900放銃が致命傷になってしまったな…。

これの段位ptのところをグラフ化したのがこちら。
160327-02.png

最初の5800放銃で、30ptも損してる。勝負形でもなかったところからこの損失は大きい。
次の3900と5800の和了でそれぞれ25ptを取り返した格好。この時点では微差トップ目で段位ptプラス。
その後は被ツモとか横移動とかでじりじり点棒と段位ptを吐き出していく。
南2の3900放銃は親番も落として痛かったけど、段位pt的には10ptの損失で済んでる。この時点ではラス率10%。それでもけっこうラス率あるのね…。暫定2着目なのに。
南3のラス目からの跳ツモで一気に雲行きが怪しくなる。ここで20ptの損失。3着に落ちてラス率も19%へ急上昇。ここでのリーツモチートイ裏裏が痛かったなー。ここが1600・3200で済んでたらオーラスはかなり楽だったのだが。
南4でラス目の1300・2600条件をぴったり決められて100ptの損失。がっくし。親の仕掛けに愚形残り一向聴からは絶対打てないと思ったので、早々と降りに回ってしまいましたが、それがラス目の逆転手を生んでしまったと。この局は降りのタイミングはともかく、降り方もおかしかったし。

これだけ見ると麻雀はオーラス勝負という気がしてくる。まぁ1試合しか見てないので即断するのは危険すぎますが。

けっこうグラフ作ってて面白かったです。こういうのが自動でできたらたぶん実況向きにもなると思います。
今後も牌譜検討するときは(最近あんまりやってませんが。)、同様のグラフを作って一人でニヤニヤして遊びましょうか。
一向聴VS1軒リーチと誤差見直し
ちょっと前にやった一向聴VS1軒リーチについて。

あまりにも薄橙・薄青のところが多くて、「微妙なのでわからない」の範囲が広すぎるので、誤差を縮めることを検討します。

中途半端押し戦略のうち、「0%以下押し」「5%以下押し」のところは、
ほとんど最初の1牌だけ押して次は押さない戦略なので、最初からベタ降りと変わらないと思われるので、
その部分については誤差が縮められるんじゃないかという話を前に(面前一向聴VS1軒リーチの押し引き(親VS子))しました。
その時は「0%以下押し」「5%以下押し」だけ誤差を縮めるので、「10%以下押し」等との間に見た目に大きな差が生じそうなので、やめておいたのですが、まぁ一応作るだけ作ってみるかと思いました。

その結果が↓

面前一向聴VS1軒リーチ
160325-01.png

副露一向聴VS1軒リーチ
160325-02.png

「0%以下押し」と「5%以下押し」のところを太字にして、色塗りのボーダーラインを下げました。
(一言で言ったけど、エクセルの仕様的に意外と手間取った。)

表を眺めてみると、色塗りがくっきり浮き出てきてて、一応の結論らしきものは出せる部分が多いのかなぁと。
例えば初手両無筋456は青色が多くて全般的にやばそうだ、とか
愚形残りは押せそうにないなぁとか。

ただ、やっぱり誤差を縮めたところ(太字部分)とそのままのところ(通常のフォント)のダブルスタンダード(二重基準)になってるのは美しくないし、見ている人にとっては分かりにくいだろうなぁとは思います。

どちらがいいかはいまだによくわかりません。
面前聴牌VS染め副露の押し引き(子VS親)
今日は面前聴牌VS染め副露で、自分が親のケースを見ていきます。

表の見方や仮定は前回(面前聴牌VS染め副露の押し引き(子VS子))と同じです。

↓局収支(副露数余りあるなし別)
160324-01.png

↓半荘収支(2副露余りあり固定で、点棒状況別)
160324-02.png

↓段位pt(2副露余りあり固定で、点棒状況別)
160324-03.png

子VS子をちょっと降り寄りにずらしたような感じで、前まで(対リーチの時)と似たような感じです。
愚形のみ手とか愚形で点棒に余裕があるとかでない限りは大体は聴牌からは押した方がいいという結果です。

ここまでの結果は単純にリーチした場合と降りた場合の収支の差を比べているので、
聴牌は取るけどダマにする、みたいなのはまた別途比較する必要があります。
そこらへんは今までの結果からてきとうに見繕ってください。
ドラの種類とか捨て牌の濃さ(実際に手牌が染まってる確率)も打点にかかわってくるとは思いますが、局収支±2~400点くらいも目安にてきとうに補正してください。(超投げやり)

これで面前聴牌VS染め副露が終わり。次は副露聴牌VS染め副露か。

残ってる押し引き表の作業を書き出してみると、
副露聴牌VS染め副露(多分1週間ちょっとかかる。)
一向聴VS染め副露(面前と副露があるので、2週間くらい?)
VSドラポン(染め副露と同程度の時間がかかりそうだから1か月+αくらい?)
VS一般副露(これも1か月+αくらい?)
面前一向聴と副露聴牌比較(作業量はよくわからん。凝りだすといろいろ場合分けがありそうだが。)

少なくとも3か月分はありそうだ。
面前聴牌VS染め副露の押し引き(親VS子)
今日は面前聴牌VS染め副露で、自分が親のケースを見ていきます。

表の見方や仮定は前回(面前聴牌VS染め副露の押し引き(子VS子))と同じです。

↓局収支(副露数余りあるなし別)
160322-01.png

↓半荘収支(2副露余りあり固定で、点棒状況別)
160322-02.png

↓段位pt(2副露余りあり固定で、点棒状況別)
160322-03.png

局収支については全部赤色で、押し有利という風になっています。
自分が親番かつ、リーチよりも圧力が弱い染め副露ということなので、こんなところに落ち着くのでしょう。
面白味はあまりありませんが。

ちょっと面白いのは段位戦・南1・4万・トップ・愚形のみ手のところ。
子の時と比べて、ほとんど変わりないか、むしろ若干数値が下回ってるまであります。(降り寄りになっている。)
おそらく、
・降りれば確実に1局消費できる。
・子VS子の時に勝負に参加しないで局面を長期化させると親リーチを誘発してかえって収支が悪化する可能性があるけど、自分親ならそれがない。
といったことだろうと思われます。


次は染め副露者が親のケースですね。
面前聴牌VS染め副露の押し引き(子VS子)
今日は自分が面前聴牌に対し、染め副露者が一人いるときの押し引きを見ていきます。(自分も相手も子)

対リーチの時とは違って、副露数と染め色余ってるかどうかで見ないといけないので、分類の数が1個増えます。
全部やってたら膨大な量になってしまうので、次のようにやっていくことにしました。
・局収支については1副露余りなし・2副露余りなし・2副露余りあり・3副露余りありの4パターンに分けて別表を作る。
・半荘収支と段位ptについては2副露余りありの1パターンだけの表を作る。

○表の見方
・1行目(局収支)…染め副露者の副露数と染め色余ってるか

・1行目(半荘収支・段位pt)…点棒状況。
「トンパツ」は残り局数8で全員原点
「南1・4万・トップ」は40000・30000・20000・10000の並び
「南1・平ら」は残り局数4で全員原点
「南1・1万・ラス目」は10000・40000・30000・20000の並び

・2行目…巡目
「序」は6巡目
「中」は10巡目
「終」は14巡目
シミュレーションの都合上、序順と中順の巡目を1つ後ろにずらしました。(6巡目以降で染め副露を判断するため、5巡目以前のパラメータが存在しないため。)

・1列目…待ちの強さ
「三面張」「両面25,58」「無筋カン37」については染め色と同色or他色の2パターンのシミュレーションを行った。
「字牌シャボ」については染め色と同色の1パターンのみをやった。(上がるときは字牌の方が多いので、シャボの片割れが同色か他色かはそこまで影響大きくないと考えられるため。)

両面25,58は赤受けを考慮する。それ以外は赤受けもドラ受けもないものとする。

・2列目…打点
リーチロン時(一発裏ドラの影響の前)の打点

・3列目…初手に切る牌
「染め色・非晒」とは、染め色の数牌で、鳴きで晒されてる部分以外の牌を表すこととする。(1mの場合、123mチーや1mポンは入っていない。)
目安として「2枚見え字牌」の危険度は5%、「染め色・非晒19」の危険度は10%、「染め色・非晒456」の危険度は17%。

・マス目の中の数字…「押し時収支」-「降り時収支」の値
単位は半荘収支・段位ptとも1pt
局収支は1点。

・マス目の色分け…「押し時収支」-「降り時収支」の値の評価
色が濃い赤に近いほど数値のプラスが大きく押し寄り、濃い青に近いほどマイナスが大きく降り寄りの判断。

○ほかのシミュレーションの仮定
・自分南家、染め副露者対面(北家)
・上家、下家は非リーチ面前
降り時現物数5個(対染め手なので、安牌は十分あり、降り切れるものとする。ただし、ダマへの放銃や、他家リーチが途中で入って安牌が減る、といった影響は考慮する。)
・自手赤ドラ数0
・自分の降り時聴牌復帰・上がりの可能性は0とする
・染め副露者は染め色の赤確定の仕掛けではないが、染め色の赤は使える可能性があるものとする。

↓局収支
160319-01.png

局収支の表についての分析

・2副露余りありまでなら対1軒リーチよりも押し気味。

聴牌かどうか不確定(終盤2副露余りありの聴牌率70%)であること、
初手染め色非晒456であっても危険度がそこまで高くないこと(聴牌者への危険度が17%で、聴牌率が70%なので、トータルの危険度は12%で、対リーチの両無筋456と大差ない。)、
打点は高いことが多いが、あくまで「染め風仕掛け」であって100%染め手が確定しているわけではないこと(実際に染まってる確率は6~7割。放銃時失点は-6500点あたり(リーチ棒支出含む)。対リーチと比べて著しく高いというわけではない)、
の3点からリーチよりも大幅に押しづらいということはないと見ます。
ただし、ベタ降りが容易で、ベタ降り時局収支がリーチのときより改善してる(-1200点台)ことは留意しておきます。

・3副露余りありで染め色と同色待ちの時が対リーチと同程度。

3副露余りありくらいでようやくリーチと同程度の圧力。それよりも弱い圧力で面前聴牌を崩すことはほとんどないと言えそう。

・2副露余りありと2副露余りなしの間の差は大きいが、1副露余りなしと2副露余りなしの間、2副露余りありと3副露余りありの間の差はそこまで大きくない。

余りのあるなしの方が副露数よりも聴牌率に与える影響が大きいことによる。
また、副露数が多いと、自分の当たり牌を打ってくれる可能性が高まるので、特に自分がいい手の時は多く鳴かれることが単純にデメリットにならないことがある。(全体的には多く鳴かれる方が聴牌率が高くなるので、収支は悪化することが多いが。)

・自分の待ちが染め色と同色か他色かの違いで、和了率で5%程度、局収支で2~400点程度の差が出る。

もちろん他色で待つ方が和了率も局収支もよい。待ちのランクが変動するほどではないが、そこそこの差ではある。

↓半荘収支
160319-02.png

↓段位pt
160319-03.png

点棒状況に関する分析

・対1軒リーチの時よりもルールや点棒状況に依存するところが少ない。

言い換えれば局収支ベースで打てる範囲が広い。
局収支ベースだと大差で押し有利のところが多いためとも考えられるが。

・平場では良形や愚形2600以上はほぼ押し有利で固いのは変わらない。

愚形のみ手でようやく微妙で、降りを考えることもあり得るという程度。


参考までに一番条件の悪い、愚形(同色待ち)のみ手・初手染め色非晒456の時の和了率等の数値を。
160319-04.png
10巡目で和了率29%、放銃率23%、局収支-920点。
ハイリスクではあるが、ベタ降りと比べてもそこまで収支が悪いわけではない。


と、ここまでやってて、喰いタンの時と同様、ドラの種類によって打点って結構変わってくるんじゃね?と思いました。
後は鳴きの晒され方とか。役牌ポンとオタ風ポンでは期待失点は変わってきそう。
仮にドラが染め色で役牌ポンみたいな満貫濃厚仕掛けとすると、放銃時失点は2000点は増えるか。(-5500点から-7500点くらいへ。染めが100%確定ではなく役牌ドラ1の2000点もあり得るけど、染め手ドラ暗刻とかだと跳満もあり得るし、この程度か。)
放銃率は10%~20%の間だから局収支に与える影響は200点~400点マイナス。(ベタ降りの支出も増えるが、ここでは考えないものとする。)

ほとんどのところが赤色(400点以上差)なので、この要素で即、判断が変わることはなさそうだが、愚形のみ手くらい微妙だと判断が変わってきそう。
さすがにさらに1個分類を増やすのはしんどすぎるのでやらないですが、待ちが同色か他色かの違いと同程度の差は出てきそうな感じです。
対リーチ押し引き表(Excel版)
押し引き表のデータをExcelで配布してほしいとの要望があったので、適当に今までのシートをつなぎ合わせてアップロードしておきました。

http://www1.axfc.net/u/3636131

xlsx形式のエクセルファイルが一つ入ってます。(xls形式だと条件付き書式がうまく保存できなかった。)
もし、よろしければどうぞ。

押し引き表のもとにしてるデータの詳細なログもあるけれど、そっちはまぁいいでしょう。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード