FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<10  2015/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
リーチVS染め副露の詳細調査その3とこの後の展望
対染め手をさらにいろいろいじくってみる。

↓は他家の最大攻撃の別(+リーチ直後)の染め副露者の聴牌率。
151111-01.png
リーチ者がいると染め副露者が降りるケースもあるので、聴牌率が低いという結果に。やっぱり一律の聴牌率でまとめちゃうのはまずそうだ。

次は染め副露者が聴牌しているという条件で、副露数余りなしあり別で危険度を取ってみたもの+ランダム牌和了率。
151111-02.png
同じ染め副露聴牌という前提の上で、どの副露数や余りなしありでも放銃率やランダム牌和了率は似たようなものなら全部まとめちゃった方が楽なんですけど、微妙に違うように見えます。
副露数高余りありは字牌の危険度が上がって他色の危険度が下がる、みたいな感じ。
なので、やっぱり別々にした方がよさげな気がします。

ここまでいろいろ調べてきて、現状のシミュレータの雑さ加減がちょっと際立ってきました。

今のところ染め副露に関しては聴牌判定を噛ましてないので、例えばツモ和了判定ならこんな感じ
If (染め副露)Then
 If (0~1乱数)<(染め副露ツモ率)Then
  (染め副露者のツモ和了処理)
 EndIf
EndIf
この染め副露ツモ率は聴牌かどうかは不明のケースの副露数別余りあるなし別のツモ率です。
他のパラメータもほぼ全面的に聴牌かどうかは不明としています。
流局時の聴牌判定のときだけ染め副露聴牌率を使って聴牌不聴の判定をする、みたいな。

これを通常副露と同じように聴牌判定を噛ませた方が状況別の聴牌率の増減に対応しやすいと考えました。
If (染め副露)And (聴牌)Then
 If (0~1乱数)<(染め副露ツモ率2)Then
  (染め副露者のツモ和了処理)
 EndIf
EndIf
染め副露ツモ率2は染めかつ聴牌という条件のツモ和了率(今回の2つ目の表のランダム牌和了率の数値)

となると、染め副露関係のパラメータを通常副露と同様にするために再度パラメータの取り直し&シミュレータの改造が必要になります。
通常副露と同様となると次のようなラインナップになるのかな。
・自手のツモってくる危険牌の区分→聴牌率判定とは無関係なので前までと同じでいい
・自手から染め副露者への放銃率→今日の2枚目の表
・染め副露者ツモ率→今日の2枚目の表
・不聴者から染め副露者へのロン和了率→これからやる(染め副露者の副露数余りあるなし別と放銃者の副露数別)
・チーポン発生率→不聴者に限定して取り直しの必要がある。
・初期聴牌率→切ってる無筋枚数別と現物枚数別にしてやり直す。
・鳴き時聴牌率→初期聴牌率と同じ区分でやる
・ツモによって染め不聴者が聴牌になる確率→新設。(リーチ者有無・無筋現物数別。場合によっては切る牌が染め色余りになる確率にもかかわってくるかも)
・不聴者の切る牌区分→取ってみて通常副露と違うようなら別建てする。
・聴牌崩し率・聴牌復帰率・聴牌復帰時待ち→もう面倒なので、通常副露と同じ(聴牌崩しに関しては3ハン手扱いとする。)でいい

こんなところか。取るパラメータの種類的にはそこまで多くはないけど(たぶん2~3日でいける)、シミュレーションの染め手に関するところほぼ全面書き直しなのがちょっと辛い。
ここまでやってまた実測と合わなかったら泣くしかない。
スポンサーサイト



プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード