FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<08  2015/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
ポンテンチーテン率、副露数別リーチロン率、その他もろもろ
今日のテーマ一つ目。
ポンやチーした他家がその時点でテンパイしている確率。
従前の初期聴牌率のパラメータのときと同様、リーチ者の有無とリーチ者に対して切ってる無筋と現物の数の別で取ります。
150921-01.png

鳳凰卓の基礎パラメータその14
従前のパラメータは↑の記事を参照のこと。

前と比べて聴牌率は微増のところが多いです。
2副露とかの聴牌率中程度のところの影響が大きめでしょうか。

リーチ後に1副露して無筋が切られた時(無筋数1以上)は聴牌率は5割程度はあってそれなりに大変ですが、
リーチ後の1副露で無筋が切られてない時は聴牌率は2割とか3割程度でそこまででもないです。

次に副露不聴者の副露数別のリーチロン率を見ようと思ったけど、重大なバグが発覚。
(前巡ノーテンだった人が今の巡目でテンパイしたケースが副露不聴扱いになっていた。)
さすがにこれはまずいので、大元の巡目別待ち種別のリーチロン率から取り直しをします。

なお、0副露非リーチ者についてはシミュレーションでも常に不聴扱いしてる(ダマ和了判定はあるけど。)ので、
今回の取り直しでも0副露非リーチなら全部不聴者からのリーチロンの数に入れることにします。
150921-02.png

鳳凰卓の基礎パラメータその17
従前のパラメータは↑の記事を参照のこと。

もろに影響を受けたのが三面張、両面、無筋愚形待ち。1,2割くらいリーチロン率が下がった。
逆に筋待ちや字牌系統はそこまで変わってない。

データ数がそこまで大きく減っているわけでなく、ここ以外はそこまで影響が大きそうでないので、ドラ補正とか枚数補正のパラメータは前のままにしておきます。

それで、本題の副露不聴者の副露数別のリーチロン率。
データ量がそんなに確保できなかったので、巡目別でとるのはやめて、待ち種と副露数別だけにして、ドラ補正とか枚数補正と同じようにあとから掛け算して補正するような形式にしておきます。
150921-03.png
1副露までだとそこまで影響は大きくない(とはいえ、0副露と比べて1割くらいは違う。)けど、2副露とかになると通常時より放銃率1.5倍とかなり強烈です。
さすがにこれを今まで無視してきたのはまずすぎましたね。

今日取ったパラメータをこれからシミュレーションに入れる作業です。
とりあえずここまでで改善案はすべて出尽くしたので、もう一回他家面前不動のリーチをシミュレーションしてみて、合うかどうかを調べてみます。
リーチロン率と枚数補正と筋待ち
リーチロン率の枚数補正のパラメータについて、今までは筋待ちも無筋待ちも一緒くたにしてたのですが、
さすがに違和感があるので、筋と片無筋と両無筋を分けます。
150920-01.png
シャボ待ちについては
・字牌含みの場合、待ちが両方字牌もしくは片方の数牌が筋のとき両筋、片方の数牌が片無筋のとき片無筋、片方の数牌が両無筋のとき両無筋に分類する。
・19含み、タンヤオ牌含みのとき、待ちのどちらかが筋のとき両筋、両方筋でなくどちらかが片無筋のとき片無筋、両方とも両無筋のとき両無筋に分類する。

筋かどうかで分けてみたものの補正の倍率はさほど変わらないですね。
筋だろうが無筋だろうが3枚残りと4枚残りカンチャンはさほど差はない。(これはあんまりうれしくない。)
ツモ率と枚数補正と巡目
残り枚数が違う時のツモ率はもとになるツモ率(巡目、待ち種別)に枚数補正をかける感じにしてます。
従前の枚数補正は下のような数値。
150919-01.png
これはすべての巡目についてサンプル数で重みをつけた重みつき平均をとってるわけなのですが、
一般にツモ率は順目が深くなるほど高くなり、残り枚数が少ない(切れてる枚数が多い)ところは巡目が深いところが多いという特徴があります。
なので、見た目(全サンプルの平均)のツモ率は枚数が少ないところが数値多めになることになり、
同じ巡目で比べようとするともう少しこれよりツモ率に差が出ます。

今回は6~12巡目のそれぞれのツモ率を単純平均したもの(重みつきでない)でツモ率の比を見ることにします。
これなら巡目が違う影響はかなりなくなるはずです。
(三面張とか両面の残り1枚とかはデータ数がなく、巡目別で見るとかなり厳しいが、そこは気合いでごまかす。)
150919-02.png
両面、三面張はさほど変わらないけれど、シャボ、カンチャン、単騎はけっこう違う。
枚数の違いによるツモ率の差が拡大したと言えます。

こちらの都合だとカンチャンのツモ率の差が拡大するのは和了率でも差がつきやすいので歓迎なのですが、
単騎は微妙。現状でかなり合っているので、あんまりここのパラメータは変わってほしくない。
字牌単騎の巡目別のツモ率を見ると2枚残りとかで巡目が深くなることによるツモ率上昇の効果が他より高そう。

さっきは6~12巡目に限定したけど、13巡目以降もサンプル数はそれなりにあるので、そこを排除する必要はないか。

150919-03.png
シャボと単騎は最初の方に近くて、カンチャンはやや差は縮小したけど、最初のよりは拡大している。
うん、こっちの方がよさげだな。こっち採用で。
他家面前不動時リーチの放銃先、ロン和了の相手の状態
他家3人面前不動での両面リーチでロン和了率とか放銃率が微妙にずれてるので、もう少し詳しく分析してみます。
150918-01.png
↑は放銃時に放銃した相手がリーチであるか、0副露~4副露であるかのそれぞれの確率。
上が実測、下がシミュレーション。

全体の放銃率はシミュレーションの方が低め。
個別のところを見ると、
・対リーチ放銃は似たようなもの
・対0副露放銃はシミュレーションの方がやや高めか。
・対1副露以上放銃はシミュレーションの方がけっこう低め。

以上のことから、
副露聴牌を過小に見積もってる可能性が高い、と思われます。

ポンチー発生率が違う可能性は捨てきれないけど、すでに先制リーチからの経過巡目を考慮するようにしてるので、これ以上の改善案はないです。
思いついてる中でありそうなのが、リーチ後に鳴きが入った場合の聴牌率について。
ポンチーが発生した時の聴牌率については現状「初期聴牌率」のパラメータを使っているけれど、
このパラメータだとポンチーがいつ起こったかは勘案されてなくて、リーチ前に鳴きが入ってその後降りたケースも入ってるので、
ポンテンチーテンを別のパラメータを立てた方がいいんじゃないかという考え。
とりあえずこれは見ておいた方がいいです。

150918-02.png
次にロン和了の細かい分析。
放銃した人の状態(リーチ、0~4副露聴牌、0~4副露不聴)を調べます。
さっきと同じで上が実測、下がシミュレーションです。

全体のロン和了率はシミュレーションの方が高い。
シミュレーションの0副露は聴牌と不聴の判定を噛ましてないので、全部不聴の方に行っちゃうのでそこは合算するものとして、
・リーチ者からのロンは若干シミュレーションの方が低いが、似たようなもの
・非リーチ0副露者からのロンはかなりシミュレーションの方が高い。
・1副露以上からのロンはシミュレーションの方が低い。
・1副露以上からのロンのうち、放銃者がテンパイしてる割合はシミュレーションの方が低い。

これらから言えそうなのは放銃先の分析での2つの論点に加え、
・同じ「不聴」でも0副露者が振る確率より3副露者が振る確率の方が高い、というのがシミュレーションでは入っていない。
ということか。

これからやることリスト
・枚数補正のところをとりあえず筋と片無筋と両無筋に分ける。
・ツモ率の枚数補正を同じ巡目に合わせておく。
・チーテンポンテン聴牌率のパラメータの取得およびシミュレーションへの反映
・不聴者からのロン率について、副露数に応じた補正をかける。

こんなところか。
これだけやって実測とシミュレーションが合ってくれればいいなぁ。
他家面前不動(先制)リーチの実測値とシミュレーションの比較その2
9月14日の記事に載せたのはあまりにも和了率が実測とシミュレーションで違いすぎる。

シャボ待ちとか単騎で10%違うのはいくらなんでもあんまり。
おそらく実測の方が合っていて、シミュレーションの方に問題がある。

和了時ツモ割合から、ロン和了に問題がありそう。(ツモ和了率は似たようなものだが、ロン和了率のところで差が出ている。)
なので、(ノーテン者からの)リーチロン率のところを見ると、算出は次のようになっていました。

1.巡目別待ちの種類別ロン和了率
2.ドラ補正
3.枚数補正
4.二人以上リーチ補正
5.切る牌種類別補正

1番がもとになるロン和了率、2番と4番は今回関係ない、3番はちょっとパラメータの値が気に食わない(0枚見えと1枚見えの出上がり率がほとんど変わらない)けど、今のところはしょうがない。

今回問題だと思ったのは5番目。
非リーチ面前者と副露不聴者について、それまでの挙動(副露数、切ってる無筋数、切ってる現物数)から無筋を切る場合、現物を切る場合、その他を切る場合と分けて、
現物を切った時はロン率0倍、その他を切った時は1.7倍、無筋を切った場合は2.8倍みたいな補正をかけていたのですが、
どうもこの部分が悪さをしてるような気がしました。補正してる倍率がでかくてかなり影響が大きそうだったので。

というわけで、5番目の補正を思い切ってばっさりカットしてシミュレーションをやり直してみました。

jissokuVSsimyu2.txt
結果は↑のような感じ。

和了率は一律で上がってる感じ。
シャボと単騎はかなり合致しているが、そのかわり、両面とカンチャンがちょっとずれている印象。
和了時ツモ割合的には前回より今回の方が合っていそうなので、まだ今回の方が信用できそう。
下手に気を回すより単純化した方がいいのかもしれない。

とはいえ、両面とかカンチャンの和了率がずれてるのはまだ残ってるし、愚形時の他家被和了率(放銃・被ツモ・横移動)が若干下目に出てるのも気になる。


今後の手直し予定
・枚数補正のところをとりあえず筋と片無筋と両無筋に分ける。
・ツモ率の枚数補正を同じ巡目に合わせておく。
・放銃時の相手の状態とかロン和了時の相手の状態とかを分析して他家の攻撃具合がどこか過小になってないかを調べる。(今のところ副露した場合の聴牌率が過小になってるんじゃないかという疑惑を持ってる。)
・今回カットした5番目の補正について。待ちの種類別に分けるとかもうちょっとまともにして反映できないか。ただ複雑化させると訳が分からなくなって収拾がつかなくなる可能性もあるから微妙かな…

今のところ両面とかカンチャンの和了率のずれを解消できる見込みはたっていない。しばらく考えとく。
鳳凰卓戦績メモ15/09前半
鳳凰卓で1か月経過。
なんとか無事に生還。

今月前半は4-10-6-5で平均順位2.48
まずまずか。

通算だと11-13-13-14で平均順位2.59で若干の負け越し。
ここからもふんばりどころか。
他家面前不動(先制)リーチの実測値とシミュレーションの比較
自分が先制(他家3人が面前非リーチの状態)のリーチについて、
自分の待ちをいろいろ変えてみて和了率などの数値がどうなるか、
実測値とシミュレーションを比較します。

シミュレーションの仮定は
・自分南家の面前聴牌(のみ手)
・他家3人は非リーチ面前

このくらい。
先制なら設定する項目は少なくて済む。

かなり量が多めなので、テキストファイルにしておきました。
jissokuVSsimyu.txt
左側が実測値、右側がシミュレーションの値。
実測値は和了時一発割合をとってくるのを忘れたので入ってないです。

・両面
和了時ツモ割合がちょっと違う以外はかなり合致している。

・カンチャン(無筋)
和了率がシミュレーションの方がちょっと低めの傾向。(2%くらい?)
和了時ツモ割合がシミュレーションの方がかなり高い。
他家被和了率がシミュレーションの方がちょっと低め。

・カンチャン(筋)
和了率がシミュレーションの方がけっこう低めの傾向。(4%くらい?)
和了時ツモ割合がシミュレーションの方がかなり高い。
他家被和了率がシミュレーションの方がちょっと低め。

・シャボ
和了率がシミュレーションの方がけっこう低めの傾向。(4%くらい?)
和了時ツモ割合がシミュレーションの方がかなり高い。

・単騎
19とか字牌の和了率がシミュレーションの方がだいぶ低い。(6%とか10%とかいうレベルで。)


待ちによって合致具合がかなり違うのが気がかり。
今のところ実測の集計が間違ってるのか、シミュレーションの方が間違っているのかはちょっと判断付きかねる。
直観では字牌待ちの実測値の方が数値高すぎな感じに思えるけど。
しかし、字牌待ちだけ集計にバグがあるというのも不自然だしなぁ。

和了率が全然違うところは和了時ツモ割合が全然違う風になっている。
シミュレーション側に問題があるとするなら他家からの出上がりだと思う。
全体的にツモ割合がシミュレーションの方が高めで、他家被和了率が低めになってるので、
他家からの攻撃を過小に見積もってる可能性はある。(攻撃が過小ならば危険牌が打たれてロン和了のケースや他家への放銃が減る。)
ちょっとパラメータ見直してみようか。

実測とシミュレーションが数%の単位で違ってくるのはちょっといただけないので、なんとか修正したいが、今後の方針がちょっとたてづらいです。
枚数に関するいろいろなデータ
残り枚数にまつわる数値で思いつくものを集計してみます。
150907-01.png
ツモに関する諸データ。(リーチと副露聴牌両方とも入れてます。)
カンチャンペンチャンの37待ちについて。リーチ者or副露聴牌者からみて見えてない上がり牌の枚数別。

一番上は実際のツモ和了率。
分母がリーチor副露聴牌者のツモ番の回数、分子がそのうち上がり牌をツモった回数。
3枚残りと4枚残りだと1順当たりツモ率が0.6%くらい違う。
巡目関係なしのときは違いが0.5%くらいだったから、同じ巡目で比べた時はその差は拡大する(とはいえそこまで大きな差でもない。)
なので、枚数に関するツモ和了率の倍率はこっちの同じ巡目での比較にしたほうがいいかもしれない。

次に全員の手牌と捨て牌から実際に当たり牌が山にいる枚数をカウントできるので、そこからツモ率の理論値が出せます。

2つ目がある巡目を迎えた時の残り山の総数の平均値。
なお、「巡目数」の定義は、局開始時の総ターン数を1、牌を切る動作に総ターン数をプラス1として(総ターン数+3)÷4(小数以下切り捨て)を巡目数としてます。
また、残り山の総数はドラ表示牌は除くものとします。(カンがなくて局開始時の山総数は83、ツモのたびに山は1減っていく)
山の総数は巡目が同じであれば聴牌者の残り枚数に関係なくほぼいっしょ。これはいいでしょう。

3つ目は聴牌者の上がり牌が山に寝てる枚数の平均値。
8巡目くらいで4枚残りのカン37は2.04枚山にいて、3枚残りのカン37は1.69枚山にいる。

4つ目は3つ目÷2つ目で算出したツモ率の理論値。
実際のツモ率と大体一緒になってるのがわかります。
150907-02.png
リーチロン(他家ノーテン者から)についての諸データ。
こちらはカンチャンペンチャンの37待ちのうち無筋待ちのものだけをピックアップします。

一番上は残り枚数と巡目別の実際のロン和了率。
分母が他家ノーテン者がリーチ者に対して牌を切った回数、分子がそのうちあたりになってる回数。
中盤くらいで3枚残りと4枚残りのロン和了率がほぼ一緒。巡目別でとってもほぼ傾向は変わらず。

リーチロン率だと理論値みたいなのはたぶん出せないので、代わりに他家に上がり牌を持たれてる確率と上がり牌を持たれてる条件付きでのリーチロン率を調べてみます。

2つ目がある他家ノーテン者がリーチ者の当たり牌を持ってる確率。(持ってる枚数は問わない)
3枚残りのカン37だと4~50%くらいで、4枚残りだと5~60%で10%くらい違う。

3つ目がロン和了率で、分母を他家ノーテン者がリーチ者の当たり牌を持っている状況で、リーチ者に対して牌を切った回数に限定してみました。
これをみると、場に切れてる枚数が多い方が出る確率は高いという風に見えます。
2つ目の持たれ確率が低いのと3つ目の持たれ時ロン率が高い分が打ち消しあって、結果的に似たようなロン和了率になってるということでしょうか。

このへんで思考停止に陥りました。もう何も思いつかない。
残り枚数と和了率の関係
いろいろなケースで先制(他家3人面前不動)のリーチの場合で和了率とかの値をシミュレーションをしてみたのであるが…

残り枚数(リーチ者から見て見えてない上がり牌の枚数)の違うカンチャン待ちで同じ巡目で比べて、
和了率の違いが3~4%くらいしか出てない。(8巡目で残り4枚が41%で残り3枚が38%)
150904-01.png
うーん、ほんとは8%くらい違うとかそのくらいになってほしいのですが。

変だと思ったので、もとになってみるパラメータを見直してみると、
150904-02.png
150904-03.png
残り枚数別の1順当たりツモ和了率とリーチロン率、及び全体から見た倍率。

これのカン37、4枚残りと3枚残りのところを見ると、
1順当たりツモ和了率でその差は4分の3ではなくて8分の7くらい。
1順当たりロン和了率にいたってはほとんどその差はないといった有様。

パラメータを取った時は、
上がり牌を捨ててる他家はその牌を持ってない可能性が高い→山に残ってる可能性が高い
と思ってスルーしたけれども、こういうパラメータを使ってたらそりゃあ和了率に差はでにくいだろうなぁと思います。

ツモ和了率とロン和了率に分けるとツモ和了率の違いは3%くらいなのに対し、ロン和了率はほぼ変わらず。
やはり1順当たりロン和了率がほとんど変わらないというところがこの結果を生んでいそう。

このようなパラメータになってる原因として考えられるのは

・パラメータ取得用のコードの書き間違え
→実測を取った時の前科があるので一番ありそう。パッと見だとミスしてるところはなさそうに見えたけど、もう一回精査しないといけない。

・切れてる枚数が多いのは巡目が遅いところが多く、その分1順当たりツモ和了率とかが多めに出る
→途中経過で見えてない枚数1枚差による平均巡目の差は1巡程度しか出てないようなので、たぶんそこまで1順当たりツモ和了率とかの値には影響しないと思う。

・ロン和了率について無筋待ち筋待ちをごっちゃにして出してるが、見えてない枚数が少ない→巡目が深い→筋待ちの比率が多くてロン和了率に過大に算出される。
→途中経過で無筋待ちだけをピックアップしても同じような傾向(枚数違ってもロン和了率に差が出ない)になってる。

やっぱりコードの書き間違えかなー。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード