FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<04  2015/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
親子別のリーチ発生率その2・テスト
昨日の続き。
リーチ発生率を親と子で別々にした効果がどうでるか。

150530-01.png
自分が愚形リーチ・他家3人は不聴面前の状態の時の他家からの追っかけ発生回数を追ってみます。(各巡目10000回のシミュレーションから。)

序盤の先制リーチなら親の押さえつけ効果は高いという結果が出ました。
1000回弱の差(先制リーチ1回あたり0.1回の差)が出ています。

一方、中盤ならあまり親の押さえつけ効果は高くないです。

おそらく、1番追っかけリーチがかかりやすい先制リーチ直後(経過0順)のところの数値が、
中盤なら対親リーチでも十分高くて、その分の影響が出ているのかなぁと思います。

150530-04.png
追っかけの発生のタイミングを追ってみてもその傾向が見えますね。

序盤なら先制リーチから時間がたってから追っかけが発生する回数が多く、追っかけの総数も少ないです。

一方、中盤以降だと追っかけ発生のタイミングは先制リーチ直後に集中しています。
全体の半数くらい。
リーチかけた瞬間に追っかけられて寒い!というのが多いのがここからもわかります。10回に2回は即追っかけが来ると。

150530-02.png
150530-03.png
全体の和了率や放銃率。

あまり親の場合も子の場合も変わらないですね。

いじったのが、リーチ発生率だけで、他の数値(鳴き発生率やダマ和了率とか)は変えてないし、そもそもリーチ発生率の親と子の差が微妙にしかないので、全体としては今のところそんなに影響がないという感じでしょうか。
スポンサーサイト



プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード