*All archives* |  *Admin*

<<02  2015/03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
今日の実戦・15/03/31
下家が2副露。発が鳴かれなかったし、打点は普通くらいか。
対して自分はいまいちなチートイのみの一向聴。
自分の手だけで言えば6pツモ切りだが、
この辺で見切りをつけて現物の2sを抜くのも手だったかな。
150331-01.png
さすがに全押しはなさそう。
どこで見切りをつけるかが問題ですが、この6pは潮時だったような気がします。

実際はしばらく押し続けて、対面リーチからの2600横移動。横移動で済んだのはまことに運がよかった。



前巡のドラ切りがチーされて、またドラを持ってくる。
自分はヘッドレスのそこそこ良形で、打点もある程度見込める。
ただ、ドラで打つと満貫はありそう。(4m→9mの切り順なので、6mは通りやすそうではあるが。)

自手は平和が付いたとき3ハン手として、初手は片筋456扱いにします。
索子は連続形ですが、けっこう他家に切られているので、普通の刻子0ヘッドレスの扱いにします。
150331-02.png
これくらいなら仕掛けがあっても、和了率≒放銃率程度が見込めるのでそこそこ押せます。
ただ、ドラで打って高打点、満貫の放銃だとちょっとヤバいが。

面白いのは降りるとむしろラス率が上がってる点。下手に引いて、ラス目の親リーチを誘発するのは危険ということだろうか。

実際はこの6mを押してこのまま形が変わらず7700横移動。これが横移動になったのはまぁ次善か。



対面の当たり牌の7sをつかんだところ。
2者が仕掛けているとはいえ、ドラが出てるので、安手濃厚。(対面は染め手の可能性もあるが。)
自手は3ハンくらい見込めて、完全一向聴より広い一向聴。
現物の数も少なくちょっと降りるにも厳しい。
高さを無視すればこの7sはちょっと打ちづらいが、これくらいなら止められないでしょう。
150331-0b.png

はい、そうですね。
放銃率の方が和了率より大分高いですが、
ラス回避的観点から言ってもここは押さないとしょうがないでしょう。まだラス目からの満ツモ圏内ですし。

打って1000点、これはしょうがない。

この後、対面をまくって無事2着終了。

今月は30戦して平均順位2.06の大爆発。
トップも何度かあったが、2着がかなり多かった。精神衛生的にもたいへんよろしい状態。
先月までの負けを一気に取り返した感じ。六段復帰がちょっと見えてきた。
来月も頑張りましょう。

最近は役満が出てないので平和な感じ。荒れてない。

牌譜を見返してるとたまに他家でおやっと思う打牌があったりする。
他に安牌あるのに字牌を打ってくれたり。山になかった字牌待ちで上がれたよ。
やはり特上卓は(自分も含めて。ミスが多い。)ぬるいですね。
このぬるさ加減が自分にはちょうどいいかもしれませんが。
スポンサーサイト
2445667m一向聴
150330-01.png
(引用元・「勝つための現代麻雀技術論」講座6牌32)
ドラ8sの時。
4mを切るとよく見かける両面カンチャンの塔子、2mを切れば完全一向聴です。
受けは両方とも同じで、4m切りは3m引きでも平和になる一方、2m切りはmaxの5m引きで平和一盃口だが、シャボ引きだと平和が崩れるという状況。
「マンガン以上の受け優先でイーペーコーを見る打2m」と本には書いてました。

以下、他家動きなし、他家聴牌に全ツとします。
シャボ受け側は58mを引いた場合に7分の3の確率で一盃口がついて1ハンアップとします。
赤受けについては多少雑に扱います。(赤受け判定と一盃口判定を独立扱いにしている。実際は赤5m引きなら一盃口も同時につくので多少状況が異なる。)
裏ドラ率については通常と同じとします。(実際は重なりが多いので、裏1率が少し下がり、裏2率が少し上がりそう。)
150330-02b.png
和了率。
カンチャンよりシャボの方が若干ツモ率が高い関係でちょっとだけシャボ受け(2m切り)の方が数値がいいけど、大した差ではないです。
150330-03b.png
ドラ0の時。
シャボ受けの方が若干数値がよさそう。
リーチのみとリーチ平和にそこまで大きな差がなく、リーチ平和一盃口のリーチ3ハン手はかなりうれしいということだろうか。
150330-04b.png
ドラ1の時。
シャボ受けとカン3m受けは微差。
リーチドラ1とリーチ平和ドラ1の差がそこそこあり、リーチ平和一盃口ドラ1が若干オーバーキル気味(偶発役1個では満貫止まり)ということでしょうか。
150330-05b.png
ドラ2の時。
両者ほとんど同じです。

順位を重視する観点からいえば、高め一盃口+偶発役で跳満を狙うより、確実に満貫になる4m切りということになりそうな気がします。
2456pくっつき一向聴の評価
150329-01.png
こんな感じのくっつき一向聴の時。
順子から1つ飛びの浮き牌に関する評価について。
2pを切るか、3~7の浮き牌を切るか。

3~7の浮き牌だと両面聴牌化するのが2種、カンチャン聴牌化するのが2種、シャボ聴牌化1種。
雀頭ポンの単騎待ち以外は鳴きが効かない。

2p残しだと3pツモが三面張、1p4p7p2pツモが愚形。
ツモの分だけだと良形が1種しかないので3~7の浮き牌に負けているが、3pチーで両面、4p7pチーで愚形の聴牌も取れる。
そのあたりをどう判断するか。

以下、他家動きなし、他家聴牌に全ツとします。
3pチーはカン37、47pチーは両面36,47のチーと同程度とみなします。
150329-02.png
和了率。
ちょっと線が入り組んでいてわかりにくいですが。

3567pの形なら普通の3~7浮き牌より3%くらい和了率がいい。
2456pの形なら普通の3~7浮き牌と同等か、少しいいくらい。
1345pの形も普通の3~7浮き牌と比べて遜色ないです。多分カン2pが端寄りで鳴きやすいのが大きい。28牌くっつきよりかははっきりこちらの方がいいです。ツモの分だけでも良形1種愚形3種で変わらず、チーの分があるのでこれは当然ですね。

さすがに4連形と比べると、ツモの分もチーの分も負けてるので、順子1つ飛び浮き牌は分が悪いです。
150329-03.png
期待値。(のみ手)
和了率の時と似た傾向。
二向聴・6ブロック打法と5ブロック打法その2.5・両面2つ愚形2つ修正版
150327-01.png
昨日の記事で6m引きも変化ではないか?というご指摘を頂きました。
はい、その通りです。見落としです。やりなおーし。
後、塔子×2一向聴からの縦引き変化が考慮できてなかった部分もこっそりと修正。

・6ブロック
二向聴の受け入れは両面2つとペンチャン2つ
両面が入った場合、両面+ペンチャン一向聴
ペンチャンが入った場合、両面両面一向聴
5m雀頭が刻子化したとき、両面両面ペンチャンヘッドレス二向聴
両面両面ペンチャンヘッドレス二向聴で両面が入ったら両面+ペンチャンヘッドレス一向聴
両面両面ペンチャンヘッドレス二向聴でペンチャンが入ったら両面両面ヘッドレス一向聴
両面両面ペンチャンヘッドレス二向聴で両面縦引き(4種)で両面+ペンチャン一向聴
両面両面ペンチャンヘッドレス二向聴でペンチャン孤立牌縦引き(3種)で両面両面一向聴

・5ブロック(ペンチャン対子)
二向聴の受け入れは両面2つとペンチャン対子
両面が入った場合、両面+ペンチャン対子一向聴
ペンチャンが入った場合、両面両面一向聴
シャボが入った場合、両面両面一向聴
両面の縦引き(4種)で変化(1)
変化(1)時、二向聴の受け入れは両面2つとペンチャン対子と単独対子
変化(1)時、両面引きで両面+ペンチャン対子一向聴
変化(1)時、ペンチャン引きで完全一向聴
変化(1)時、シャボ引きで完全一向聴
変化(1)時、単独対子引きで両面+ペンチャン対子一向聴
雀頭の隣引き(4m6m引き)で変化(2)
変化(2)時、二向聴の受け入れは両面対子と両面2つ
変化(2)時、両面対子の両面引きで両面両面一向聴
変化(2)時、単独両面引きで完全一向聴
変化(2)時、シャボ引きで両面両面一向聴

・5ブロック(両面対子)
二向聴の受け入れは両面2つとペンチャンとシャボ
単独両面引きでペンチャン+両面対子一向聴
両面対子の両面引きで両面+ペンチャン一向聴
ペンチャン引きで完全一向聴
シャボ引きで両面+ペンチャン一向聴
ペンチャンの縦引きで変化(1)
変化(1)時、二向聴の受け入れは両面2つとペンチャン対子と単独対子
変化(1)時、両面引きで両面+ペンチャン対子一向聴
変化(1)時、ペンチャン引きで完全一向聴
変化(1)時、シャボ引きで完全一向聴
変化(1)時、単独対子引きで両面+ペンチャン対子一向聴
単独両面の縦引きと雀頭の隣引き(6m引き(4m引きはペンチャン受けがかぶるので変化とみなさない))で変化(2)
変化(2)時、二向聴の受け入れは両面対子2つとペンチャンと単独対子
変化(2)時、両面引きで両面対子+ペンチャン一向聴
変化(2)時、ペンチャン引きで完全一向聴
変化(2)時、対子引きで両面対子+ペンチャン一向聴
変化(2)時、ペンチャンの縦引きで変化(1)

今度は合ってますように・・・。
150328-01.png
塔子×2一向聴からの変化も入ってる分(塔子×2になりやすい6ブロック側に有利に働く)、6ブロックと5ブロックの差が若干詰まった印象。
両面対子の5ブロックならほとんど同じですね。
150328-02.png
期待値でも差が詰まる。
微差でなんともいえない。
二向聴・6ブロック打法と5ブロック打法その2・両面2つ愚形2つ
前回(二向聴・6ブロック打法と5ブロック打法)は両面4つの二向聴での比較を行いましたが(両者ほとんど変わらずという結果)、
今回は愚形が2つある場合をやりたいと思います。

150327-01.png
愚形だと変化とかいろいろ考えることが多くて前回以上に大変です。(上の牌姿のようなペンチャン形で、両面変化がない場合でさえ。)

・6ブロック打法(上の牌姿の2m切りや下の牌姿の3p切り)の特徴
二向聴の受け入れは両面2つとペンチャン2つ
両面が入った場合、両面+ペンチャン一向聴
ペンチャンが入った場合、両面両面一向聴
5m雀頭が刻子化したとき、両面両面ペンチャンヘッドレス二向聴に変化
両面両面ペンチャンヘッドレス二向聴で両面が入ったら両面+ペンチャンヘッドレス一向聴
両面両面ペンチャンヘッドレス二向聴でペンチャンが入ったら両面両面ヘッドレス一向聴
両面両面ペンチャンヘッドレス二向聴で両面縦引き(4種)で両面+ペンチャン一向聴
両面両面ペンチャンヘッドレス二向聴でペンチャン孤立牌縦引き(3種)で両面両面一向聴

・5ブロック打法(ペンチャン対子、上の牌姿の89m落とし)の特徴
二向聴の受け入れは両面2つとペンチャン対子
両面が入った場合、両面+ペンチャン対子一向聴
ペンチャンが入った場合、両面両面一向聴
シャボが入った場合、両面両面一向聴
両面の縦引き(4種)で変化
変化時、二向聴の受け入れは両面2つとペンチャン対子と単独対子
変化時、両面引きで両面+ペンチャン対子一向聴
変化時、ペンチャン引きで完全一向聴
変化時、シャボ引きで完全一向聴
変化時、単独対子引きで両面+ペンチャン対子一向聴

・5ブロック打法(両面対子、下の牌姿の89m落とし)の特徴
二向聴の受け入れは両面2つとペンチャンとシャボ
単独両面引きでペンチャン+両面対子一向聴
両面対子の両面引きで両面+ペンチャン一向聴
ペンチャン引きで完全一向聴
シャボ引きで両面+ペンチャン一向聴
ペンチャンの縦引きで変化(1)
変化(1)時、二向聴の受け入れは両面2つとペンチャン対子と単独対子
変化(1)時、両面引きで両面+ペンチャン対子一向聴
変化(1)時、ペンチャン引きで完全一向聴
変化(1)時、シャボ引きで完全一向聴
変化(1)時、単独対子引きで両面+ペンチャン対子一向聴
単独両面の縦引きで変化(2)
変化(2)時、二向聴の受け入れは両面対子2つとペンチャンと単独対子
変化(2)時、両面引きで両面対子+ペンチャン一向聴
変化(2)時、ペンチャン引きで完全一向聴
変化(2)時、対子引きで両面対子+ペンチャン一向聴
変化(2)時、ペンチャンの縦引きで変化(1)

…本当に考慮することが多い。
上で書いた以外に平和、赤受けも考慮する分も加えるので。
どこかでミスってることにおびえながらの作業。
細心の注意を払いながら。(実際一度ミスってコードを書き直した。)

・そのほかの仮定
自分南家、他家動きなし
2手先変化(ペンチャン→カンチャン→両面など)は考慮しない。
塔子×2一向聴のとき、塔子縦引き変化と雀頭刻子化のヘッドレスへの変化も考慮する。
聴牌時切る牌ランダム
他家聴牌が入った場合、自分一向聴時無筋は押さない。(7%以下押し)
降りるとき、現物数2個。
鳴きは考慮しない。(形テン取りについても一向聴になってからの考慮のみ)
150327-02.png
和了率。

ペンチャン対子がある形なら5ブロック打法のペンチャン外しがよさそう。
これについては想定の範囲内。
7m引きもシャボの2m5m引きもほぼ等価(シャボだと平和が消えるが。)なので、それなら一向聴の形がよくなりやすい5ブロックの方が優位なのは理にかなっています。

問題なのは両面対子がある形。
ダイレクトの7m引きなら両面両面になる一方、シャボ受けを引いても両面+ペンチャンの形にしかならないので、この点では6ブロックの方が勝っているが、
一向聴の受け入れは縦引きが残りやすく、1枚余剰牌で持てて変化の余地がある分、5ブロックの方がよくなりやすいです。
そのあたりの兼ね合いが微妙です。

実際に数値で比べてみると、やや5ブロックの方がよさそうだけど、ほとんど変わらないですね。

150327-03.png
期待値(平和以外役がない)。
ペンチャン対子がある形なら和了率同様、5ブロックの方がよさそう。
とはいえ、二向聴の比較で、形に大差があるわけではないので数値としては微差です。
200点差くらいなので、両面両面一向聴が完全一向聴になる程度の優位度と思っておけばよいでしょう。

両面対子がある形だと、ほんとに微妙。よくわからないです。
特に序盤で、6ブロックだと5ブロックに比べて平和が付きやすい分、和了率の時よりは6ブロック寄りに傾いているという印象です。
一方、終盤では一向聴化した時にシャボ受けでポンの形テンが狙える分、5ブロック寄りです。(二向聴からのポンもできる点も加味すればより一層5ブロック寄り)
完全一向聴VSドラの補充その2・平和あり
本題の前に。
150325-01.png
ドラが1sか2sの時、ドラ入り愚形を残すか、ドラ塔子を落として両面両面にするか。
どっちだったか忘れたので、調べてみます。
150325-02.png
両面両面の方がいいですね。

そうでした。愚形側に2ハン役が付く場合で、微妙に愚形側がよくなるくらいだったので、1ハンのドラ程度では愚形はよくならないんでした。

これを踏まえて本題。
150325-03.png
前に(完全一向聴VSドラの補充)やった時は平和無しのケースでしたが、今回は平和有りのケースを見てみます。
平和がある分縦引きのうれしさは減るので、ドラの補充も見たくなるところ。

ドラ西の時は西重なりの2ハンアップの手替わりのみで、
ドラ5mの時は5m重なりの2ハンアップの手替わりと46m引きのドラ入り両面手替わりを見ます。(ドラ入りカンチャンは上述の通り有効な手替わりではないので、考えない。)

他家聴牌に対して全ツ、聴牌時に切る牌ランダムとします。
150325-04.png
平和のみの場合。

平和無しに比べて1,2巡くらい遅くドラの補充を待てます。
それでも基本は完全一向聴取りですね。
平和があるので、打点的にそこまで執拗にドラくっつきを待たなくてもいいということでしょうか。
150325-05.png
平和以外にも2役ある場合。

打点十分なので、基本ドラ切り完全一向聴取りですね。
ドラが出ていきそうな完全一向聴と安牌残し
150323-01.png
普通の完全一向聴で、ドラが3mの場合。完全一向聴にはとれるが、縦引きするとドラが出て行ってしまう。
この場合もあまり魅力のない縦引きに備えるより将来危険になりそうな4mを先切りしたいところ。

他家動きなし、(安牌残しの場合は危険牌との切り替えも行った上で)他家リーチに対して無筋は押さないものとします。
150324-01.png
他家の聴牌より先に自分が聴牌しそうな序盤や、形テン取りが重要(ポン材がある)な終盤では完全一向聴と安牌残しは微妙ですが、
他家の聴牌が先に入るかもしれない中盤では、安牌残しの方がよさそう。

ようやく、安牌残しが優勢になってくれた。
今までは両者が微妙な感じで、もやっとした感じだったけど、ようやくすっきり。
対染め仕掛けの安牌残し
150323-01.png
何の変哲もない、完全一向聴に受けられる牌姿。(北は安牌とする。)

完全一向聴VS安牌残し両面両面一向聴その2
前に書いたときには、北を切って完全一向聴に取るのと、北を残して狭く受けるのは好みで決めてよい、という話をしました。

この時は他家動きなしのケースでしたが、マンズの染め仕掛けが入っている状況ではどうなるでしょう。
これだと、将来危険になりそうな4mは特に先切りしたいような牌ではあります。

条件は以下の通りとします。
・自分南家で平和の完全一向聴or両面両面一向聴。
・対面が染め副露(1副露余りなし)。ポン発生率について特段の配慮をしないものとする。(現物切りの時も危険牌切りの時も同じポン率)
・完全一向聴に受けた時、初手現物、聴牌時染・非晒456。
・両面両面一向聴に受けた時、初手染非晒456、聴牌時現物。
・両面両面一向聴に受けた時、2手目以降に危険牌を持ってきたとき、聴牌時に切る牌と危険牌を切り替える。(対面の動向は特に見ないものとする、1副露余りなしの比較的聴牌率が低い状況でも危険牌と切り替える。)
・一向聴時に放銃率7%以上の牌を切らなければいけない状況(完全一向聴ならツモ牌が危険牌、両面両面一向聴ならツモ牌も聴牌時に切る牌も両方危険牌)になったら降りる。

この条件でやってみます。
150323-02.png
和了率。
完全一向聴に受ける方が和了率ではやや勝っている。
150323-03.png
放銃率。
今度は逆に完全一向聴に受ける方が放銃率ではやや負けている。

どちらにしても微差という印象。
150323-04.png
期待値。
和了率での有利度と放銃率での不利度が打ち消しあって微妙。
やっぱりこれも好みで決めればいいという結論。
良形+愚形ヘッドレス一向聴
150322-01.png
今日のテーマ図。
1mを切って一番広い一向聴に取るか、12sを払って良形確定に取るか。
私は良形大好きなので、12sを払うことが多いですが、どうでしょう。

まとめると、
○8s暗刻時
・1m切り
12s引きで役なし両面
3s引きで平和両面
25p引きで役なしペン3待ち
34p引きで役なしペン3待ち
・2s切り
25p引きで役なし亜両面
14m1s引きで役なし両面

1m切りが広いが、両面になる受けは10枚とやや少ない。ただ、最高の3s引きで平和が付く可能性がある。
対して12s落としは役なし確定なものの、確実に亜両面以上の待ちになる。受けは17枚。

○789s順子時
・1m切り
12s引きで平和両面
3s引きで役なしタンヤオ牌単騎
34p引きで役なしペン3待ち
25p引きで役なし1単騎
・2s切り
25p引きで平和亜両面
14m1s引きで平和両面

今度は1m切りは3s引きが両面にならない。平和が付く受けは6枚。
2s切りなら17枚の受けすべてで亜両面以上、平和が付く。

150322-02b.png
和了率。

刻子がある場合、1m切りのヘッドレスにするのと2s切って普通の両面+亜両面の一向聴にするのとで、和了率はそこまで変わらない。
受けの数は1m切りの方が7枚多いにもかかわらず。
やはり亜両面以上確定はかなりでかい。

刻子がない場合はヘッドレスの方が和了率が悪い。良形確定の2s切りの方がかえって早くなると。
150322-03b.png
のみ手(ドラなし)の期待値。

刻子1個の場合はどちらにするかは微妙。和了率がほぼ互角で、打点的には3s引き平和がある分、若干ヘッドレスの方がいいか。

刻子がない場合は2s切りの方が優位。和了率でも勝っていて、打点面でも確実に平和がつく分、2s切りの勝ち。

ただし、流局間際はその限りではありません。
受けの数は1m切りの方が広いので、和了よりも聴牌をとるためにヘッドレスに受けるのは十分ありです。
(15巡目の聴牌流局率でヘッドレス37%、両面+亜両面31%と差がある。)
150322-04b.png
ドラ2の場合。
これもドラ0と同じく、
刻子1ならヘッドレス≧両面+亜両面
刻子0ならヘッドレス<両面+亜両面


今回は1123mの形で変化は考慮しませんでしたが、
例えば1123mが2344mとかなら、
2s切った後に2m3m5mあたりのツモで1s切りは有力な変化なので、
より2s切り(両面+亜両面の形)寄りになるでしょうね。

また1sをてきとうな安牌と振りかえるのも選択肢として入ってきます。

その辺の柔軟性もあるからやっぱり12s落としの方が好み。
両面+カンチャン一向聴の鳴き判断
今日のテーマは両面+カンチャンのタンヤオ一向聴(平和はない)での鳴き判断です。
前に両面+リャンカンのケースはやっていますが(面前良悪一向聴VS鳴き聴牌その1・平和なし)、
これよりも狭い一向聴なので、鳴き判断はより早まりそうな感じです。

さっそく見ていきます。
ただし、変化は考慮しないものとします。
150321-01.png
150321-02.png
ドラ0の場合。
カンチャンから鳴いて両面が残る場合は常に鳴き有利。
両面から鳴くケースも子で5巡目、親で6巡目とかなりタイミングは早くなります。

リャンカンがある場合では9~11巡目まで待てるのと比べるとかなりの巡目の違いがあるように感じます。
150321-03.png
150321-04.png
ドラ1の場合。
これはドラ0と同じ。
150321-05.png
150321-06.png
ドラ2の場合。
愚形残りの場合でも分岐点は3,4巡目くらい。
ほとんど全鳴きでよさそう。

やはりリャンカンのケース(8~10巡目)よりは大分早いです。
150321-07.png
150321-08.png
ドラ3の場合。
愚形残りだろうが、余裕で全鳴きですね。

鳴き判断としては両面+リャンカンより、カンチャン+リャンカンの時(面前愚形確定一向聴VS鳴き聴牌)に近い感じです。
受けの枚数では両面+カンチャンもカンチャン+リャンカンも12枚で一緒なので、待ちの良し悪しには関わってくるものの、そちらに近いということでしょうね。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード