FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<10  2014/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
染め手の聴牌率
染め手風の仕掛け(6巡内の捨て牌に染め色がなく、字牌が1枚以下)の聴牌率について、
昔取ったのがあったよな…と思ってデータをひっかき回してたところ、
単なる巡目と副露数のみだけの集計で、染め色が余ってるかどうかの別になってなかったから、改めてデータ取りをしてみた。

とりあえず、染め副露者に関してのみの集計で、他にリーチ者がいるかどうかは問わないことにします。(リーチ者がいれば、ノーテン者は降りることが多く、序盤染め副露でリーチが入って明らかに降りてるのもデータに入ってる。)
141112-01.png
染め色が余ってない場合。
10巡目とかで、1副露なら聴牌率15%、2副露なら25%、3副露でも50%とかなり低い数値です。
染めではない一般の仕掛けなら(手出し数1)聴牌率は1副露44%、2副露67%、3副露91%なので、かなり差はデカいです。

染めは一般の仕掛けよりも遅い傾向がある、というのがよくわかります。
(ただ、集計法が微妙に違う可能性はある。集計当時のことはあまり覚えていない。)

141112-02.png
染め色が余ってる場合。
10巡目で1副露なら聴牌率38%、2副露なら57%、3副露でも83%。
かなり数値も上がってきています。倍近い値。

染め色が余ってる場合は一般の仕掛けに近い聴牌率です。
ただし、一般の仕掛けより高打点のことが多いですが。
染め手は染め色が余ってからが本番だと。
今日の実戦・14/11/11
対面が染め2副露で余り牌ありとやや危険な状態。
トップ目ということで降りるつもりで出上がり効かないダマにしたが…
141111-01.png
局期待値的にはリーチの方がいいのはいいとして(結構な大差で。)
半荘収支的にもリーチの方がいいのか…

トップ目とはいえ微差なので、降りて被ツモ食らった場合にオーラスで、2着目の和了はもちろん、他家のツモ和了親かぶりで2着目に落ちるケースがあるから、ここで勝負を決めに行った方がよかったのかな。

ただし、対面がドラ色ホンイツで普通より高そう(満貫の確率高そう)ということまで考慮に入れればやっぱり微妙かな…

結果は対面から下家への3900ロン和了


オーラス。
タンヤオのみで面前先制聴牌。ダマにするとツモか直撃条件(他家出上がりなら連荘もう一回)。
これは明白にリーチ有利そうだが。
141111-02.png
トップ率がダマなら56%、リーチなら68%。
平均順位では0.13くらいいい。
これくらい明白な状況でも平均順位の差は0.13くらいなのか。

無事にツモってトップ終了です。
形テン押し引き表
形テンの挙動その1
過去記事からピックアップ。

不意に形テンについて調べたくなった。
対リーチにどこまで押せるのか。
↑の記事には子対子のときを書いてたけど、それ以外の場合も調べてみた。
それで押し引き表にまとめてみる。

・条件
他家一人がリーチ。一発順ではない。
他2家は動きなし。
降りるときは現物数2個、副露数1とする。

○1行目
初手に押す牌。

○各マス目
高確率で押すべき。押しの期待値が降りの期待値をおおむね500点以上上回っている。簡単には逆転しない差がついている。
オレンジどっちでもいい。押しの期待値が降りの期待値をおおむね上回っている。状況次第で逆転しうる。微差であるので成績への影響度は低い。
どっちでもいい。押しの期待値と降りの期待値が同程度。状況次第で逆転しうる。微差であるので成績への影響度は低い。
黄緑どっちでもいい。押しの期待値が降りの期待値をおおむね下回っている。状況次第で逆転しうる。微差であるので成績への影響度は低い。
高確率で降りるべき。押しの期待値が降りの期待値をおおむね500点以上下回っている。簡単には逆転しない差がついている。

141110-01.png

自分子対子の場合(自分南家、リーチ者北家)
最後の1、2巡なら両無筋456は微妙だが、普通の無筋なら押せる。
残り3巡で初手が筋の場合も押せる。
逆に残り5巡とかで両無筋456を押すのはやめた方がいい。

自分親の場合(リーチ者西家)(連荘の利益650点も含む)
残り2巡とかなら両無筋456とかでも切っていい。
残り3巡の普通無筋、残り4巡の筋も押せる。

相手親の場合(自分南家)
残り1巡でも両無筋456は切れない。
残り1,2巡の普通無筋は微妙。
残り2,3巡の筋くらいは押せる。
残り4,5巡の普通無筋は切れない。

ただし、流局間際なので、河の具合によって牌の危険度は変動すると思われます。
とはいえ、期待値500点差を覆すには放銃率の差が10%くらいは必要なので、そうそう簡単にはこの結果は覆るとは思いませんが。
今日の実戦・14/11/08
対面リーチに対してチーテン2000~3900に取れる牌が来る。
チーして打4s(片筋)かスルーして面前聴牌の時のみ勝負か(無筋は降りる)
141108-01.png
若干チーテンの方がよさげか。巡目も深いことですし。

まだ東1局なので、ほぼ平場判断でよさそう。

実戦はチーテン取って二人聴牌流局。



親の一向聴でつい惰性で8mを打ってしまったが、どうか。
形がよくないのみ手で、上家は高打点が見える。勝負する8mと東は両方とも危険。

これはやっちまったか。
降りようと思えば9mや9pあたりを落とせば大体大丈夫そうだし。(対面のチャンタにはやや危険だが、ドラなしなのでさほど脅威ではない。)
141108-02.png
うん、これははっきりと降りの方がよさそう。
やっちまったな。

結果は上家の満貫出上がり。たまたま横移動で済んだからよかったものの、これはダメですね。
ついでに初手配牌が悪く、チャンタを見たもののドラを見落として5sを切ってしまったのも大失態。


全員が違う色の染め手志向と、やばそうな局。
7sを勝負すればドラ1の完全一向聴に取れるが。

とりあえずマンズの両面を落とせば回れるけど、この場合ほとんど降りになりますね。
141108-03.png
とりあえず今回は全ツの方がよさそうという結果に。
まだ8巡目と巡目が浅いのが一番の要因か。巡目が深くなれば回るのが有利になります。

上家・下家が染め副露(下家は余りあり)
初手が染・非晒37(7s)、聴牌時が染・非晒19(1s)としたが、
実際はピンズの上家には安牌なので、この集計よりかはやや押しが有利になると思われます。

なぜか、回る方の放銃率・期待値がかなり悪い方に出ている(おそらく巡目が早すぎて安牌が尽きる効果のためか。)
実際は多分もっと回る(ほぼ降り)方の期待値はもっといいはず(多分1300点前後か。)

いずれにしてもやや押しが有利そうという結論には変わりはなさそうです。
南3局で、ラス率は上がりそうだが、それ以上にトップ率が上がりそうですし。

結果は、7s勝負したものの、上家がドラポンしたので降り。
対面がメンチン張って海底で中を勝負したものが、ダブロン、両方とも倍満で試合終了、というものすごい局だった。
この3着終了はやむ無しでしょう。
チートイ後手聴牌の待ち選択
141105-01.png
(5mは無筋、2sは現物)

先行リーチ入ってる時に回ってると不意に七対子聴牌が入ってしまう時。
たまにありますよね、
危険牌を切って上がりやすいほうに取るか、現物を切って上がりにくい方に取るかの選択。

まずは一つ目の例で、比較的安全な北を打って仮テンみたいな感じに取るか、無筋の5mを切ってリーチしちゃうか。(ダマで危険牌を一つ通してその後に選択の余地を残す打ち方は微妙な気がする。)
(下家西家のリーチ、一発順ではない。北は2枚見えで通ってないとする。)
141105-02.png
中盤まではたとえ、5mが両無筋であっても危険な5mを切った方が良いと。危険牌1枚の放銃率がまだ高くない段階ですし。
終盤になってくると微妙。とりあえずは安全な北を打ってもいいけど、ノーテン罰符もあるので、ある程度は押した方がいいと。

微妙な14巡目だと
字牌単騎初手無筋2378 和了率25% 放銃率26%
字牌単騎初手無筋456 和了率23% 放銃率32%
タンヤオ牌単騎(無筋は降りる) 和了率13% 放銃率8%
タンヤオ牌単騎(全ツ) 和了率19% 放銃率20%

これを見てると放銃率が1桁まで抑えられて、和了率もそこそこあるタンヤオ牌単騎(無筋は降りる)の選択もけっこうありかな…と思いますが、どうでしょう。
ただリーチのリターンも大きいですしね。リーチ七対子の3200、ツモって裏の跳満とかだと、打点面でも先行リーチ者と遜色ないですし。


2つ目の例。危険な5mを切って現物2s待ちにするか(この場合はもちろんダマ)、とりあえず現物2sを打って上がりにくい5m待ちに取るか(この場合、ダマにして無筋を引いたら降りる選択と全ツするつもりでリーチする選択と2つある。)
141105-03.png
以外と、5m待ちリーチが優位になっている。
まじですか。案外現物待ちダマってあてにならないものですね。
というよりリーチがいかに強いかということですか。

14巡目で
現物待ち単騎(初手無筋2378)和了率26% 放銃率27%
現物待ち単騎(初手無筋456)和了率25% 放銃率31%
非現物待ち単騎(無筋は降りる)和了率13% 放銃率4%
非現物待ち単騎(リーチ)和了率23% 放銃率19%

うわ~、これはリーチが強いわけだわ。
振りたくない局面なら非現物待ち単騎(無筋は降りる)の選択もありでしょうが、危険牌切り現物待ちにほとんどメリットがない。よっぽど和了重視の場面のみか。
くっつきと手替わり待ちその3・追っかけ
今日は追っかけ時の時、聴牌外せるかどうか。

一般的には追っかけ時には聴牌>>>一向聴なので、先制時よりは聴牌外せる状況はそう多くないと思われますが、はてさて。

条件は
・下家(西家)の先制リーチ。一発巡ではない。他2家は動きなし。
・聴牌取るときは初手無筋2378切って追っかけリーチ。
・聴牌外すときは初手無筋2378、聴牌時無筋2378を切って全ツ。赤を含まない愚形聴牌は取らない。
(変な牌をつかんだらやめるとか、愚形聴牌になった時は改めて聴牌どりに切り替えるという選択や聴牌外す時、現物・筋等を切って回れる状況もありえるが、今回は考えない。)
・降りるときの現物数2個。
141104-01.png
141104-02.png
普通くっつき。

普通のくっつき程度の一向聴ではとてもじゃないけど、聴牌を外せない。
素直に聴牌取るべし。ただし、のみ手なら降りてもよい。
141104-03.png
141104-04.png
4連形1つくっつき。

これでもまだ聴牌外すには足らない。もっと手替わりが欲しいところ。
141104-05.png
141104-06.png
4連形2つくっつき。

ようやく聴牌外せるところが見えてくる。
それでも平和ありで序順、平和なしで最序順と条件はかなりきつい。
141104-07.png
141104-08.png
赤含みくっつき。

のみ手なら4連形2つ相当、ドラドラなら4連形1つ相当…
といいたいところだが、この場合即聴牌取る場合、赤5を切らなければいけないという事情もある。

仮に赤5で当たった場合の追加の損失(普通の無筋と赤5との差)が3000点程度として、赤5の放銃率が8%とすれば、(この辺の数値は適当。)
即リーチ側に2~300点程度のマイナス作用がつくことになる。(もし、赤5が両無筋ならその差はさらに広がる。)

…とすれば、のみ手の場合、平和ありで中順まで、平和なしで序順まで手替わりを待てるということになります。
(手替わり待ちというよりかは赤5を切れないから回し打つという感覚に近い。赤切って即リーだと、降りの期待値を下回ってしまうわけですし。)
くっつきと手替わり待ちその2
前回の記事↓
くっつきと手替わり待ち

検討課題としていたテーマ。
前回はのみ手の場合に愚形聴牌を取るか、聴牌外してくっつき一向聴にとるかを見てみたが、
今回は高打点の場合、もっと具体的にはドラドラのときに判断が変わるかどうか見てみます。
141103-01.png
普通のくっつき一向聴の場合。
のみ手のばあいとほぼ同じで、最序盤で平和があって愚形聴牌が真ん中寄りのとき初めて、聴牌外しを検討してもいいかな、というレベル。
141103-02.png
4連形が1つあるくっつきの場合。
これものみ手の場合とほぼ同じ。
平和なしなら最序盤、平和ありなら序盤まで手替わりを待てる。
141103-03.png
4連形が2つのくっつきの場合。
これものみ手の場合とほぼ同じ。
平和なしなら序盤、平和ありなら中盤まで手替わりを待てる。
141103-04.png
赤を含むくっつきの場合。
この場合はのみ手とちょっと違う。
4連形1つと2つの中間あたりか。

すでにドラドラあって打点十分なので、さらに赤にくっつけて高打点にするメリットが小さいためでしょう、たぶん。
(赤を切って鳴かれる・ロンされる場合の失点的なデメリットまでは考慮してませんが。)

これで、くっつき形の手替わり待ちもすっきりした感じです。
さて、本格的にネタがなくなってきた。一仕事終えたんで休んでもいいけど。しばらくは牌譜で遊ぶかな…
今日の実戦・14/11/02
満貫の鳴ける完全一向聴のところ、上家リーチの一発に持ってきたのが生牌の発(当たり牌)。
これは止まらん。
ベタ降りしようにも中筋の6mしかないし。
141102-01.png
局期待値的には圧倒的に押し有利で、最終の平均順位的にも押しの方がよさそう。(ただ、局期待値上の差ほど大差というわけではなさそう。点棒状況的にはトンパツとはいえ、やや引き気味の判断か。)
降りてもラス率はほとんど下がらず、2位率が大きく落ちてしまう。

それでも降りで最善を尽くせば放銃率10%くらいに収まるものなんですね…



対面が染めの3副露。余り牌は出てないとはいえ、引かされたのが、真ん中の4s。(また当たり牌)
一応、自分も愚形含みで鳴けないとはいえ、満貫の一向聴。
9mはいったん打てるが…

9mを打つ場合、聴牌入れば4s勝負で全ツ、テンパらず次に危険牌を引いたら降りるものとします。
141102-02.png
局期待値的には若干全ツ有利なものの、得点状況まで勘案すればほぼ同点。
対面が満貫確定なのも考慮すればいっそう、回るのが有利そう。

回った場合、全ツと比べて、トップ率・2位率はあまり下がらず、ラス率が2%ほど下がってくれる。

実戦は9mで回った後、続々と索子を引いてきてベタ降り、不聴流局。



今度も対面染め副露(1副露余りあり)で自分は一向聴でつかんだ危険牌(こんどは当たり牌じゃない)。
今度は自分は安いし、索子を2枚切り飛ばすのは無理ゲー感がある。
141102-03.png
これはさすがに局期待値的にも平均順位的にも降りた方がいいですね。
マンズを落として25s引きの復活の可能性も見ればなおさら。(ただ、オタ風ポンなので、平均よりは打点が低そう。ただ、ドラ色で打8sなので、やっぱり高そう。)

この状況だとどっちにしてもラス率5割オーバーだけど、まぁしょうがない。

実戦は7pを打つミス。(4sポンより25sツモ・チーを見るべき)
結局不聴流局。

今日はよく当たり牌をつかむ日だったけど、なんとか3位フィニッシュ。
3455566のさばき方
昨日出会ったのは下のような牌姿。
141101-01.png
6s切りが一番広いけど、3s切りだと一盃口目がある。

3s切った時一盃口ができる確率ってどのくらいだろう?
総受け入れは20枚で36m(8枚)が入った時はほぼ2分の1の確率、4s(3枚)が入れば確定一盃口、
というわけで35%ですね。結構高い。

というわけでシミュレーションしてみる。3s切りはほぼ完全一向聴と同等と見てよくて、6s切りは2枚多いからシャボ受けのところを亜両面とみなせばいけるかな。
両面2種が埋まれば平和つきで、シャボ受けor亜両面が埋まれば平和が消える。
141101-02.png
和了率では3%くらい6s切りの方が上。
141101-03.png
しかし、期待値的にはそこそこ3s切りの方が高い。やはり35%で一盃口つくのはけっこうでかい。
6s切りで増えている受け入れも平和が消えちゃいますしね…

昨日の実戦では思わず受け入れの広い6s切りをとって、ずばり2s引き入れてリーチできちゃったんですが、これも麻雀ですよね(笑)

余談。
141101-04.png
中麻で遊んでて上がれたレア役。
三連刻狙いだーと意気込んでいたところ、三連刻ならずの8sツモ。
なんだ、単なるトイトイ+端役で10点くらいかな…
と思ってたら、全大・三色三節高・トイトイ・双同刻・ヤオ九刻・ツモの40点は48点オール。
十分高く、決定打になった。
日麻ならトイトイのみなのに。

全大上がったの初めてだ…。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード