*All archives* |  *Admin*

<<05  2013/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  08>>
チートイトイトイシリーズその1・序文と全体雑感
北HAZさんの↓の記事を読んで自分もチートイについて調べたくなりました。
[牌譜解析]チートイドラドラはリーチ?

かなりチートイの聴牌についてはダマにするだの手替わりを待つだのいろいろ研究は進んでる分野だと思いますが、一向聴以前のところ(トイトイとチートイの選択の問題など)はあまり研究されてないんじゃないかなと思うので、そのあたりに焦点を当てて調べてみようかと思っています。

本格的な研究に入る前に、牌譜から大雑把に感覚をとらえてみようかと思います。
130601-01.png
チートイ聴牌。
まぁ、大体先制悪形聴牌のグラフと似たようなものか。打点がそこそこある分、期待値はけっこう高めに見える。
130601-02.png
トイトイ聴牌。
チートイ聴牌より和了率が高い。単騎VSシャボだからまぁ妥当っちゃぁ、妥当か。
ただ、その分を考慮したとしても期待点がチートイよりかなり高い。
和了点がトイトイの方が高いのかなぁ?
よく和了重視のトイトイ、打点重視のチートイとは言われるけれど、案外そうでもないのかな?
130601-03.png
対子5組のチートイ一向聴。
チートイ一向聴っていうと聴牌できずに苦しむイメージしかないが、数字で客観的に見てみると…
1順目でも和了率40%ないのか…切ない。
2段目に入ると和了率は20%を割る。一向聴なのに平均の和了率も出せないのはやっぱりしんどいよ。
ただ打点は高めなので、期待値が平均の0を割るのはもうちょい遅い9順目から。
一方、放銃率は和了率が低い割にはそこまで高くないように感じる。
受けに強いチートイというのはイメージ通りかな?

チートイリャンシャンテン(対子4組)もやってみたけど、一向聴と大差がなかった。
一盃口含みの面子手がかなり混じってくるせいだろう。
あんまりデータとして信用ならん。
130601-04.png
2刻子3対子のトイトイ一向聴。
やっぱりチートイ一向聴よりはかなり優秀だなぁ。
和了率が平均を割るのは11順目、期待点だと15順目でかなり遅め。
和了率がチートイ一向聴の大体2倍くらいだから、かなり感覚にも差があることでしょう。
一方、放銃率も高めになってます。降りるのが困難というトイトイの弱点が表れているようです。
130601-05.png
最後にポン一回の対子4組のトイトイ二向聴。
チートイ一向聴からポンした形なので、チートイ一向聴と比べるのはむしろこっちの方でしょう。
和了率はトイトイ二向聴の方が高いものの、放銃率はチートイ一向聴の方が低い。
期待点はほぼ互角。
まさにトイトイでも高打点が望めるか、残ったポン財が出やすい牌か、など「状況による」ということでしょう。
細かいところは今後調べていきます。


今後調べる予定のこと
・チートイ一向聴、2枚切れ字牌と1枚切れ19牌と生牌タンヤオ牌と赤期待の5、どれを残す?
山に生きてる枚数(≒ツモ率)と聴牌後の他家ロン和了率の両面から探る。
他家に切られて薄くなった孤立牌を別のに持ち替えることも考慮しつつ、チートイ時シミュレーションにつなげる。
・ポン材が他家から出る確率は?そこからトイトイ時シミュレーションにつなげる。
・チートイ時シミュレーションとトイトイ時シミュレーションを比べて、チートイからトイトイに切り替えるか決める。

やらないこと
・面子手との比較。状況によりすぎる場面が多すぎるし、なにより難しそう。できる気がしない。

次回は地味で地道な基礎データ取りの作業です。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード