*All archives* |  *Admin*

<<02  2013/03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
VSホンイツ風仕掛け・予告編
私、未熟者にて喰い仕掛けへの対応がうまくありません。

普通っぽい仕掛けに対しては対リーチの押し引きを応用すればいいのかなぁ…、
と思いますが、
ホンイツくさい仕掛けに対してはまた別のやり口が必要そうな気がします。

大雑把に計算してみると…
字牌が4種死に、3種生きとして染め色の数牌と合わせて12種、
平均で1.5面待ちとするとある牌がホンイツ聴牌に当たる確率は1.5/12=12.5%。
序順3副露、中順2副露、終順1副露の聴牌確率50%のラインだと当たり確率は6%+といったところ。
大体打点は3ハン~4ハンでほぼリーチと同じなので、

危険牌1枚通すのは対リーチへの筋よりはやや危険、無筋よりはやや安全、
というくらいに推測されます。

実際に放銃率がどのへんになるのか、実際の押し引きはどの程度かというのを今後調べてみたいと思います。

やる予定のこと
・適当に「ホンイツくさい仕掛け」の条件を定義して、その条件を満たす仕掛けに対して、
聴牌確率、聴牌時の待ち分布(当たり確率)、実際に染め手になってる確率、打点を調べる。
・仕掛けられてる周辺とそうでない部分の放銃率の違い
・上記データからシミュレーションにより押し引きを調べる。
スポンサーサイト
萬雀・手役と打点
ちょっとやる気出して打点の方もできた。

手役の出現率は以下の通り

120330-01.png
天和やダブリーなどの開幕系手役が出現頻度が高いのはいいとして、
他に高いのは、
・一盃口、二盃口…順子の構成のされ方が9種類に限定されるので、通常よりかなり順子がかぶりやすいのであろう。
・三暗刻、四暗刻…縦に牌が重なりやすくなってるから
・一通…1色に染まってるので
・九連宝燈…0.5%。たまーにあがれる。できるとちょっとうれしい。
逆に低いのは、
・ピンフ…縦に牌が重なりやすくなってるから
・タンヤオ…9種類中7種類しか使えないのは制限かなりきつい
・七対子…かなり限定される。二盃口になる形も含めて9C2=36通りしかない。
・ジュンチャン…もっと限定される。6通りのみ。

子の面前ツモの確率が異様に少なかったり、流局率が前回と微妙に違っていたり、
不審な点が複数あったが原因を発見できず。
まぁ、趣味だしあきらめるか。

次に和了ハン数と打点
120330-02.png
最低得点はリーチ清一色の7ハン
平均和了点は倍満と三倍満の間。
倍満が60%、役満も20%という結果に。
さすがに強烈ではある。

ここから通常モード(150000点持ち、ハコ点で終了)の平均局数をシミュレーションで計算すると(リーチ棒、ノーテン罰符の影響は無視)、
先手親の勝率が53.1%、平均局数21.0局でした。

やっててけっこう長いなぁと感じることもあるけれど、
通常の半荘が平均10局超で1局平均2順とかで終わってしまうのを考えると半荘よりはかなり短い。
というか東風戦より短いかも。
案外150000点持ちというラインはゲームとしてはいいところをついてるのかもしれません。

これが長期戦モード(100万点持ち、ハコ点で終了)になると
先手親の勝率が0.5088、平均局数707局。

八連荘モードをはるかに上回る平均局数になりました。
やったことなかったけど、やらなくてよかった。
さすがにやってらんないですわ。


萬雀の研究も飽きたから、次は普通麻雀の研究に戻ろうかなぁ。
プロフィール

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード