FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<05  2020/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
マンピンソーの法則
副露者がマンズ・ピンズと仕掛けているときに残った待ちはソーズでしょ、
っていう、いわゆる「マンピンソーの法則」。

実際にソーズ(2色仕掛けているときの3色目)の危険度はどうなのか?
仕掛け色のマンズ・ピンズの危険度はどうなのか?

晒した牌やその周辺の危険度は下がることはすでに調べていますが(晒した牌の周辺の危険度)、
そこの部分の兼ね合いはとりあえず無視して、色についてのみ着目して見てみます。

141006-01.png
表で見てみると、確かに2色晒してるときの残る色の危険度は、すでに晒している色の危険度よりも高いようだ。
大雑把に放銃率半分くらい。

晒し色かそうでないかで危険度に数%の差がつくので、けっこう大きい差のように感じる。

面白いのは晒してない色の筋2378と晒し色の無筋2378の放銃率がほぼ同じところ。
3色目の筋は案外危険ということだろうか。

逆にいえば晒し色の無筋は筋くらいには信用できるというところか。
仕掛け方と危険度
Meaninglessさんから、第二東風荘(喰いタンあり・赤ナシ)の牌譜をいただいたので、喰いタン関係の危険度を調べてみました。

タンヤオ牌のみ仕掛け・役牌含み仕掛け・その他仕掛け(オタ風ポンや19含み仕掛け)の3種に区分けしてみます。
鳴き聴牌者に対して。
なお、染め手風捨て牌(6巡内染め色なし・字牌1枚以下)は除外しました。

140505-01.png
予想してたより面白い結果に。

・タンヤオ牌のみ仕掛け
19牌・オタ風の放銃率が1%前後とかなり低い。対リーチの筋19より数値が低いので、相当安全な部類といえる。

1枚見え役牌の危険度は対リーチより危険といえる。(喰いタンと断定するのは危険と。)
しかし、2枚見えになるとガクッと危険度が落ちる。対リーチと同程度。1枚切れた時にポンできたはず(鳴き手なので、よりその傾向は強いはず)だからだろう。

タンヤオ牌は対リーチと似たようなもの(19牌で当たりにくいが、生牌役牌の危険度の高いので、その分で打ち消しあってる?)


・役牌含み仕掛け
大体、対リーチと似たようなもの。

1枚見え字牌の危険度がやや高いが、さほど気にするほどでもなさそう。


・その他仕掛け
上2つと違って役が見えてない。役牌・三色・一通・チャンタ・トイトイ・隠れホンイツあたりがある。

1枚見え役牌の危険度が超高い。20%超えって。対リーチの無筋456以上と。手役の可能性として役牌が一番に上がってくるので、当然と言えば当然か。
仮に聴牌確率50%なら放銃率10%。リーチに無筋通すようなもの。

2枚見え役牌・1枚見えオタ風も油断ならない放銃率。生牌オタ風もチャンタやトイトイに当たったりするから。

字牌のあおり(?)を食って、数牌の危険度が低めに出てる。字牌の件もそうだし、三色や一通やチャンタなら愚形が多いし、両面でも片上がりのケースが往々にしてあるためか。

その中で、筋2378の放銃率はなかなか油断ならない。三色や一通にあたりやすいので、筋効果があってもなかなか放銃率が下がりにくい。逆に筋19は三色や一通にはほぼ通るので、とりあえず一安心。チャンタ・トイトイはあるけど捨て牌と仕掛け方から察知しやすい。

両無筋456の危険度がそこまで高くない(片無筋と同程度)。通常の鳴きなら両側に可能性があるけど、三色や一通なら(大体)片側にしか可能性がない(チャンタに至っては100%当たらない。)


次回はこの区分で聴牌確率を調べてみます。
序順の5切りに14or69待ち
とある本に、「序順の5切りに14or69の筋は通常無筋より危険」と書いてあったので、検証してみることに。
140329-01.png
まずはリーチの時から。

無筋19は確かに放銃率が上がってます。
5切り無筋19と関係ない無筋2378の差は微妙。(「5切り無筋19」>「その他無筋2378」の確率95%弱)
それでも無筋456よりかは低いです。

無筋2378(28は筋なので、実質37のみ)はそこそこ下がってます。5切られてる時の37は「序順捨て牌の外側」にあたるので、まぁ妥当なところでしょう。

片筋456・無筋456(5は現物なので、実質46のみ)も序順に5切ってない時より安全という結果に。(片筋456→無筋19、無筋456→無筋2378程度の下落)
またぎの筋の可能性が多少薄くなる影響でしょうね。
片筋の方は切れてるのが15(59)なのか、57(35)なのかでけっこう変わってくる気もしますが…

ということは「序順の5切りに19は通常より危険(ただし無筋456ほどではない。)」は言えそうです。
そこまで大勢に影響があるような感じではなさそうです。
「序順5切りに46」は(今のところは)危険度が下がるといったところでしょうか。

140329-02.png
次に副露の場合
片筋456・無筋2378・無筋456はリーチの時より放銃率減少具合が高いです。
団子塔子がより有効なため、またぎ筋で序盤に5を先切りしないのが理由でしょう。

無筋19も危険度上昇は見られないようです。
リーチの時と違う理由は不明ですが。

序順に5が切れることでその色全体の放銃率が下がっているような感じです。
副露の最終手出しのソバテン待ち
今日は副露の最終手出しのソバテンについて。

すでに副露している部分かどうかは重要なので、
・ソバテン、晒し部分
・ソバテン、非晒し部分
・その他(ソバテンでないところ)
で、調べてみることに

なお、ここでソバテンとは最終手出し牌の1つか2つ違いの牌のことを言うことにします。
140325-01.png
・ソバテン、晒し部分について
234でチーしてる人が2なり3なり4なりを切って最終手出しになってる状態。
そのメンツ部分が完成している可能性が高いので、放銃率は下がるはず、なのだが…

いまいちいい結果とはいえず。
無筋2378・片筋456については放銃率が下がってるとはいえるが、そのほかはそうでもない。
ソバテン+晒し部分という2重条件のせいで、データ数が少ないのも要因か。
単純に晒し部分で放銃率低下という1個分の条件以上の結果は出ていそうにない。

・ソバテン、非晒し部分について
晒された牌と無関係なところが最終手出しなので、危険度は上がるはず。

結果も上々。すべての項目で放銃率は上がっているといえる。
特に筋19と筋2378の放銃率の上昇っぷりは特筆もの。

4→2切りや4→3切りに1待ちありと。(通常無筋より危険になってる。)
5→1or3or4切りに2待ちもありと。(こっちも通常無筋より危険)
ここらは集計を細分化すればいろいろ考えられるところ。データ不足になるリスクはあるが。
(4→3や5→4と両面嫌ったときには1や2待ちは考えにくいので一考の余地あり。)

無筋の放銃率上昇も結構でかい。特に無筋19。
片筋456と序列が変わってる。
ということは7→3と切れてる時に4よりも1の方が危険と。1がシャボ待ちに当たりやすいことを考えればまぁ妥当か。
ただ、8→3と切れてるときはシャボで2に当たることはまずないから、2と5は同程度?
いや、カン2待ちがあるか。でも、それなら1切って3と何かのシャボに受けることが多そう。


総じて非晒し部分のソバテンについては1ランク~2ランク程度の悪化とみていいかな?


とりあえず危険度についていろいろ調べるシリーズは終了、というかネタ切れ。
次は牌譜で遊ぶか、別のテーマで遊ぶか…
晒した牌周辺の放銃率
今日は副露聴牌者の晒した牌の周辺の放銃率がどうなってるか調べてみます。

前にホンイツの場合に調べてみたことはあるけれど、副露全体ではやってないので、ここで調べてみます。
ホンイツの危険度

晒している部分(345で鳴いてる場合の3、4、5の牌)と晒している周辺(晒し部分の1つか2つ違い、345で鳴いてる場合の1、2、6、7の牌)とその他の別で調べてみます。

140322-01.png

晒し部分についてはその他と比べてかなり差があり、相当信用できます。1ランク差埋まるくらい。
無筋456以外は放銃率半減以下なので強力です。

対して晒し周辺については晒し部分ほど信頼できるものではないようです。
無筋19・無筋2378はその他より有意差があるけれど、
筋2378・片筋456・無筋456については有意差はなく、
筋19に至っては晒し周辺の方が危険度が高いくらいです。

234や345で鳴いた場合の4切りに1待ちは要注意ってことですね!(無筋ほどではないですが。)
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード