*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
ドラ待ち両面リーチと放銃時失点その2
前回(ドラ待ち両面リーチと放銃時失点)の続き。
前回は条件をそろえてなくて失敗したので、同等の条件になるようにして牌譜解析やり直しました。

加えた条件は
・ドラが数牌である。
・リーチ時点の手持ちドラ枚数0枚である。
です。

結果がこちら。
170704-04.png
なんかよくわからんけど、条件そろえてもドラ待ちの方が放銃失点が高く出ていますね…。

もっと深く調べることはできなくはないけど、もともと息抜き程度でやったものが深みにはまってもめんどくさいので、この件はこういうことでいいことにしておきましょう。
スポンサーサイト
ドラ待ち両面リーチと放銃時失点
今日はAI開発の息抜き(?)に全く関係ない牌譜解析をしました。

先制で両面ドラ待ちでリーチするときの効能として、
・打点が上がる。
・他家からはドラは出にくい。
・少なくともドラで他家聴牌に打ち込むことはない。
というのがあると思います。

今回は3つ目「少なくともドラで他家聴牌に打ち込むことはない。」という効能がどの程度の有利度なのかを見てみようかと思います。
具体的には放銃時失点の大小ですね。ドラ待ちならドラでの放銃はないので、放銃時失点が下がることが予想されます。

牌譜解析の条件は、
・両面(端寄り中寄りは問わない、亜両面は除く)で先制立直をかけた
・他3人は非リーチ面前
・ドラ待ちか非ドラ待ちで分類する。
以上です。

息抜き程度の牌譜解析なので、条件はかなり雑です。(親子別とかドラの種類とかでは分けてない。)

結果はこちら。
170703-01.png
仮説通りならドラ待ちの方が放銃時失点が低くなってほしいところですけど、
逆の結果になっています。しかもけっこうな差で。うーむ。

おそらくはこういうことが原因じゃないかなーと思っています。
・ドラ待ち両面なので、必然的に数牌がドラである。→他家が高打点になりやすい。
・自手はたいていの場合、リーチ時点のドラ枚数は0枚(亜両面は入れてないため)。→他家が高打点になりやすい。

やっぱり条件をそろえて牌譜解析やらないとうまいこといかんですな。
ワンチャンスと手持ち牌の危険度
今回の記事はワンチャンスについてです。

みーにんさんが取ったデータと北HAZさんの取ったデータがけっこう違う数値になってるらしいので、それの検証をしてみます。

↓元記事
http://meaningless777.blog.fc2.com/blog-entry-653.html
http://doraaka.exblog.jp/16179373/

○条件
・リーチ者が一人いる
・切る牌が無筋19・無筋28・無筋37である。
・一つ内側もしくは二つ内側が切る人から見て3枚見えである。
・そのとき、3枚見えの牌がリーチ者の現物ではない。
・3枚見えの牌の切る牌の手牌にある枚数で分類する。
・上記条件に当てはまったら分母にプラス1、そのとき、リーチ者の当たり牌であれば分子にプラス1

↓結果がこちら。
170623-04.png
「3枚見えの牌がリーチ者の現物ではない」の仮定が強めなので、母数がちょっと少なめでばらつきは出ています。

無筋19他力ワンチャンス(手0場3)以外はだいたいみーにんさんのデータに近い値が出ているようです。
孤立字牌比較・1枚切れダブ東VS生牌三元牌
今日は序盤の孤立字牌の切り順についての話です。

東場の親で1枚切れのダブ東か、生牌の三元牌かどちらを先に切るべきかという問題です。

例のごとく牌譜解析によって各種数値を見ていきたいと思います。

○条件
・東場の親
・手牌に2枚見えダブ東が1枚と生牌三元牌が1枚ある(他の三元牌は持っていないものとする)。
・ダブ東を切った時と三元牌を切った場合で最終局結果(局収支・和了率・和了時平均点・和了時役牌刻子率)を見る。

↓結果がこちら。
170619-01.png
1巡目で該当するのはドラ表示牌が東(手持ち1枚と合わせて2枚見えになる)のケースなので、その部分は置いておいて、2巡目の数値で比較します。

明らかに差があるのは和了時役牌刻子率です。
ダブ東を残して刻子にして上がれる割合は3.0%なのに対し、
三元牌を残して刻子にして上がれる割合は4.6%となっています。
およそ1.5倍なので、役牌での和了重視なら三元牌を残した方がいいということでしょう。
それとも、打点重視なら役牌複合割合が3分の2になるが、その時の打点は2倍になるダブ東残しという使い分けだろうと思います。

その一方、局収支・和了率・和了時得点はあんまり芳しくない(そんなに差がない)です。
ふつうならダブ東残しの方が重なる確率低いのに和了率が上になっています。
おそらくこれは三元牌残しの方が相対的に悪い配牌である場合が多い(悪い配牌ほど、役牌の重なりを重視したい)ためだと思われます。
刻子にできてかつ上がれる確率は1%くらいしかないので、ダブ東か、三元牌かの選択という微々たる差はそういうサンプルの偏りとかそういうものの中に埋もれてしまうのであろうと。
愚形リーチVS1軒リーチと相手リーチの良形割合
今日はいつもと趣向を変えて、ふつうの追っかけリーチの話です。
自手が愚形聴牌に対して、シミュレーション等では相手良形割合は平均的な値(つまり60%くらい)ということを前提にしているわけなのですが、
面子によっては愚形のリーチをほとんどかけてこない相手というのもあり得る話です。

というわけで、相手の立直の良形割合が通常より上がると押し引きにどの程度の影響が出るのかを調べてみたいと思います。
そのためには、愚形立直VS良形立直と愚形立直VS愚形立直のそれぞれのデータが必要になるので、そこは牌譜解析から調べてみたいと思います。

○集計条件
・2軒目のリーチ者を自分として局結果を調べる。
・他二人は非リーチ面前
・1軒目のリーチが良形(三面張・両面・亜両面)か非良形(シャボ・カンペンチャン・単騎・その他)かで分類する。
・2軒目のリーチ(自分)はカンペンチャン待ち。(枚数・筋かどうかは問わない)
・2軒目のリーチは成立している(宣言牌がロンされなかった)

↓が牌譜解析結果
170620-02.png
対良形立直だと対愚形立直に比べて、9巡目で和了率5%減、放銃率7%増となります。
これを見て、相手の当たり牌の枚数が2倍弱は違う割には思ったよりは差が小さいなーと感じました。

では、具体的に自手が2600愚形聴牌(子VS子)だった場合、押し引きがどうなるかを見てみます。
初手切る牌の危険度は平均的な無筋2378の8%という数値を使います。
170620-03.png
降りた時の局収支が‐1400点あたりとするなら、たとえ相手リーチが100%良形だったとしてもまだ押しの方が有利ということになります。
他の降り有利になる要因が複数重なって最終的に降りることはあり得るかもしれませんが、少なくとも相手良形割合が高い、という1点だけなら降りる理由としては弱いのでしょう。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード