FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<05  2020/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
クソ配牌の行く末
今日は悪い配牌をもらった時の話です。(汚い言葉遣いなのは承知の上で、以下「クソ配牌」と呼ぶ)

特にアガリが欲しいときの親番でクソ配牌がくるとげんなりしますよね。
今回はてきとうな条件を満たしたクソ配牌について、どの程度アガれるかとか、局収支がどの程度か、というものを調べてみました。

今回設定した条件はこちら。
・第一ツモの14枚配牌(自分が鳴きを入れた場合は除く)が次の条件をすべて満たす。
・面子なし
・両面なし
・対子3組以下
・役牌対子なし
・ヤオ九牌8種以下

結果はこちら↓。
180711-01.png
上の条件を満たすクソ配牌が来る確率は5%弱。20回に1回はこういうきつい配牌が来ると。

アガリ率は親で11%、子で8%。
思ったよりはクソ配牌がきても上がれるようです。
タンヤオの可能性については今回条件に入れてないので、そのへんがそこそこのアガリ率がある要因かなーと。

放銃率は親で13%、子で11%。
子のクソ配牌なら配牌オリの穴熊戦法も取れるので、放銃率低めですけど、親だと配牌オリとか言ってられないから、厳しく感じる。

局収支は親で-654点、子で-856点。
うん、きついね。

20回に1回くるクソ配牌をいかにして乗り切るか、その方法は闇に包まれている…。
鳳凰民は役なしドラなし聴牌でリーチをかけるか、その4、段位別編
前回(鳳凰民は役なしドラなし聴牌でリーチをかけるか、その3)の続き。

今回は役なしドラなし聴牌の即リーチ率について、聴牌者の段位別に分けて実測値を取ってみます。
仮定は、その2のときの仮定と同じ(他家はリーチも副露もしてない条件は入れる、残り局数40000トップ目条件は外す)とします。
子の場合のみを載せました。

結果はこちら↓。
180710-01.png

段位別で即リーチ率の結果が違うように見える部分は、

・中盤の筋待ち
九段以上の人は筋待ちで即リーチする率が少なくなってます。
強者はリーチのみ筋ひっかけをあまりいいようにとらえてない人が多いとか?

・中盤までの数牌シャボ待ち
こちらも九段以上の人の即リーチ率が低めです。
八段以下の人は数牌シャボの即リーチ率>片無筋カンチャンペンチャンの即リーチ率となってるので、
「カンチャンペンチャンよりはましな数牌シャボ待ちだからリーチしちゃうかー」みたいなのが一定数いるのに対し、
九段以上では、数牌シャボの即リーチ率≒片無筋カンチャンペンチャンの即リーチ率なので、
カンチャンペンチャンでは即リーチしないけど、数牌シャボでは即リーチする人がほとんどいないのかもしれません。
高段位ほどラスのペナルティが重い、というのも影響してるのかもしれませんが、強者はむやみやたらに1300リーのみシャボをやらないと。

・片無筋28待ち
九段以上の即リーチ率が低めです。
たぶん数牌シャボ待ちと同じような理由かと思います。


逆にそれ以外は即リーチ率に大きな変動はないようです。
単騎とか両無筋カンチャンみたいなかなり悪い待ちと、字牌・両面・三面張みたいなかなりいい待ちは、段位(打ち手のレベル)には影響されず、筋待ち・数牌シャボ・片無筋カン28みたいな中間くらいにあたる待ちで、段位や打ち手のレベルで差が生じてるのがやや面白いように思います。

自分自身は筋待ち以上ならわりと1300リーチのみを打つ方なので、そのへんの即リーチするハードルをもうちょっと高く上げてみれば強者にちょっと近づくことができるのではないかと思ったりしました。
鳳凰民は役なしドラなし聴牌でリーチをかけるか、その3
昨日(鳳凰民は役なしドラなし聴牌でリーチをかけるか、その2)の続き。

昨日からさらに次の条件を追加して同じデータを取り直しました。
・残り局数3以上(オーラス・ラス前の排除)
・自分の持ち点が40000点未満

結果はこちら↓。
180709-01.png
前回からさらに即リーチ割合がアップ。9巡目両面で76%。
まだ、「先制両面ならほぼ即リーチ理論」には遠い実態になっています。

どうしても気になるので、両面リーのみをダマにしたケースを観測することにしました。
最初の1万局で次のような例がありました。
180709-02.png

こうして並んでるのを見る限り、10件目のドラ南のやつ以外は、ダマにするのも理解できなくはないです。私が実際にこの手牌をもらったとして、ダマにするかどうかはまぁおいておくとして。

先制両面リーのみをダマにする理由を具体例から類型化すると、
・三色手替わり待ち
・ドラ引き待ち
・亜両面・ノベタンからの手替わり待ち
・役牌対子からのシャンポン変化待ち
・トップ目(ダントツのときは特に)
・上位と点差が離れているときの2着目3着目
・リー棒を出すと着順ダウンのとき

くらいになっているようです。
手牌によっては複数の要因がからむこともあり、その場合はダマにしやすい…かもしれない。

というわけで、今日のところはこんなところで。
鳳凰民は役なしドラなし聴牌でリーチをかけるか、その2
前回(鳳凰民は役なしドラなし聴牌でリーチをかけるか)の続き。

前回の条件のうち、
・他家3人はリーチはかけてない(副露状態は不問)
を、
・他家3人はリーチも副露もしていない
に変えて同じデータを取り直してみました。

結果はこちら↓。
180708-01.png

全体的に即リーチの割合がちょっと上がっている、
のだが、まだ両面待ちなのに即リーチしてないケースがけっこうあります。

他家副露の場合を排除してるので、感覚的にはもうちょっとダマ率が下がってくれればいいんだけどなぁ、と思ったりとか。

次はオーラスとかラス前を排除したらどうなるかくらいをやってみようかなぁ、と思っています。
鳳凰民は役なしドラなし聴牌でリーチをかけるか
今日のテーマは愚形リーチのみです。

今まで何度かやってきたテーマで、愚形リーチのみ1300点でも即リーチで悪くない、という結果を示してきましたが、
実際に鳳凰卓で愚形リーチのみがガンガンかける人が多数派かといえば疑問です。
私自身愚形リーチのみは自重することが多いタイプの打ち手なので。

というわけで、今回は愚形リーチのみがかけられる手牌について、即リーチがかけられた割合を鳳凰卓の牌譜解析で調べてみます。

集計条件は、
・1枚切る直前の14枚手牌
・非副露聴牌(暗槓してる手牌は対象外)
・聴牌に取れる打牌すべてに対して、すべての上がり牌についてリーチロン時2ハン以上の聴牌に取れない。
・待ち(聴牌に取れる打牌の中で、最もよい待ち)で分類する。
・親子別で分類する。
・他家3人はリーチはかけてない(副露状態は不問)
・以上の条件を満たした手牌の総数、即リーチした回数、ダマにした回数、聴牌外しした回数、即リーチ時の局収支、ダマ時の局収支、聴牌外し時の局収支をカウントする。

結果はこんな感じ。
180623-01.png
まずは即リーチ率・ダマ率・聴牌外し率から。

子9巡目両面で即リーチ率65%、ダマ率29%、聴牌外し率6%。
即リーチ率65%ってなんか少なくないっすか?
即リーチしない理由として、
・他家副露へのケア
・枚数が少ない
・手替わり待ち
・リーチ棒損失
・場況が悪い
・オーラスなどの条件戦
が挙げられますが、ほぼ先制の場面においては、両面は全部リーチみたいな感覚を持っていたので、ちょっと即リーチ率低いような感じはします。
別の可能性として、プログラム書くのをミスってるという可能性はあります。意外と難易度が高くててこずったので。

子9巡目無筋カン28で即リーチ率19%、ダマ率58%、聴牌外し率23%。
やはり即リーチは少なめです。
全体の5分の1しか愚形リーのみはかけられてないと。

子9巡目両無筋カン456で即リーチ率10%、ダマ率72%、聴牌外し率18%。
待ちが悪くなるにしたがって順調に(?)即リーチ率が減っていってます。

親になると愚形リーチのみの局収支は悪くないので、即リーチ率が全体的に増えています。


次に、各選択をしたときの局収支を見てみます。
子9巡目無筋カン28で見てみると、
即リーチ時局収支50点、ダマ時局収支-506点、聴牌外し時局収支-408点です。
ただ、ここから短絡的に即リーチの方がやっぱり有利なんだーと結論づけるのは危険です。
データ的に偏りがある可能性が高いからです。
副露者がいないとか、枚数残ってるとか、場況がいいなどといった、いい状況の場合(局収支が高くなりやすい)に即リーチされてるケースが多く、
逆に悪い状況の場合(局収支が低くなりやすい)はダマや聴牌外しが選択されるケースが多い、ということは十分想定されます。

結局愚形リーチのみはどうすればいいのか、と聞かれたら、
「うーん、ケースバイケースじゃないっすか」みたいな逃げの回答になる感じです。
副露者状態とか、枚数とか、場況とかでいろいろ場合分けすると多分サンプル数が足らなくなる気がするので、とってもやりにくい。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード