FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<05  2020/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
新年のあいさつおよび「麻雀数理研究会」での今年の活動について
読者の皆様、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今日は新年のあいさつと、麻雀研究者有志で新たに立ち上げた「麻雀数理研究会」という団体のメンバーとして、今年から活動させていただく旨の報告をさせていただきたく思います。

新年の御挨拶|麻雀数理研究会|note
↑こちらが「麻雀数理研究会」としての新年のあいさつ文です。
当会の詳細については「麻雀数理研究会」のnoteのページにおいて、私個人にかかわる活動方針の詳細については、私のこのブログで、追ってご報告させていただきます。

今後ともわたくし、nisiと麻雀数理研究会をよろしくお願いします。

報告と宣伝
来年発売予定の「科学する麻雀2(仮)」の内容との兼ね合いで、最近書いた「シミュレーションとはなにか」の文章を非公開とさせていただきました。

「科学する麻雀2(仮)」にはこの前の記事よりも詳細な内容を書いているので、発売までもうちょっとお待ちいただけたらと思います。
今後の予定とか
PCのデータが吹っ飛んで、
単発の研究は除いて、AI関連でパーになったのは、
・途中押し%を可変に
・他家への放銃率を赤ナシベースに
・他家から切られ率分布のニューラルネット

一番痛いのは2個目の放銃率について。
黒5と赤5の放銃率が違うというバグが元に戻ってしまったので、直したいのですが、
結構な量の牌譜解析をし直さないといけないのが、ちょっと負担がでかい。

もういっそのこと、放銃率関連もニューラルネット化して大きく作り変えてしまおうか、と考えています。
そのほうが切られ率分布とのバランス的にいいだろうし。

そうすると当分は(問題になるケースはそこまで多くないとはいえ、)バグを内包したままいつもの何切る出題をすることになるけど、そのへんはご容赦いただくことにしよう。
悲しい報告
まず結論から書きます。

18年5月以降のPCデータが全部吹っ飛びました(´;ω;`)


ここ2~3日の経緯を書きます。

(1)PCがスリープから復帰すると、ネットが切れる&その後ほぼすべての操作を受け付けなくなる不具合発生。
正常なシャットダウンや再起動すらままならない、割と重篤な状態のような感じです。

そこで、
(2)システムの復元を試行→失敗(0x80070005エラー)→いろいろ復元ポイントを変えながら何度か試行→やはり失敗。

(3)システム復元の試行何度か目でおそらくPCの画面を閉じるなどのスリープ状態移行になることをやる。
(4)黒画面でマウスカーソルだけがある状態から動かなくなる。
この時点でやっちまったと思いました。スリープからの復帰に関する不具合でシステムの復元中はシャットダウン厳禁なのに。

しょうがなく、
(5)別PCでOS再インストールのUSBメモリを用意して、再インストール。
この時点では、外付けHDDにデータは残ってるからなんとかなるだろうと高をくくってました。

(6)再インストール完了。ウィルスバスターを入れた後、Windowsのファイル履歴機能で外付けHDDからデータを戻そうとする。
(7)ファイル履歴最新の日付が18年5月27日。それ以降のデータが全く残っていない。

茫然自失。
18年5月以降、4か月間にやったことがすべてパーになった瞬間。

(8)しょうがなく、5月27日のバックアップを再インストール後のPCに戻して、必要なソフトを入れなおす。
この辺はもうメンタル死にかけでした。

(9)バックアップ(ファイル履歴機能)についてテスト。
手動でバックアップ実行ボタン押したら大丈夫だけど、スケジュールで自動バックアップだとうまくいかない場合がある。
今日だけは言わせてもらおう。Windows、クソがぁー。

いや、「まいくろそふとのすーぱーてくのろじー」を信じてその上に胡坐をかいてバックアップの確認をさぼっていた私が悪かったのだと。
今後の対策として、ファイル履歴機能に加えて、別のフリーのバックアップソフト(EaseUS Todo Backup Freeというソフト)も併用してバックアップを二重に取ることにしました。旧PCが壊れたとき、外付けのHDDのパーティションを2つに分けてたので、まぁちょうどよかったですし。
みなさまにおかれましても、ぜひ私のしかばねを越えてバックアップの対策をやっていただきたいと思います。

さらに、
(10)OS再インストール後も、またスリープからの復帰後の動作ができなくなる同様の不具合発生。
???
これ、もしかしてソフト面でなくて、部品がイカれてるパターン?
まだ買ってから半年~1年くらいしか経ってないのだが…。販売店の延長保証は入ってるとはいえ。
そして4か月分のデータの犠牲は無駄死にだったのか…。

(11)いろいろ調べまわって、Windows Updateしたら、今のところスリープからの不具合は出ないようになった。
とりあえず今のところは様子見。
ただ、今後は怖すぎるので、パソコンの画面を閉じるとき(=天鳳するために有線LANのある居間に移動するとき)は、めんどうだけどシャットダウンするようにして、スリープを回避するようにしよう。

そして、今ブログ書きながら気づいた。麻雀関連の単語登録も吹っ飛んでるのね。
「てんほう」と打って、一発で「天鳳」と変換されない。
4か月分のファイルに比べれば些末なことだけど、やっぱり切ない。
どうでもよい愚痴
よく麻雀の話で聞くのが、対局の「結果」とそこまでに至る「過程」のどちらが大事か、という話。

その辺の議論は麻雀プロをはじめとしたみなさんに大いに語っていただくのを横目で見てるだけですが、

シミュレーションとかAIにおいて、「結果」と「過程」、どちらが重要か。

世間的な注目度は「結果」にのみ注目されてるというような気がしてなりません。
ぶっちゃけ、アルゴリズムの中身とかパラメータの各種数値とかの話(「過程」の部分)とかってみんな興味を持ってないよね、ということを強く思っています。みんな、実戦の何切る(「結果」)にしか興味がない。

(少なくとも私については、)でも、そうじゃないんですよ。途中の「過程」がないと、シミュレーションとかAIの「結果」も何も出せないんですよ。
かなりの時間と労力をかけて、心血注いでプログラム組んでるんですよ。
そこをもうちょっとみんな見てほしい、願わくば評価してほしい。

単に私が世間知らずなお人よしなだけなんで、お金も取らないで、ふだんバンバン何切るのシミュレーション結果上げてますけど、
そういうものがあって当たり前の環境、世の中だと思ってほしくない。そんなに簡単な話じゃないんです。
世が世なら技術料と制作に至る人件費だけでどんだけの価値があるんだよと。
(そこら辺は自分が大盤振る舞いしすぎてるのが悪いという自戒も込めて)


ふー、ちょっとクールダウンするです。しろたんもふもふ。
一言でいえば、「がんばってるからみんなほめてね」


いつになく夜中のノリ、若気の至りで強く主張しすぎてしまった。
問題があるようなら、この話はお蔵入りさせよう。



上の話とは関係ないですが、諸事情により、ブログ記事の一部を一時非公開にしました。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード