FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<05  2020/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
ポンして打点上げるか
今日もいただいたネタから。

●ケース3(ポンして1mを押して3900→8000にすることの合理性)

1m2m3m4mr5m4pr5p6p中中 ポン発 ドラ東

子(上家)のリーチ者が中を切った、ポンして1mを切るべきか(1mは無筋)
親(上家)のリーチ者が中を切った、ポンして1mを切るべきか(1mは無筋)

●ケース3の2(ポンして1mを押して2000→3900にすることの合理性)

1m2m3m4mr5m4p5p6p中中 ポン発 ドラ東

子(上家)のリーチ者が中を切った、ポンして1mを切るべきか(1mは無筋)
親(上家)のリーチ者が中を切った、ポンして1mを切るべきか(1mは無筋)

○シミュレーションの仮定
・スルーした時は自分のツモ前からシミュレーションスタート。待ちは残り7枚の両面36,47
・ポンした時は初手無筋19で自分のツモ後からシミュレーションスタート。待ちは残り6枚の亜両面25,58(非赤受け)
・自分は西家or南家。上家(南家or東家)がリーチ者。他二人は非リーチ面前。一発順ではない。
・自分は全ツするものとする。
・発中ポンによるけん制効果(白をつかんだ人の手が止まる)は特段考慮はしない

160612-01.png
まずは和了率と放銃率です。
9巡目で、
スルー和了率49% 放銃率18%
ポン和了率40% 放銃率21%

ポンすることにより和了率9%減、放銃率3%増です。
放銃率が増えるのは初手の無筋19押しの分ですが、和了率が大きく減っています。
ツモ番を1回放棄する(自分の放銃機会からスタートする)+待ちが微妙に悪くなる効果なんだろうなぁと思います。

和了率の減少と放銃率の増加の分で打点2倍をカバーできるかどうかの勝負です。
160612-02.png
3900→7700の局収支です。

対子リーチ(青とオレンジ)だと分岐点は15~16巡目です。それより前ならポンして高めに受けるべき、それより後ならスルーして安めに受けるべきになります。
多くのところがポン有利に寄っています。

対親リーチ(黄色と灰色)でも分岐点は同じく15~16巡目です。

中盤以前なら局収支の差が大きく、ほとんどポン優位になりそうですねー。

160612-03.png
2000→3900の局収支。

対子で14~15巡目、対親で12~14巡目がボーダーラインです。

これもポン優位のところが多いですが、局収支の差が少ないので若干微妙ですね。
高め危険牌切りか安め安牌切りか
今日はとある方からいただいたネタを一つ。

●ケース2 現物を切って3900愚形聴牌か、無筋牌(片筋)を切って7700点の愚形聴牌か

3m4mr5m2p2p3p5p5p8s8s8s チー3s4s5s ドラ3m ただし、1pは4枚枯れ

1、子のリーチ(ただし、2pは現物)に対して、2pと5pどちらを切るのが合理的か
2、親のリーチ(ただし、2pは現物)に対して、2pと5pどちらを切るのが合理的か

●ケース2の2 現物を切って2000愚形聴牌か、無筋牌(片筋)を切って3900点の愚形聴牌か

3m4m5m2p2p3p5p5p8s8s8s チー3s4s5s ドラ3m ただし、1pは4枚枯れ

1、子のリーチ(ただし、2pは現物)に対して、2pと5pどちらを切るのが合理的か
2、親のリーチ(ただし、2pは現物)に対して、2pと5pどちらを切るのが合理的か

さっそくシミュレーションして調べてみます。

仮定は
・自分南家(or西家)に対して対面(北家or東家)のリーチ
・一発順ではない
・自分は全ツする
・カン4pは片無筋待ち(リーチ者が1pを切ってる)とする。

160611-01.png
まずは和了率と放銃率です。
9巡目で
安牌切り和了率31% 放銃率20%
危険牌切り和了率29% 放銃率26%
です。
危険牌を切ることにより和了率は2%下がり、放銃率が6%上がるので、その分のロスが打点が2倍にアップすることで打ち消せるかどうかです。

160611-02.png
3900→7700の時の局収支です。

対子リーチ(青とオレンジ)だと分岐点は15巡目です。それより前なら危険牌を切って高めに受けるべき、それより後なら安牌を切って安めに受けるべきになります。
多くのところが危険牌切り側有利に寄っています。

対親リーチ(黄色と灰色)だと分岐点は13~14巡目です。
対子リーチよりちょっと巡目が早くなってます。対親なので、少し安全策を取る側に寄っています。
160611-03.png
2000→3900の局収支です。

対子リーチ(青とオレンジ)だと分岐点は12~13巡目です。それより前なら危険牌を切って高めに受けるべき、それより後なら安牌を切って安めに受けるべきになります。
満貫のときより巡目は早くなってます。打点アップ幅が小さいから、ということでしょうか。

対親リーチ(黄色と灰色)だと分岐点は10~11巡目です。

局収支の話なので、点棒状況判断があればこれに多少の補正を加えるのはありではないかとは思います。
223m22389pのさばき
今日はリクエストのあったネタを1本やってみます。下のような一向聴の時。
(原案では89pではなく、68pでしたが、両面変化を見るのはちょっと難易度上がるので、両面変化のないペンチャンとします。)
150704-01.png

・3m切り
両面対子+ペンチャン一向聴
89p引きで両面+ペンチャン対子一向聴

・2m切り
両面+ペンチャン一向聴
89p引きで完全一向聴
14p引きで両面+ペンチャンヘッドレス一向聴

3m切りだと直接の受け優先、2m切りだと変化優先です。(ペンチャンの89p落としは二向聴戻しなので考えないものとします。)

これくらいならあまり難易度は高くないです。

自分は南家、平和以外の役はない、他家は3人とも非リーチ面前で、他家攻撃が入った場合も全ツするものとします。
150704-02.png
和了率。
きわめてびみょう。
序盤ならほぼ同等だが、中盤以降は受け優先の3m切りがやや勝っている印象。
中盤以降は変化を待ってる暇が比較的ないので、まぁ自然な結果です。
150704-03.png
局収支。
打点面では変化優先の2m切りの方が平和がつきやすいので、和了率の時よりは2m切り寄りになります。
序盤なら2m切り、中盤以降は3m切りというところに落ち着くでしょうか。

次に副露手の場合(789mのところが、白ポンとか)をやってみます。

簡単のため2m切りの時、雀頭がなくなる14pチー2pポンは考えないものとします。(変化はツモのケースのみ考慮)
150704-04.png
和了率。
今度は3m切りの方が大分よさそうです。ポンテンが効く分、シャボ受けも残しておきたいところですからね。
150704-05.png
局収支。
平和が付く打点的メリットがないので、和了率と大体同じで、3m切りの方がよい。
高め純チャン平和三色の手の構え方
150415-02.png
高め1mで純チャンと三色がついて5ハンアップする手の場合を考えます。

この手の場合ダマで4mは見逃すとかリーチをかけてしまうとかいろいろな選択肢がありますが、どの選択がいいんでしょうね。
若干難しいそうですが、やってみます。(やってみたらそこまで難しくはなかった。)

なお、14mが出た時、それが1mである確率はふつうの高めタンヤオ両面14,69待ちに準拠するものとします。
(ツモ・聴牌者からの出なら50%、ノーテン者からのリーチロンなら67%、ノーテン者からのダマロンなら62%)
実際は変則的な捨て牌になることが多いのでリーチすれば通常より1mが出にくいことは想定されますが、今回はそこまで考えません。
150415-01.png
ダマで4mでも全部上がる超消極的な選択からリーチで4mは絶対上がらないという超強欲な選択まで6通りで調べてみました。

一番期待値がよいのは「リーチで全部上がる」、
ほぼ同点で「リーチで4mは見逃し・ツモなら上がる」
「ダマで4m見逃し」とか「リーチで4m上がらない」もそこまで大きく劣るわけではなさそう。
この辺は好みですね。
さすがに「ダマで全部上がる」のは序盤ではかなりの損。

9巡目和了率で比べると、
ダマで全部上がる 72%
ダマで4mは見逃し・ツモなら上がる 61%
ダマで4mは見逃し・ツモならフリテンリーチ・リーチ4mツモは上がる 52%
リーチで全部上がる 65%
リーチで4m見逃し・ツモなら上がる 56%
リーチで4m上がらない 43%

「ダマで全部上がる」はおいといて、和了率は結構変わるのに期待値ではそこまで差がつかないのは面白いですね。
2367mからのチーテンその3・平和無の場合
↓前回の記事。
2367mからのチーテン
2367mからのチーテンその2・完全一向聴

150411-01.png
今回は高めタンヤオの手(平和はない)をチーテン取るかどうかを見ていきます。
仮定は前回と同じ。(前回から、非リーチ面前者の流局時聴牌率をいじったので、終盤はちょっと数値が変わってきます。)
150411-02.png
両面両面一向聴でドラがない場合。

両面待ちが残る4mチーは分岐点2,3巡目でほぼ全鳴きでよさそうなのに対し、
4m片上がりが残る58mチーは分岐点10,11巡目。
150411-03.png
ドラ2の場合。
4mチーはいつでも鳴きで、58mチーは分岐点10巡目。
150411-04.png
ドラ3の場合。
4mチーはいつでも鳴きで、58mチーは分岐点2~5巡目。

平和有りのケースよりちょっと早いというくらいです。
150411-05.png
次に完全一向聴の場合。
ドラ0。

両面が残る場合は分岐点6巡目くらい。
愚形が残る場合は分岐点12,13巡目くらい。
150411-06.png
ドラ2。
両面が残る場合は分岐点2巡目くらい。(ほぼいつでも鳴きになりそう。)
シャボが残る場合は分岐点11巡目くらい。
4m片上がりが残る場合は分岐点12巡目くらい。

150411-07.png
ドラ3。
両面が残る場合はいつでも鳴き。
シャボが残る場合は序盤微妙、中盤以降鳴き。
4m片上がりが残る場合は分岐点7巡目くらい。

特にドラ3愚形の場合は平和がつく場合より早まる感じ。さじ加減が微妙なところでかつ高打点で成績に与える影響が大きいところなので悩ましいですね。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード