FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<05  2020/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
点棒状況も入れた、局期待値・半荘期待値シミュレータの公開
いろいろ動かしてみて問題なさそうなんで、シミュレータの改訂版を公開してみます。
141031-01.png

前回から右上の点棒状況のところが増えています。
ここで、自分と相手の点棒とルールを入力する作業を追加して、(点棒状況を考えない場合も「平場」にチェックすれば対応可能)
集計ボタンをクリック。

前回までのツモ和了率・ロン和了率・放銃率・被ツモ率・横移動率・聴牌流局率・不聴流局率・局期待値に加え、
半荘収支・平均順位・天鳳段位pt・トップ率・2位率・3位率・ラス率も表示・出力できるようになってます。

これを使えば、個別の場況に応じてシミュレーションすることができます。
例えば上の画像の状況だと

東1局開局時、自分親でのみ手完全一向聴で全押し、鳴きも考慮する条件。
相手は西家が2副露1手出しの打点は平均的な仕掛け、他2家は動きなし。
初手押す牌・聴牌時切る牌は指定なし


みたいな細かい状況を設定できます。


以下のURLからダウンロードできます。

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org5390525.zip.html

前にアップロードしたとこが、うまくいかなかったから別のアップローダーにした。

細かい操作方法は中に入ってる操作説明.txtをご覧ください。

多分実行ファイル(「和了率等シミュ.exe」)を開けようとすると、危険性がどうこうという警告が表示されるけど、
問題はないはずです。
牌譜読み取りプログラムのソースコード
需要があるかどうかはわからないが(いや、たぶんないだろうが。)、
今メインで使ってる牌譜読み取り用のプログラムのソースコードをのせてみる。

test.txt

使用言語はVisual Basic。
テキトーなフォームにbutton1とtextbox1を貼り付けてこのソースコードをベタっと貼り付ければ動くはず。
後、mjscore形式の牌譜ファイル(ここではtotalhaihu.txt)を実行ファイルと同じ場所に置いておくこと。

いらない関数(過去に調べた時の残骸)も多数含まれてはいるが…

メインとなる関数はjikyoku関数とhisturn関数。
jikyoku関数で局始めの処理を行って、histurn関数でツモ・打牌・鳴きなどの処理を行う。
histurn関数内で欲しいデータをkekka1配列に書き込んでテキストボックス表示・テキストファイル書き込みを行う…
的な感じ

分からん人が見たらさっぱりでしょうね。
全部自己流で作ってて、コメントもそこまで多く書いてないから、わかる人が見ても解析が大変でしょう。

こんな感じのコードを書けば種々のデータがとれますよ、ってことで一つ。
研究の風景
チートイの研究もひと段落ついたので、
今回はシミュレーションをどんな感じでやってるのかをちょこっと見せたいと思います。

140118-01.png

左側で自分の情報を入力、右上で他家の情報を入力、右下で自分の得点を入力していきます。

140118-02.png
今回は副露の両面両面一向聴で~
立直と染め仕掛けが入ってて~
鳴いてドラ1の2ハンにして~

みたいな感じで設定を入力していって集計ボタンをクリック!

140118-03.png

30秒~1分くらい待つと画面右側に結果がずらりと表示されます。
これをテキストファイルに書き込んでExcelで加工していくわけです。
今回は放銃率が和了率の2倍以上できついな…

ある程度縛りはあるものの、それなりに多くの局面について和了率等を見積もることができます。
いろいろやってみるとけっこう楽しいかもしれません。
シミュレーションに使うパラメータ表も付属しています。

以下のURLからこのプログラム(+パラメータ表)をダウンロードできます。
http://www1.axfc.net/u/3147768

ご興味のある方はどうぞ

ダウンロードして実行してみるとNortonさんから
安全性が確認されてません。
って警告されてしまった。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード