FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<03  2019/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソフト公開に対するスタンス
(今回の記事は私の一個人の考えであり、麻雀数理研究会内で詰めている話ではありません。)
3/17追記 麻雀数理研究会の公式見解として内部で話がまとまりました。

ここ最近、シミュレーションに使用しているソフト公開について、いくつか問い合わせが来たので、返答代わりにそのあたりの考え方について述べておこうと思います。

まず、今までみたいにソフトを無料で公開する可能性は考え方が変わらない限り、ほぼないです。

麻雀数理研究会の発足の経緯とも絡む話ですが、
いままで無償でデータを提供してきた研究者サイドにも問題はありましたが、
その影響もあってか、研究成果が軽く見られている傾向があったと。

最初のnisiシミュレータ公開については、まぁ初顔見せで当時は無料公開が必要だったと思ってました。

一人麻雀計算機はあらさんが同種のソフト(一人麻雀練習機)をすでにフリーソフトで出していたので、
私もそれと同様の方針にしてたのですが、その方針も当時からあやしかったです。
今の最新の麻雀AIでソースを上書きしてしまって、バグ修正ができなくなってたという管理上のミスもあったのですが、
それがなくても、金がかかってないところで、フリーソフトで運営とか対応するのが非常にめんどくさくなったので、公開停止にしました。

最新の麻雀AIに至っては、やりようによっては、私のあずかり知らぬところで、本が出せる程度のレベルだと私では思ってるので、
悪用されたときのリスクが非常に高いと判断しています。
最悪、(あまり詳しくないですが、)リバースエンジニアリング?的なので、技術を抜かれたら終わりだなーと思っているくらいです。(まぁそこまでリスクが現実化する可能性は低いとも思ってますが。)

これは私の勝手な考えですが、麻雀界全般的に、あまりモラル的に完全に信用はできないと思っています。
冒頭のデータが軽く見られてる的な話にも通じることですが、
データが勝手に使われた、レベルの話は何回かあったらしいので。
よってユーザー全員に対して性善説を取るのが難しいと。


それらを踏まえて、麻雀AIを公開するには、以下の条件は最低でもクリアしておく必要はあると思っています。
〇有償での公開にすること
〇期間制限付きパスワードを毎月発行する形で月額課金制にすることを検討(生殺与奪権はこちら側で握っておきたいため。)
〇麻雀数理研究会内で、管理ができる体制ができること。
〇機能制限を付けること(およびそれにかかわるプログラムが書けること。)
 ・ファイル書き込み機能・数値のコピー&ペーストは禁止する方向(使い勝手をわざと悪くして、悪用防止効果を期待。後、ファイル書き込み機能によって、セキュリティソフトに引っかかることの防止も期待。)
 ・二向聴以上に遠い手・一向聴からのシャンテン戻しは禁止する方向(牌姿によっては、計算時間が長くなって、メモリをバカ食いする可能性があって、ユーザーの環境次第で、動作が保証できないため。)
〇パラメータ表を暗号化すること(およびそれにかかわるプログラムが書けること。)
〇天鳳との利益相反関係的な問題がないことが確認できること(牌譜解析スクリプトによる牌譜の書式変換に依存しているため。)

今のところパッと思い浮かんだだけでこれくらいの条件は最低でも必要になりそうです。
現状、まだ具体的に前向きな検討が進んでいる段階では全くないです。

ここからは願望ですけど、
現状タスクの優先順的に低いため、麻雀AIの開発の続き(具体的には一色手に対する対応の実装)は止まっている状況です。
もし、上記の条件がクリアされて、ある程度ソフトの売れ行きとか利用状況とかがよければ、
麻雀AI開発の続きを作ることに対するタスクの優先順が上がって、バージョンアップして、研究がより進む可能性が上がる…かもしれない。
もしくはクラウドファンディング的なのでお金が集まるようなら、続きを作る、より直接的な動機になるかもしれない。


まぁ、半分以上愚痴ですけど、今日はこんなところで。
スポンサーサイト
今後の活動方針について(麻雀数理研究会)
今年の元日の記事(新年のあいさつおよび「麻雀数理研究会」での今年の活動について)でも述べましたが、今後は「麻雀数理研究会」のメンバーとして活動することになりました。

今日は会全体の方針と私個人の活動方針で決まったことについて、もう少し詳しく述べることにします。

〇「麻雀数理研究会」のメンバー
みーにん、とつげき東北、私(nisi)の3人です。
以下のリンクで3人の紹介文を載せております。
研究者紹介

〇有償によるデータ等の提供について【お願い】
今後、麻雀研究に関するデータの提供の依頼(ただし、昨年以前からの継続案件は除く)については、「麻雀数理研究会」の組織として承らせていただくことになります。
その際の対価を有償(基本実費)とさせていただきます。

その趣旨と理由は以下のリンクの通りです。
有償によるデータ等の提供について【お願い】

依頼の窓口としては、メンバーの誰かに言ってもらえれば、対応いたします。

〇今後の研究成果の発表方法
原則として、ここのブログで無料で一般公開する方式から、「麻雀数理研究会」のnoteというサイト(https://note.mu/mahjong_math)で有料記事として掲載する方式に変更となります。
研究成果発表の告知は当ブログや、ツイッター(@nisi5028)で都度告知いたします。
なお、記事の価格については現在のところ未定です。

〇ツイッター何切る問題について
現在、1日0題~1題ツイッターで一般で問題と解答を発表していますが、解答のうち一部を上記noteの有料記事に移行します。
無料公開分と有料公開分をどの程度の分量で割り振るかは、今のところ未定で、具合を見て調整していきます。
したがって、無料公開分についてのみですと、完全に廃止は致しませんが、現在の出題ペースよりも縮小させる方向で検討しています。

以上、今後の活動方針となります。皆様におかれましてはご不便をかける点もあるかと思いますが、なにとぞご理解いただけますようよろしくお願い申し上げます。
新年のあいさつおよび「麻雀数理研究会」での今年の活動について
読者の皆様、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今日は新年のあいさつと、麻雀研究者有志で新たに立ち上げた「麻雀数理研究会」という団体のメンバーとして、今年から活動させていただく旨の報告をさせていただきたく思います。

新年の御挨拶|麻雀数理研究会|note
↑こちらが「麻雀数理研究会」としての新年のあいさつ文です。
当会の詳細については「麻雀数理研究会」のnoteのページにおいて、私個人にかかわる活動方針の詳細については、私のこのブログで、追ってご報告させていただきます。

今後ともわたくし、nisiと麻雀数理研究会をよろしくお願いします。

リーチ宣言牌のソバテンと巡目の関係
今日もリハビリ感覚で単発牌譜解析。

昨日のツイッターでのお題の局面について。


実戦では4s宣言牌で、ソバテンの2sがちょっと嫌に感じたので、2s打てなかったのですが、
後で見返してみると、序盤リーチの4s切りリーチなら344sとかのまとまってる形が少なそうなので、意外と2s押せたんじゃないかと思ったりしました。

まぁ個別局面の是非は置いておいて、今日は「巡目によってリーチ宣言牌のソバテン確率がどの程度変わるか?」ということを牌譜解析で調べてみようと思います。

条件は、
・すべての数牌切りリーチがかかった瞬間を観測対象とする。
・リーチ巡目と宣言牌の種類で分類する。
・「宣言牌と±2以内の距離の牌のどれかがアガリ牌」であった場合に、「ソバテン」であるとカウントする。
・「ソバテン」であるリーチの回数をすべてのリーチの回数で割った値を調べる。
です。

牌譜解析結果はこちら↓。
181130-01.png

注目点は巡目によるソバテン確率の変動です。
序盤(6巡目あたりまで)だと、中盤以降よりもソバテン確率は小さくなってるように見えます。

個別の牌の危険度はまだ出してないですが、最初に挙げた仮説「序盤リーチの4s切りリーチなら344sとかのまとまってる形が少なそう」はある程度は当てはまってるかもしれませんね。


単発研究ならわりかし気分も乗るのですが、ゴール(目標)が遠い長期のAI研究だとモチベーションの維持が難しいのが目下の悩みです。
リーグ戦に関する考察その2・直対編
前回に引き続き、AI研究のやる気低下中につき、小ネタ的話題で。

リーグ戦の勝ち負けについて普通の1試合単位感覚で1%とか3%昇級率を動かしていましたが、よくよく考えればリーグ戦は試合数が多いので、実力差があればもっと昇級率降級率は動くんじゃない?と思いました。

そこで今回は以下の条件で、複数試合の総合ポイントで争う形式の勝率を調べてみました。
・対戦者は4名の直接対決
・各試合の順位分布(1-2-3-4とか3-2-4-1など24通り)は既知とする。(今回はトップ率26%の場合とトップ率27%の場合の2パターンを用意)
・順位点はオカ20000点、ウマ10-30。素点は無視する。(点数の並びが40000-30000-20000-10000で、上から60pt-10pt--20pt--50ptで固定する。)
・試合数は4試合、16試合、64試合の3パターンを用意。
・試合数的に終盤で差がついて条件戦の思考が入るとかは考慮しない。
・シナリオ数10万回のモンテカルロシミュレーション

結果はこんな感じ↓。

181129-01.png
平均順位2.47(トップ率26%、ラス率24%)のケースだと、優勝率は4試合戦で26.8%、16試合戦で28.3%、64試合戦で31.7%となってます。
周りよりちょっとレベルが上くらい(鳳凰卓安定段位で言うと7.625)だと64試合やってもまだまだ運ゲー感はぬぐえない感じでしょうか。まぁでも4分の1よりは優勝率が6%くらい上がる余地はありそう。

平均順位2.43(トップ率27%、ラス率23%、鳳凰卓安定段位で8.4348)のケースだと優勝率はもうちょっと上がって、64試合戦だと41.7%くらいまでいきます。
自分だけワンランク上の実力で64試合やれば42%優勝できるというのを見ると、多少は実力は反映されているとみるか、しょせんは運ゲーだ、とみるかはおまかせします。
確かMリーグは80試合戦だったような気がするので、たぶんこのケースに近いかと。


仮に4人の直対の優勝確率と16人のリーグ戦の昇級確率が同程度とすれば、実力によって、6%とか17%とか昇級率に差が出るということは十分考えられる話です。
とりあえず昇級率+6%、降級率-6%で前回と同じ計算をするとこんな感じ↓。
181129-02.png
さすがに±6%とかまでくると、だいぶ景色が違って見えるような。
B2スタートでも、3~4割くらいはAリーガーにはなれる見込みはあると。実力的に平均順位2.47が取れるのであれば。

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。